*

テンションをあげるネイルアート

公開日: : 最終更新日:2016/05/12


私は現在、3週~4週間に1回のペースでネイルサロンへ通っています。

最初は、自爪が弱くすぐに割れてしまうため見た目が汚く、爪に自信がなかったので試しに1回という軽い気持ちで知り合いのおすすめのサロンへ行ってみました。

その時はジェルネイル自体が初めてで、どのようなネイルアートが流行っているのかなど分からず、担当の方に相談しながら、初回限定のあまり派手すぎないベージュ・ピンク系のブロックデザインのタイプを選びました。

爪の割れている部分の補強やケアもして頂き、出来上がりは、割れて汚かった自分の爪ではないくらい綺麗になっていてテンションがとてもあがりました。

私は仕事柄、パソコンを常に使用しているのですが、今までの汚い爪ではなくネイルアートをした自分の爪が視界に入ったときはとてもうれしく、ちょっと嫌なことがあってもがんばろうという仕事のやる気まで湧いてきました!それからは、お金が無いといいながらもそのサロンに継続して通っています。

最初のうちは、あまり派手すぎない控えめなデザインを選んでいたのですが、職場が厳しくないこともあり、今では季節ごとのイベントやお出かけの予定に合わせ、ネットやサロンのおすすめ、雑誌などからアートを考えています。

さらに、私の中で一番変わったことが、手や爪のケアを毎日欠かさなくなったことです。

ジェルネイルは乾燥に弱いため、保湿を怠ると根本から剥がれてしまったり、浮いてきたりするので、せっかくの綺麗なネイルが台無しになります。

私は、これまでは乾燥に弱いにもかかわらず、1日1~2回程度しかハンドクリームを塗っていなかったのですが、今では手を洗うたびにかかさずハンドクリームをつけ爪の根元まで塗りこんでいます。

自宅では出勤前と寝る前にオイルを塗るように心がけています。

私の場合は、自然とこのような行動をするようになったので特に爪のケアを大変・面倒などと思ったことはありません。

今ではカサカサだった手もすべすべになり、ネイル様様という感じです。

私にとって、ネイルアートとはおしゃれの一つ・生活の一部であり、今では自分自身のテンション維持、そして女子力UPのためになくてはならないものとなっています。

テンションをあげたい方や大切なイベントがある方にぜひおすすめしたいです。

スポンサーリンク

関連記事

爪の甘皮の正しい処理方法

ネイルサロンに行くと、ケアの一環として甘皮を処理してくれます。 プロによるケアは気持ちよく

記事を読む

派手なものだけじゃないネイルアート

近年、女性に絶大な人気を誇るネイルアートは、女性の手を美しく見せてくれる爪のおしゃれです。

記事を読む

指のささくれの原因と改善の方法

お肌の乾燥と共に、手先にささくれが出てくる人もおおいのではないでしょうか。 あるいは、季節

記事を読む

ネイルアートとデザインについて。

ネイルアートとは、手や足の爪に施す化粧や装飾のことをいいます。 爪を整えて輝くケアや、マニ

記事を読む

最近爪の縦線や横線が目立つんだけど、原因は?

ふと爪を見てみると、いつの間にか縦や横に線が入っていることってありませんか? 「爪は健康の

記事を読む

手荒れの原因と改善の方法

家事や季節の変わり目で、手荒れが酷い…。 手荒れは、毎年毎年のことであるとか、原因が分かっ

記事を読む

二枚爪の原因と予防の仕方

爪先に異状があると、ちょっとした作業のときに不便を感じてしまうものではないでしょうか。 二

記事を読む

自分でも楽しく出来るネイルアート

ネイルアートは、数年前から流行し、特に女性の間でお洒落の一つとして楽しまれているものです。

記事を読む

気分に合わせて気軽にネイルアート

女性はファッションやヘアースタイルを自分に似合うものを探してより自分に自信が持てるように日々研究

記事を読む

ネイルアートとモチーフについて

ネイルアートという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 そのような言葉を知らないという人もい

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑