*

お肌の為におススメの食べ物:納豆

公開日: : 最終更新日:2015/06/15 お肌の為におススメの食べ物


納豆は有名な日本食のひとつで、昔から日本人の食卓に良く上がっていた食べ物です。

納豆が体にいいことは有名ですが、実は肌をきれいにするチカラも持っています。

ここでは納豆が持つ美肌効果について説明していきます。

納豆とは

納豆は大豆に納豆菌を加え発酵させた、日本食を代表する発酵食品のひとつです。

さまざまな種類がありますが、一般的にはねばねばした糸引き納豆の事を言います。

高い栄養価を誇り、ビタミンKは他の発酵食品の数百倍、ビタミンB2は大豆のほぼ2倍、食物繊維はゴボウの約2倍もの栄養素を含んでいます。

また、美肌に役立つポリグルタミン酸やポリアミンを含み、美肌にも効果が期待できる食品です。

納豆の持つ美肌成分

納豆にはヒアルロン酸の倍の保水力を持つポリグルタミン酸と、免疫細胞に作用しアンチエイジングに効果的なポリアミンという成分が含まれています。

そのほかにも、皮脂の過剰な分泌を抑えるビタミンB2と、皮膚の再生を促して肌荒れを改善するビタミンB6を多く含んでいるので、皮脂バランスの崩れから起こる大人ニキビや肌荒れに悩む方にもおすすめの食品です。

また、血液をサラサラにたもつナットウキナーゼも豊富に含まれています。

美容成分を効果的に摂取するための納豆の食べ方

アンチエイジングに効果的なポリアミンは塩分に弱いので、タレをかける場合は、良くかき混ぜた後、食べる前に加えるとよいでしょう。

また、ひきわり納豆は製造過程でポリアミンが流出してしまい、含有量が少なくなるため、なるべく粒の納豆を食べましょう。

そのほかにも血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱することは避けましょう。

夕食時に納豆を食べて、体の細胞が生まれ変わる就寝中に、酵素やアミノ酸を体に補充しておくことで、さらなる効果が期待できます。

普段なにげなく食卓にのぼっている納豆ですが、美容効果のほかにもさまざまな体に良い成分を含んでいます。

納豆の持つ健康効果を十分に発揮するために、納豆の選び方や食べ方にも注意を配り、健康な体と美しい素肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:おくら

おくらは独特のぬめりを持つ夏野菜で、日本ではよく食卓に上がる食材のひとつです。 おひたしや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:ぶどう

ぶどうには巨峰やマスカット、デラウエアなどたくさんの品種があり、そのまま食べるほか、干しぶどうやジャ

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:鮭

鮭は和風、洋風を問わずさまざまな調理法が可能で、日本人の食卓にもなじみ深い食材の一つです。 朝

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:かぼちゃ

かぼちゃは、洋の東西を問わず広く食用にされており、日本でも冬至の日に食べる風習があり、なじみ深い

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:プルーン

プルーンは鉄分が豊富なフルーツとして知られ、日本では生のプルーンの入手は難しく、おもにドライフル

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:するめ

するめは別名「あたりめ」とも呼ばれ、あぶってお酒のおつまみにしたり、松前漬けなどにして食べられま

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:抹茶

抹茶は茶道に用いられ、普通の生活ではなかなか飲む機会が少ないように思われますが、アイスクリームや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:ブルーベリー

ブルーベリーは、ジャムやお菓子などに加工されているもののほか、生の状態でも入手することができます

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:キウイ

美肌に効果的なフルーツといえば、ビタミンCを多く含む柑橘類を思い浮かべる人も多いとおもいます。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:小松菜

小松菜は代表的な冬野菜で、日本人にもおひたしなどの調理法で愛される食材の一つです。 美容や

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑