*

ネイルアートの種類は幅広くあります

公開日: : 最終更新日:2016/05/24


ネイルアートといっても幅広いものがあります。

一般的にネイルというとマニュキュアなどを塗るだけの単色アートが認識されがちなのですが、確かにネイルカラーを塗るのもネイルであっても、アートというのはもっと種類があるわけなのです。

例えば、ジェルネイルやスカルプチュアネイルなどもあったりします。

ジェルネイルというのは長さも出さずに自爪にネイルの施術をすることができるものだったりするのですが、アートのデザインもいろいろなデザインを楽しむことができるのです。

そのため、ジェルネイルというものは普段家事をやっているので長さのあるネイルができないという主婦にも人気だったりします。

臭いも少ないし、爪に負担もかけにくいというメリットもあります。

それにジェルネイルというのは非常に長持ちするアートだったりもするので、一度ジェルネイルの施術をしてもらってみると1ヶ月くらいは長く持たせることができるのです。

家事をネイルをした手でやってしまったとしても、ジェルネイルは比較的丈夫に施術をすることができているので剥がれてしまう心配もなかったりもするのです。

だからこそ、同じネイルをずっと、やりっぱなしでも平気だったりするのです。

最近ではジェルネイル専門のサロンもできているほどだったりするのですが、ネイルサロンでもジェルネイルの技術のレベルの高さを重視しているサロンも増えてきたりしています。

ネイルの検定に加えて、ジェルネイルの検定もあったりするくらいなのです。

ジェルネイルはただし、施術をする場合、費用がかかってしまいがちです。

そしてスカルプチュアネイルというのは長さを出すことができる人口爪になっているのですが、長さを出して施術をすることができるアートをやりたいという人には好かれています。

技術の高さも必要になってくるのがスカルプチュアネイルなのですが、臭いが結構強いのです。

メーカーによっては臭いも少なくなっているネイル用品もあります。

それでも臭いが強いほうなのですが、ネイルサロンでもビルなどに入っていたりするサロンだとスカルプチュアネイルのメニューがないサロンもあります。

ジェルネイルが普及している時代であってもスカルプチュアネイルも人気です。

スポンサーリンク

関連記事

最近爪の縦線や横線が目立つんだけど、原因は?

ふと爪を見てみると、いつの間にか縦や横に線が入っていることってありませんか? 「爪は健康の

記事を読む

爪が割れやすいのはなぜ?丈夫な爪にする方法は?

ちょっとしたことで爪が割れてしまう経験は、誰にでもあることです。 けれども、よく爪が割れる

記事を読む

手荒れの原因と改善の方法

家事や季節の変わり目で、手荒れが酷い…。 手荒れは、毎年毎年のことであるとか、原因が分かっ

記事を読む

ネイルアートを楽しんでみませんか

服を着たり、アクセサリを身につけたり、化粧をしたり、オシャレをする事は身だしなみであると同時に色

記事を読む

気分に合わせて気軽にネイルアート

女性はファッションやヘアースタイルを自分に似合うものを探してより自分に自信が持てるように日々研究

記事を読む

ネイルアートとデザインについて。

ネイルアートとは、手や足の爪に施す化粧や装飾のことをいいます。 爪を整えて輝くケアや、マニ

記事を読む

ネイルアートとは爪の上で多彩な手法で繰り広げられるアート

ネイルアートと一言で言ってもその世界は実に奥深いです。 僅か数センチの爪の上に、色とりどり

記事を読む

二枚爪の原因と予防の仕方

爪先に異状があると、ちょっとした作業のときに不便を感じてしまうものではないでしょうか。 二

記事を読む

ネイルアートとモチーフについて

ネイルアートという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 そのような言葉を知らないという人もい

記事を読む

テンションをあげるネイルアート

私は現在、3週~4週間に1回のペースでネイルサロンへ通っています。 最初は、自爪が弱くすぐ

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑