*

お肌の為におススメの食べ物:キウイ

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 お肌の為におススメの食べ物


美肌に効果的なフルーツといえば、ビタミンCを多く含む柑橘類を思い浮かべる人も多いとおもいます。

その柑橘類のほかに、実はキウイにも高い美肌効果があります。

ここではキウイが肌に及ぼす美肌効果について説明していきます。

キウイとは

キウイは中国の揚子江沿岸が原産地と言われ、その後、ニュージーランドで多く栽培されるようになりました。

ゴールデンやベビーキウイなどの品種があり、日本でも広く栽培されています。

ビタミンCをはじめビタミンE、食物繊維、葉酸を豊富に含んでいます。

輸入品を含めると、1年中手軽に購入することができます。

キウイの美肌効果

キウイには高い抗酸化作用を持ち、コラーゲンの生成を促すビタミンC、同様に抗酸化作用があり、しわやたるみの予防・改善に役立つビタミンEが豊富に含まれており、この2つのビタミンを同時に摂取することで、お互いのはたらきを助けあう効果も期待できます。

また、水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含んでおり、便秘解消の効果が期待できるので、ニキビや吹き出物対策にも有効です。

さらにビタミンBの一種である葉酸も含まれており、これは皮膚や粘膜を強くし、新しい細胞の生成に欠かせない成分です。

そのほかにもむくみを解消するカリウムはグレープフルーツの2倍、抗酸化作用を持つポリフェノールはブドウの約2倍含まれています。

キウイにはこれ以外にも免疫力アップや肌荒れ防止、血流改善などの効果があると言われています。

キウイの食べごろ

キウイは熟すにつれ柔らかさや甘味を増すだけではなく、ビタミンCの含有量も増えるので、なるべく熟してから食べると良いでしょう。

キウイは一般的なスーパーなどでも1年を通して比較的安価で入手しやすいフルーツです。

熟度が不十分な場合は自宅で追熟して食べることをおすすめします。

ジャムなどの加工品には、砂糖などが添加されており、食べ過ぎると糖分を過剰に摂取してしまうことになるので注意が必要です。

美容の味方・キウイを積極的に摂取して、美しい素肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:おくら

おくらは独特のぬめりを持つ夏野菜で、日本ではよく食卓に上がる食材のひとつです。 おひたしや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:玄米

日本人の主食は米ですが、そのほとんどが白米で、玄米を主食にすることは珍しくなってきました。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:レバー

レバーは牛、豚などの肝臓の事で、馬のものも食用に用いられます。 レバーは好き嫌いが分かれる

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:ピーナッツ

ピーナッツは、日本では落花生と呼ばれ、千葉県がその産地として有名で、おやつやおつまみなどによく食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:韃靼そば

韃靼そば(だったんそば)は麺状にしたり、蕎麦掻にしたりして普段食べるそばと違い、独特の苦味があり

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:キムチ

キムチは朝鮮半島の伝統的な漬物の一種で、昔は朝鮮漬けと呼ばれていました。 主に白菜を使って

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:クランベリー

クランベリーは酸味の強い食品で、生で食べる機会は少なく、ジュースやジャムなどに加工された状態で食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:抹茶

抹茶は茶道に用いられ、普通の生活ではなかなか飲む機会が少ないように思われますが、アイスクリームや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:アセロラ

アセロラはドリンクなどに使用されていることが多く、肌に良いイメージをお持ちの人が多いと思います。

記事を読む

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここでは、ワイン美容のいろいろなや

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑