*

ネイルアートとデザインについて。

公開日: : 最終更新日:2016/05/06


ネイルアートとは、手や足の爪に施す化粧や装飾のことをいいます。

爪を整えて輝くケアや、マニキュアやジェルネイルを使い絵を描いたり装飾したり、ラインストーンやアクリル粉で立体的な装飾をしたりする手法もあります。

ネイルアートを施してくれる店をネイルサロン、職業とする人を日本では一般的にネイリストといいます。

現在では、さまざまな材料、用品が売られており、プロ以外にも自分で自身の爪を装飾することを楽しむ人も多くいます。

道具は爪を保護するベースコート、表面に色を塗るマニキュア(ポリッシュ)、とろみのあるアクリル樹脂のジェルネイル、塗った爪を保護するトップコート、マニキュア全般を取り除く溶剤のエナメルリムーバー、人工爪用のやすりのファイル、長い爪を補強するためのファブリック、自爪用の目の細かいやすりのエメリーが爪に必要です。

装飾を施すためには、ラインストーンやシール、ビーズなどが必要で、ストーンを乗せるための装飾保護具のアートスティック、爪に穴を開けて飾るネイルピアスなどがあります。

手順としては、まずエメリーボード(やすり)などで爪の形を整え、表面をすべらかにします。

ベースコートを塗り、乾燥させ、マニキュアを塗ります。

二度塗ると発色が良くなります。

そして、ラインストーンやパール、アクリル絵の具やネイルシールなどで装飾を施します。

最後に、トップコートを全体に塗り完成です。

二~三日に一度、トップコートを塗り直すと表面の艶や装飾が劣化しにくくなります。

デザインにもさまざまに種類があります。

爪先から中央にかけて濃淡を付けるグラデーションや、定番で人気な先端と爪の色が違うデザインのフレンチネイル、ラインストーンを使って華やかなストーンネイル、色を重ねて楽しむピーコック、マニキュアやジェルネイルでマーブル模様を描くデザインもあります。

しかし、爪にカビが生えた、市販のつけ爪の接着剤を誤ってこぼし皮膚に火傷を負ったなどのトラブルもあります。

正しく行えば安全ですが、誤ったネイルケアがトラブルの原因になる場合もあります。

短いスパンなどで、繰り返し爪を削ると爪がどんどん薄くなり、知覚過敏のような痛みを感じる状態になります。

サロン選びや繰り返しの装飾は、注意がひつようです。

スポンサーリンク

関連記事

テンションをあげるネイルアート

私は現在、3週~4週間に1回のペースでネイルサロンへ通っています。 最初は、自爪が弱くすぐ

記事を読む

手荒れの原因と改善の方法

家事や季節の変わり目で、手荒れが酷い…。 手荒れは、毎年毎年のことであるとか、原因が分かっ

記事を読む

爪の甘皮の正しい処理方法

ネイルサロンに行くと、ケアの一環として甘皮を処理してくれます。 プロによるケアは気持ちよく

記事を読む

最近爪の縦線や横線が目立つんだけど、原因は?

ふと爪を見てみると、いつの間にか縦や横に線が入っていることってありませんか? 「爪は健康の

記事を読む

爪が割れやすいのはなぜ?丈夫な爪にする方法は?

ちょっとしたことで爪が割れてしまう経験は、誰にでもあることです。 けれども、よく爪が割れる

記事を読む

気分に合わせて気軽にネイルアート

女性はファッションやヘアースタイルを自分に似合うものを探してより自分に自信が持てるように日々研究

記事を読む

自分でも楽しく出来るネイルアート

ネイルアートは、数年前から流行し、特に女性の間でお洒落の一つとして楽しまれているものです。

記事を読む

ネイルアートとは爪の上で多彩な手法で繰り広げられるアート

ネイルアートと一言で言ってもその世界は実に奥深いです。 僅か数センチの爪の上に、色とりどり

記事を読む

なりたいイメージになれるネイルアート

ネイルアートは、手足の爪に施す装飾のことで、現在多くの女性がこれを行っています。 特に、装

記事を読む

ネイルアートとモチーフについて

ネイルアートという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 そのような言葉を知らないという人もい

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑