*

肉割れと妊娠線って何?原因や前兆。出来やすい人とは?

公開日: : 肉割れ・妊娠線

肉割れと妊娠線とは

肉割れとは、急激に太ったり、一部の筋肉に過剰な負荷がかけられることによって引っ張られた皮膚が裂け、ひび割れたようなスジができる現象のこと。
一方、妊娠線は妊娠中に胎児の成長に伴い腹部が大きくなることによって引っ張られた皮膚が裂け、ひび割れたようなスジができる現象のこと。
原理的な違いがあるだけで仕組みはどちらも同じであり、一般的に、妊婦以外の人に起こるものを「肉割れ」、妊娠中に起こる肉割れのスジを「妊娠線」と言います。
肉割れと妊娠線は別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。
皮膚というのは目に見えている表面から順に大きく分けて表皮、真皮、皮下組織から構成されており、肉割れや妊娠線は真皮の層にある「コラーゲン線維」や皮下組織が断裂することによって起こるとされています。
通常、皮膚は引っ張られると伸びますが、その奥にあるコラーゲン線維などは伸縮性が低いため引っ張られる力に耐えられなくなると裂けてしまい、それがスジとなって皮膚の表面に現れるのです。
加えて、皮膚の表面は水分の蒸発を防ぐ役割を持った皮脂膜に覆われているのですが、皮脂の分泌量が少ないために皮脂膜が十分にできていない部位があります。
そこに亀裂が入るとそのまま乾燥して硬くなり、肉割れや妊娠線のスジがくっきりと皮膚に残ってしまいます。
つまり、肉割れや妊娠線はどの部位にも起こるものではなく、発生する箇所はある程度決まっているのです。
また、妊娠線は妊娠中の女性に限られていますが、肉割れという現象そのものは年齢や性別に関係なく起こります。

肉割れと妊娠線の原因:子供の場合

肉割れと妊娠線は、急激に皮膚が引っ張られることにより、皮膚の奥深くにあるコラーゲン線維や皮下組織が断裂して起こります。
この現象が子供に起こった場合、主に考えられるのは体の成長に伴う「急な体型の変化」です。
子供から大人の体へと成長する上で肉割れは仕方のないことですが、全ての子供に必ず起こるわけではありません。
子供の頃に肉割れができた人とできていない人がいるのは体が成長するスピードは人によって様々で、個人差が大きいためです。
子供の肉割れは成長期および思春期の中学生ごろに多く見られ、発生した部位によって以下の原因が挙げられます。

・太ももやふくらはぎ成長期に入って急激に身長が高くなると共に足も長くなったことで急に足の皮膚が伸び、肉割れが起こると考えられます。

・胸まわり胸まわりに起こる肉割れは、胸が急激に成長する思春期の女の子によく見られるもので、胸が大きくなった証でもあります。

・手や足手足に起こる肉割れは、主にスポーツの部活動を行う子供によく見られます。
これは、トレーニングなどで手足の筋肉に過剰な負荷がかかったことにより、急激に皮膚が伸びて肉割れが起こると考えられます。

・様々な部位(全身)体全体が急激に成長して大きくなったことにより、全身の皮膚が伸びて肉割れが起こると考えられます。
また、体の急成長だけでなく、幼少期の頃よりも食べる量が急激に増えて必要以上に体が大きくなった(太った)ことにより、肉割れが起こるとも考えられます。

肉割れと妊娠線の原因:女性の場合

女性の場合、妊娠していないときは肉割れ、妊娠中であれば妊娠線が発生します。
どちらも主な原因は、子供や男性の肉割れと同じく「急な体型の変化」です。

通常の肉割れ

・ダイエット女性の場合に最も多いのが、無理なダイエットが原因となる肉割れです。
短期間で大幅な減量を行うとリバウンドしやすく、急激に体が大きくなることで全身の皮膚が引っ張られ、肉割れが起こると考えられます。
また、過度な食事制限などによるダイエットは大きなストレスとなって暴飲暴食につながり、急激に太ることで肉割れが起こります。

・血行不良座りっぱなしや立ちっぱなしの多い仕事をしている女性、日頃あまり運動をしていない女性、冷え性に悩まされている女性は皮膚組織の血液の流れが悪く、肉割れが起こりやすいと言われています。

妊娠線

妊娠中の肉割れは、胎児の成長に伴い腹部が急激に大きくなることと、分娩や授乳に備えて脂肪を蓄えるために急激に体重が増えることで起こると考えられます。
さらに、妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れることで通常よりも肌が乾燥しやすいデリケートな状態となっているため皮膚に肉割れのスジが残りやすく、8~9割の妊婦に妊娠線が発生すると言われています。
また、妊娠線には、胎児が急成長する妊娠8ヶ月から臨月に発生する「新妊娠線」と、分娩後に新妊娠線が瘢痕化して銀白色になる「旧妊娠線」があります。
新妊娠線は赤みや青みがかっており、これは腹部などが急激に大きくなることで皮膚組織が断裂し、毛細血管が皮膚の表面に浮き出ていることが原因です。

肉割れと妊娠線の原因:男性の場合

子供や女性の肉割れと同様、男性の肉割れも主な原因は「急な体型の変化」です。
特に男性の場合は社会人になって仕事をし始めたことをきっかけに急激に太ったことで全身の皮膚が引っ張られ、肉割れを起こす人が多く見られます。
男性の急な体重増加や体型変化の原因は主に食生活にあり、以下のような要因から食生活が乱れて肉割れが起こると考えられます。

・精神的ストレス仕事そのものだけでなく職場の人間関係など、社会人になると気を遣わなければいけない場面が多くなり、ストレスが溜まりやすくなります。
ストレスは暴飲暴食につながりやすく、それによって体型が急激に変化し、肉割れを起こす男性が多いようです。

・飲酒仕事の関係や職場の付き合いなどでお酒を飲みに行く機会が増えると急に体重が増え始める男性が多くいます。
加えて、お酒のつまみには脂っこいものや高カロリーなものが多く、それがさらに体重増加を加速させ、急激に太ってしまった結果肉割れが起こると考えられます。

・不規則な生活習慣付き合いで飲みに行ったり夜遅くまで仕事をしていると生活が不規則になり、外食やコンビニ弁当が中心の食生活になりがちです。
高カロリーで栄養バランスの偏った食事は肥満やメタボリック症候群の主な原因であり、肉割れへとつながります。
また、不規則な生活によって睡眠時間が不足すると体は脂肪を溜め込みやすく、急な体型変化の原因となります。

・運動不足デスクワークが中心の仕事をし始めると体を動かす機会が一気に減り、新陳代謝が低下して太りやすくなります。

肉割れと妊娠線の前兆

急激な体重の増加などによって体型が変化し、皮膚が無理に引っ張られると肌の奥深くにある伸縮性の低い真皮(コラーゲン線維)や皮下組織が肌表面の伸びる力に追いつかず、断裂して裂け目が生じます。
その亀裂が肌表面にスジとなって現れたものが肉割れと妊娠線です。
そして、肌の奥深くの層で何らかの変化が起こったときには皮膚に刺激が与えられることで「かゆみ」が生じます。
つまり、真皮や皮下組織が引っ張られて断裂したときには肌がかゆくなり、この「かゆみ」こそが肉割れと妊娠線の前兆なのです。
実際に、出産経験のある女性は肌質に関係なく、妊娠中はお腹まわりを中心に体のあちこちがかゆくなったというケースが多く、成長期に急激に身長が伸びると同時に足の辺りがかゆくなる子供も少なくありません。
これらはまさに肉割れや妊娠線が発生する前触れの症状が現れているためです。
また、乾燥性敏感肌やアトピー性皮膚炎などで元々かゆみが生じやすい人、肌がデリケートになってかゆみが生じやすい季節の変わり目などは、健康的な肌質の人や肌の状態が安定する時期に比べて肉割れと妊娠線を起こしやすい傾向にあります。
真皮や皮下組織の断裂したスジが肌表面に現れやすいのも皮脂の分泌量が少なく水分が蒸発しやすい部位、すなわち、かゆみが生じやすい部位です。
今まで何ともなかった部位が突然かゆくなり始めたり、以前よりもかゆみが増したと感じるときはこれから肉割れや妊娠線が発生する可能性が高いと言えます。

できやすい人とできにくい人

肉割れと妊娠線は急激に太ったり妊娠でお腹が大きくなることによって起こりますが、同じように体型が変化しても、スジができる人とできない人がいます。
両者の違いは「肌質」にあります。
肌の奥深くにある真皮層のコラーゲン線維や皮下組織は肌表面の表皮に比べて伸縮性がないために断裂してしまい、その亀裂(スジ)は皮脂の分泌量が少ない部位ほど現れやすくなります。
反対に、皮膚の伸縮性に優れていれば多少引っ張られても簡単に断裂することはなく、なおかつ皮脂が十分に分泌されていて皮脂膜にしっかりと守られている肌には断裂が起こっても亀裂は現れにくくなります。
つまり、肉割れと妊娠線は皮膚が硬くて乾燥しやすい肌質の人にできやすく、皮膚が柔らかくて潤いのある肌質の人にはできにくいということです。
そして、皮膚の伸縮性(ハリと弾力)や潤いの鍵を握っているのが真皮の中にあるコラーゲン線維の元となる「コラーゲン」です。
コラーゲンは皮膚(真皮)や骨などを構成するタンパク質の一つであり、細胞同士を結びつけることで、これらに弾力性や強度を与えて皮膚の損傷や骨折などを防ぐ働きがあります。
体内に存在するコラーゲンは主に細胞内で生成されたものなのですが、生成される量には個人差があり、年齢によっても異なります。
皮膚にハリや弾力のない乾燥肌は、もともとコラーゲンの生成力が弱かったり加齢などの影響でコラーゲンの生成力が低下している人に多く、コラーゲンの少なさが原因で肉割れと妊娠線ができやすくなっていると考えられます。

妊娠線ができやすい人って?

妊娠線ができる可能性は妊娠している女性誰しもありますが、出来やすい、出来にくいという事があるようです。。
たとえば、日頃から肌が乾きやすい、いわゆる乾燥肌の人は妊娠線ができやすい傾向にあります。
潤いが不足した肌は柔軟性が乏しいため、伸びにくい状態にあります。
そのため、ちょっとしたことで亀裂が生じやすいのです。
皮膚表面の柔軟性が優れていればいるほど、お腹が大きくなって皮膚が伸びた状態となってもしっかり対応できます。
しかし、肌表面が乾燥状態だと、肌が十分に対応できずひび割れができます。
ひび割れが生じている箇所はさらにのびが悪くなるため、皮膚全体が十分に伸びずに妊娠線がくっきりと出てしまいやすいのです。
皮下脂肪が厚い人も、妊娠線が出やすい傾向にあります。
皮下脂肪は伸びにくいため、皮下脂肪の面積が多ければ多いほど、その分伸びにくい部分が広いと言えます。
そのため、心身線が通常よりも増えてしまうことが多いのです。
ただし、お腹周辺の皮下脂肪は外部から赤ちゃんを保護する働きや子宮を温める作用もあるため、一概に必要ないものだとは言えないでしょう。
小柄な女性も妊娠線が出やすいと言われています。
小柄な人は皮膚表面積そのものが広くないため、妊娠によってお腹が大きくなったり腰回りの肉づきがよくなったりすることで、皮膚が引っ張られやすくなります。
多胎妊娠も妊娠線が出やすくなる要因のひとつです。
双子や三つ子などの多胎妊娠では、その分通常よりも子宮が大きく変化します。
それだけ表皮も伸びるため、皮下組織が引っ張られやすく妊娠線ができやすくなります。
多胎妊娠の人は、特に妊娠中期以降は気をつけて、こまめにお腹の下部を確認するようにしましょう。
見えにくい場所も鏡などを用いてチェックするようにして、早めのケアを心がけることが大切です。
妊娠線ができやすい条件はいくつかありますが、当然ながらあてはまることが多い人ほど妊娠線ができやすい傾向にあります。
そういった人は特に気をつけて、こまめに対処するようにしましょう。

先輩ママの体験談

妊娠線の改善や予防にはいろいろな方法があり、はじめての妊娠だとどの方法がいいのかわからない人も多いはずです。
ここでは先輩ママの体験談をいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。
ある先輩ママは早めに妊娠線を予防しようと思い、おなかが大きくなる前の妊娠初期からクリームを塗るようにしていたようです。
お腹を中心に、乾燥しがちな太ももなどにもしっかりクリームを塗って軽くマッサージしていたため、お腹が大きくなっても妊娠線は出ずに、そのまま出産に至ったそうです。
「きちんとケアしなければ」と気負ってしまうとケアが億劫になってしまうので、お風呂上がりに涼みながら気楽にできたことが続けられたコツとのことです。
先輩ママのなかには、お腹の妊娠線予防にクリームをつかってケアしていたものの、太もものケアを怠って妊娠線ができてしまったという人もいます。
その人ははじめは高価なクリームをつかってマッサージをしていましたが、もっとたっぷりつかいたいと、ドラッグストアで量が多く値段も手軽なクリームを購入してつかいはじめました。
クリームは冬の寒い時期の伸びがあまりよくなかったため、化粧水を少量まぜてやわらかい状態にしてから塗るようにしていたそうです。
クリームをたっぷり塗ってこまめにマッサージをしていたおかげか、その後妊娠線は1ヶ月ほどで目立たなくなってきました。
はじめは凹凸が目立っていた妊娠線が、だんだんと表面がつるつるの状態になって、少し見ただけでは見つけられないほど薄くなったそうです。
妊娠線を少しでも薄くするために、いろいろな工夫をしている先輩ママもいます。
妊娠線のケアでは保湿が重要で、そのためにいいと言われているのがクリームをつかったマッサージです。
ある先輩ママは保湿効果を高めるために、マッサージのあとにサラシや腹巻きでお腹や太ももを覆うようにしたそうです。
マッサージによって浸透した保湿クリームが残った状態で肌を覆うことで、保湿効果が継続しやすくなったとのことです。

妊娠線の予防

妊娠線は、胎児が急成長して急激にお腹が大きくなる妊娠8ヶ月から臨月にかけてが最も発生しやすくなります。
皮膚組織が断裂してからケアしても完全に消すことはほぼ不可能なのでお腹が膨らむ前の妊娠初期から以下のような対策を行い、妊娠線を作らないようにしっかりと予防しておくことが大切です。

・乾燥対策肌が乾燥していて弾力のない部位には妊娠線ができやすいので腹部を中心に念入りに保湿ケアを行いましょう。
妊娠線が発生する前には肌にかゆみを感じることが多く、かいてしまうと妊娠線がくっきりと出てきてしまうのでそれを防ぐためにも乾燥対策がとても重要になります。
また、すでに妊娠線ができてしまった後でも保湿ケアを続けることで目立ちにくくさせることができます。
妊娠中は肌が敏感になっているので低刺激の保湿クリームを、つわりがあるときには香りがきつくないものを選び、お風呂上りに優しくマッサージをしながらたっぷりと塗り込めば肌の水分を閉じ込めやすく、血行も良くなってさらに効果的。
妊婦用の妊娠線ケアクリームを活用するのもおすすめです。

・体重管理赤ちゃんが大きくなるにつれて妊婦の体重が増えるのは当然ですし、お腹の中で育てるために栄養を蓄えなければいけませんが、太りすぎは禁物。
栄養が偏っていたり、高カロリーな食事をしているとホルモンバランスが崩れて肌の乾燥を招き、妊娠線が発生しやすくなります。
妊娠線を予防するために、そして、健康な赤ちゃんを産むためにも栄養バランスのとれたヘルシーな食事を心がけ、体重を増やしすぎないことが大切です。

発生する箇所

肉割れと妊娠線は、皮膚が引っ張られて伸びることにより、肌の奥深くにある真皮のコラーゲン線維や皮下組織が裂けてひび割れを起こし、その亀裂は皮脂の分泌量が少ない肌の表面にスジとなって現れます。
この現象が起こるのは、お腹、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、二の腕、胸など、皮下脂肪や筋肉がつきやすく乾燥しやすい箇所です。
肉割れの主な原因は、急激に太ったり筋肉を過剰に鍛えることによる急な体型の変化であり、体が膨張すると脂肪や筋肉がつきやすい箇所の皮膚は他の部位に比べて大きな力で引っ張られることになります。
妊婦の場合はお腹まわりが中心となりますが、分娩や授乳に備えて胸も大きく膨らみ、体全体が膨張するため、特に脂肪のつきやすい箇所の皮膚が急激に引っ張られます。
ただし、妊娠中は通常であれば皮下脂肪がつきにくいとされるふくらはぎなどにもつくことがあります。
脂肪のつきやすい箇所ばかりを気にして、つい見落としがちですが、思わぬところに妊娠線が発生することもあるので要注意です。
また、肌の表面は水分の蒸発を防ぐ皮脂膜に覆われていますが、肉割れと妊娠線が発生しやすいお腹や腰まわり、お尻、手足などは皮脂膜を作るときに必要となる皮脂があまり分泌されません。
そのため、皮膚組織が裂けた部分から水分が蒸発して肌が乾燥し、硬くなることでひび割れの痕がくっきりと残ってしまうのです。
このように肉割れと妊娠線が発生する箇所は限られていますが、もともと脂肪がつきやすく太りやすい人や妊娠中の人は全身くまなくチェックすることをおすすめします。

消す事はできるの?

一度できてしまった肉割れと妊娠線を消すことは非常に難しいと言われています。
肉割れ・妊娠線を消すための商品が数多く市販されていたりエステサロンや美容外科でもそういった施術が行われていますが、肉割れや妊娠線を完全に消して元の肌の状態に戻すことは残念ながら不可能なのが現状です。
ただし、完全に消し去ることはできなくてもスジを薄くして目立たなくさせることはできます。
肉割れと妊娠線ができた後、そのまま放っておくとスジがくっきりと残って皮膚に定着し、どんどん目立つようになります。
具体的に言うと、肉割れと妊娠線が発生して間もない頃のスジはやや赤みをおびた薄い紫色やピンク色をしていますが、そこから徐々に茶色がかった濃い色へと変化していきます。
これは、肌の奥深くにある真皮や皮下組織が断裂すると亀裂ができた箇所の皮膚は死んだ状態となり、血液が正常に流れなくなるからです。
しかし、このような肉割れと妊娠線のスジを目立たせる原因を未然に解消すれば少なくとも今より悪化することはありません。
それに加えて、肉割れと妊娠線ができやすい人は肌質を改善し、新たなスジが発生するのを防ぐことも重要なポイントです。
その他、肉割れと妊娠線のスジがまだ赤みがかっている初期の状態であれば、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用によって細胞を活性化させ、死んだ皮膚組織に新たな血管を再生させることでほとんど目立たない状態をキープすることもできます。

スポンサーリンク

関連記事

ノコアの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

肌のコンプレックス解消!【ノコア】のクリームがすごい! 女性の皆さん、ご自身の体についてこのよ

記事を読む

ベルタ妊娠線クリームの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ママたちの生の声から生まれた【ベルタ妊娠線クリーム】がスゴイ! 「こんなにもハッキリ出るとは思

記事を読む

○○で肉割れと妊娠線を消したい、改善したい

新陳代謝を上げて肉割れと妊娠線を消したい、改善したい 肉割れと妊娠線は体重増加などにともなって

記事を読む

センクリアホワイトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

リピート率8割以上!【センクリアホワイト】が人気の理由 妊娠中はホルモンバランスが大きく変化す

記事を読む

「primo」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

女子のリアルな声から生まれた超保湿クリーム【primo】とは? 「美しくなるためなら、どんな努

記事を読む

パリダクリームの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

パリダクリームは「魔法のクリーム」! 加齢と共に増えてくるシミやシワ。 何度も繰り返し出てく

記事を読む

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑