*

お肌の為におススメの食べ物:うなぎ

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 お肌の為におススメの食べ物


うなぎは夏のスタミナ源として、土用の丑の日に食べることでよく知られています。

かば焼きや白焼き、ひつまぶし、せいろ蒸しなどさまざまな調理法で日本人に愛される食材のひとつです。

そのうなぎは栄養豊富で、低カロリーなので、美容と健康に良い効果が期待できます。

ここではうなぎの持つ美肌効果について説明していきます。

うなぎとは

硬骨魚網ウナギ目ウナギ化ウナギ属の生物で、その生態はまだ完全に解明されていません。

淡水・海水のどちらでも生きていくことができ、皮膚呼吸もある程度可能なので、空気中でも体が濡れていれば一定期間生きていることができる、不思議な魚です。

日本ではうなぎの稚魚であるシラスウナギの状態で捕獲し、成魚になるまで養殖したものが主に市場に出回ります。

うなぎの持つ美肌効果

うなぎにはビタミンAが豊富に含まれており、このビタミンAには皮膚や粘膜を保護して肌のうるおいを保つ効果があるります。

また、強い抗酸化作用を持つビタミンEも含まれており、老化防止に効果が期待できるほか、肌につやを与えるはたらきもあります。

その他にも、肌に良い成分のビタミンB2、B6、B12、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、葉酸、DHA、EPAなどが含まれています。

ビタミンCも一緒に

うなぎにはコラーゲンも多く含まれており、こちらも美肌に効果があります。

しかし、うなぎにはコラーゲンの生成に不可欠なビタミンCが含まれていないので、ビタミンCが多く含まれている食材と一緒に食べると、さらに美肌効果が期待できます。

うなぎは疲労回復に効果的なビタミンB1も含んでおり、美容だけではなく健康のためにも有効にはたらく食材です。

他の食材との食べ合わせに注意して、うなぎの持つ美容成分を余すところなく体に取り入れましょう。

うなぎは夏の食べ物だと思われている人も多いと思いますが、うなぎの旬は実は初冬です。

もちろん旬の時期のうなぎのほうが栄養価も高く、安価で入手しやすいため、土用の丑の日にこだわらず食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:ぶどう

ぶどうには巨峰やマスカット、デラウエアなどたくさんの品種があり、そのまま食べるほか、干しぶどうやジャ

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:黒ごま

市販されているごまには「黒ごま」、「白ごま」、「金ごま」などがあり、商品のタイプにも「いりごま」

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:だいこん

だいこんは一般的に広く食べられる食材で、その調理法もさまざまです。 主に冬に出回りますが、

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:アセロラ

アセロラはドリンクなどに使用されていることが多く、肌に良いイメージをお持ちの人が多いと思います。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:玄米

日本人の主食は米ですが、そのほとんどが白米で、玄米を主食にすることは珍しくなってきました。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:クランベリー

クランベリーは酸味の強い食品で、生で食べる機会は少なく、ジュースやジャムなどに加工された状態で食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:モロヘイヤ

モロヘイヤは比較的近年になって日本人の食卓に上るようになった、独特のぬめりを持つ野菜で、スープな

記事を読む

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここでは、ワイン美容のいろいろなや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:キムチ

キムチは朝鮮半島の伝統的な漬物の一種で、昔は朝鮮漬けと呼ばれていました。 主に白菜を使って

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:こんにゃく

こんにゃくは日本では大変ポピュラーな食材の一つで、食物繊維が多く含まれ、整腸作用があることが良く

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑