*

お肌の為におススメの食べ物:ピーナッツ

公開日: : 最終更新日:2015/08/16 お肌の為におススメの食べ物


ピーナッツは、日本では落花生と呼ばれ、千葉県がその産地として有名で、おやつやおつまみなどによく食べられています。

また焼き菓子の中に練り込まれて使用されたりもします。

比較的安価で入手しやすく、栄養が豊富に含まれており、美肌効果も期待できます。

ここではピーナッツの美容効果について説明していきましょう。

ピーナッツとは

ピーナッツは落花生や南京豆とも呼ばれ、南米原産で、東アジアを経由して、江戸時代に日本に持ち込まれました。

殻のまま、あるいは殻からむいたものを炒って、そのあとにバターや塩などを絡めて食べるのが一般的です。

殻ごとゆでた「茹でピーナッツ」も販売されています。

洋焼き菓子に用いられるほか、せんべいなどの和菓子に用いられることもあります。

油脂を多く含み、ピーナッツオイルの原料となるほか、サラダ油、マーガリン、ピーナッツバターの原料としても使用されます。

ピーナッツの美肌効果

ピーナッツにはビタミンE、レスベラトロール、リノール酸、コエンザイムQ10が含まれており、これらには強い抗酸化作用があるので皮膚の老化を抑える働きがあります。

また、ビタミンB2、ビタミンF、ナイアシンが含まれ、皮膚粘膜の活性化を促進し、ハリのある肌を作り、シミやニキビを改善します。

ビタミンCも豊富に含まれており、色素沈着を抑えるため、シミやくすみを改善します。

そのほかにも血液中の老廃物を取り除き、血流を促進するはたらきがあるので、さまざまな美容成分を肌に届きやすくする効果もあります。

ピーナッツの食べすぎには注意

ピーナッツには脂質が多く含まれているので、食べ過ぎると皮脂の分泌が過剰になり、ニキビの原因になってしまいます。

また、肌のかゆみを誘発するヒスタミンの分泌を促す成分が含まれているので、肌が乾燥している状態で食べすぎてしまうと、その部分にかゆみを生じさせる危険性もあります。

さまざまな美容効果があり、栄養豊富なピーナッツですが、食べ過ぎると悪影響を及ぼしてしまいます。

しかし、適量を摂取することで、乾燥肌の防止や改善に強い効果を発揮するので、くれぐれも食べすぎには注意しながら、上手に摂取することをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:キムチ

キムチは朝鮮半島の伝統的な漬物の一種で、昔は朝鮮漬けと呼ばれていました。 主に白菜を使って

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:玄米

日本人の主食は米ですが、そのほとんどが白米で、玄米を主食にすることは珍しくなってきました。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:キウイ

美肌に効果的なフルーツといえば、ビタミンCを多く含む柑橘類を思い浮かべる人も多いとおもいます。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:韃靼そば

韃靼そば(だったんそば)は麺状にしたり、蕎麦掻にしたりして普段食べるそばと違い、独特の苦味があり

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:イチゴ

いちごは、そのまま食べても、ジャムなどに加工しても美味しく食べられるので、食卓にはなじみの深い食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:モロヘイヤ

モロヘイヤは比較的近年になって日本人の食卓に上るようになった、独特のぬめりを持つ野菜で、スープな

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:クランベリー

クランベリーは酸味の強い食品で、生で食べる機会は少なく、ジュースやジャムなどに加工された状態で食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:おくら

おくらは独特のぬめりを持つ夏野菜で、日本ではよく食卓に上がる食材のひとつです。 おひたしや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:アセロラ

アセロラはドリンクなどに使用されていることが多く、肌に良いイメージをお持ちの人が多いと思います。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:鮭

鮭は和風、洋風を問わずさまざまな調理法が可能で、日本人の食卓にもなじみ深い食材の一つです。 朝

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑