*

化粧を落とさず寝てしまった翌日の対処法

公開日: : 最終更新日:2015/10/12 化粧品


仕事にプライベートに、忙しい日々を送っている女性が増えています。

そんなあわただしい生活の中で、つい寝る前に化粧を落とさないで寝てしまうことも多いのではないでしょうか。

化粧を落とさないままに寝てしまうと、お肌の老化を早めてしまい、トラブルが多くなるなど良いことは全くありません。

どうすればお肌のダメージを取り戻すことができるのでしょうか。

翌日に行うべき、効果的な対処法をまとめてみました。

時間をかけて優しく洗顔!

まずは、一晩つけっぱなしだった化粧を落とさなくてはいけません。

化粧をしたまま寝たことによって、お肌には相当の負担がかかっていると考えて間違いありません。

通常の洗顔ではダメージを受けたお肌に負担がかかってしまいますので、優しく丁寧に洗顔することが肝心です。

クレンジングを多めに手に取り、優しく丁寧に洗ってください。

洗顔も、キメ細やかな泡を作り出し指が直接肌につかないように洗います。

入浴で体を温めましょう

目覚めたときに時間があったり、休みの日であればぜひ入浴しましょう。

化粧をしたままのお肌は、老廃物が溜まってしまった状態になっています。

お風呂に入り、体を温めることで発汗作用が促され、毛穴に詰まった汚れも落ちやすくなるのです。

ゆっくりと湯船に浸かることが効果的ですから、お湯はぬるめに張るといいでしょう。

さらに時間があるのであれば、全身の老廃物を流すために半身浴をすることもオススメです。

たっぷり汗を流すことで、溜まっている老廃物が流れやすくなります。

毛穴を開き、汚れを落としたあとはしっかりと保湿をしましょう。

蒸しタオルを使ってスキンケア

一晩化粧を落とさないまま寝てしまった時には、お肌のお手入れをいつも以上に入念に行うことが鉄則です。

洗顔についてはすでに述べましたが、化粧水をつける前に蒸しタオルを使用して毛穴を開かせてあげるといいでしょう。

お肌を温めることで血行をよくし、新陳代謝を活発にさせることができます。

加えて、お肌を温めることで毛穴を開くことができますので、肌の奥に溜まってしまった角質などを取りやすくする効果も期待できるのです。

毛穴を開いたあとには、たっぷりと化粧水や乳液を塗り、時間をかけたスキンケアを心がけるようにしてください。

そのほか、蒸しタオルにはお肌のために嬉しい効果がたくさんあります。

毛穴の汚れが落ちやすくなるだけでなく、お肌のくすみが取れて明るくなるのです。

さらに、お肌が柔らかくなりモチモチとした感触になります。

しわの予防にもなり、お肌の新陳代謝が活発にもなりますから、いつまでも若々しく見せたいという人は蒸しタオルを使ったケアを習慣化するといいでしょう。

パックでケアし白湯で内側から保湿

シートパックには、美容成分がたっぷりと染み込ませてあります。

美容液を単品で使用するよりも、シートパックを15分ほどお肌に置くようにして馴染ませてください。

化粧をしたまま寝てしまうことはダメージが大きいですが、こんな日のためにちょっと高めのパックを購入しておくといいかもしれません。

反対に、容量の多いパックを購入して毎日ケアを行うことにも効果があります。

さらに、白湯を飲んでお肌の内側から保湿を行ってください。

体温より高めの50度くらいのお湯を、すすりながら飲むのがポイントです。

白湯には新陳代謝を上げ、お肌のターンオーバーを促してくれる効果があります。

特別な日だけではなく、普段から朝昼晩に一杯ずつ飲むようにすることで潤いのあるお肌を普段から作ることができるでしょう。

まとめ

化粧を落とさないで寝てしまうことは、お肌のためには言語道断です。

でも、できる限り化粧を落とした後はすぐに寝るようにしましょう。

遅くとも22時~2時の間にベッドに入ることで、お肌の新陳代謝が促され、お肌の再生は後押しされます。

忙しい生活を送っていると規則正しい生活を作ることも難しいかもしれませんが、ご自分のリズムの中でお手入れ方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

クレンジングの働きや種類と肌タイプの注意点

クレンジングは洗顔とともにスキンケアの基本であり、メイクを落とすために、よく使われるアイテムです

記事を読む

『シミトール』を飲み始めました

シミが気になりアラフォーで『シミトール』を飲み始めました

ふと鏡を見た時、シミやくすみが結構あることにショックを受けました。 洗面所の明かりが電球色

記事を読む

メイクアップ化粧品の種類とそれぞれの特徴や効果のまとめ

お肌をキャンバスに、なりたいイメージを膨らませて変身することができるのがメイクの魔法です。 は

記事を読む

乳液の働きや種類。そして肌タイプの注意点のまとめ

乳液は、肌を柔らかく保ちながら水分と油分のバランスを整えてくれます。 肌にうるおいを与えてくれ

記事を読む

私のしみ対策POLA「ホワイティシモ 薬用ローションホワイトEX」

45歳でもともとは混合肌でしたが、年齢を重ねて少し乾燥肌になって来たような気がしています。

記事を読む

しみ。DHCの薬用カムCホワイトニングロ-ション

しみ。DHCの薬用カムCホワイトニングロ-ションがお勧め!

小さなシミに気づいたのは、20代前半でした。 25歳で一人目を妊娠している時、職場で「それ

記事を読む

30歳からアトピー性皮膚炎が一気に!エバメールの化粧品を使ってます。

40代、主婦。 もともと敏感肌でしたが、30歳を過ぎてからアトピー性皮膚炎が一気に悪化し、何の

記事を読む

41歳の主婦。ファンデーションは、花王のキュレル。

41歳の主婦で、小学校低学年頃からアトピー性皮膚炎で、今も悪化すると皮膚科に通院しています。

記事を読む

27歳頃、突然アトピー症状が発症…。「アクセーヌ」安心感がある感じ!

30代半ばの女性です。 学生時代から脂性肌で、全体的な顔のテカリとニキビに悩まされていました。

記事を読む

産後の化粧品の選び方

女性の体は、妊娠と出産を経ると大きく変化してしまいます。 意外と知られていないことですが、

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑