*

なりたいイメージになれるネイルアート

公開日: : 最終更新日:2016/05/03


ネイルアートは、手足の爪に施す装飾のことで、現在多くの女性がこれを行っています。

特に、装飾を行ってくれるネイルサロンは、連日多くの女性たちでにぎわっており、その店舗で働く技術者、ネイリストの資格は取得したい資格ランキングの上位にランクインするほどの人気です。

従来の爪のおしゃれは、シールなどで地爪に接着して楽しむ付け爪(ネイルチップ)や、爪に塗って様々な色や質感を楽しむマニキュア(ネイルエナメル)などが主流でした。

しかし、近年人気なのがジェルネイルと呼ばれる方法です。

これは、専用のジェル液を爪に塗り、乾かして使用するものです。

ジェル液はそのままでは固まらないので、UVライトを当てて硬化させることで爪に定着します。

ジェルはマニキュアに比べて独特の艶とぷっくりとした質感があり、またマニキュアよりも長持ちすることが知られています。

このため、洗物や掃除などの家事を頻繁に行う主婦の方々にも人気があるようです。

ネイルアートにはその他にもさまざまな素材を使用します。

オーソドックスなもので言いますと、宝石のような輝きをプラスするストーンや小さなパール、立体的なお花のモチーフなどがあります。

また、下塗りをした爪に超極細の筆などで直接絵柄を描くことも多いようです。

その他にも最近ではネイルシールと呼ばれる便利なアイテムも話題を呼んでいます。

これは、爪に貼ってトップコートなどを塗ることで、手軽にかわいい柄の爪になることができるという画期的なアイテムです。

貼るだけですので細かな作業が苦手な方でも簡単にアートを楽しむことができます。

ちなみに、上級者になりますとスカルプチュアと呼ばれる長さを出した付け爪を使うこともあります。

爪の長さを出すことにより表面積が増えますので、絵柄を描いたりネイルピアスと呼ばれるものを装着したりと表現の幅が広がります。

とにかく目立ちたい、という方には特におすすめです。

ちなみに、ジェルネイルを楽しみたいけれど近所にネイルサロンがないという方は、自分でジェルネイルができるキットも販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

インターネットやドラッグストア、バラエティショップなどでお目にかかることができます。

スポンサーリンク

関連記事

自分でも楽しく出来るネイルアート

ネイルアートは、数年前から流行し、特に女性の間でお洒落の一つとして楽しまれているものです。

記事を読む

爪が割れやすいのはなぜ?丈夫な爪にする方法は?

ちょっとしたことで爪が割れてしまう経験は、誰にでもあることです。 けれども、よく爪が割れる

記事を読む

ネイルアートとデザインについて。

ネイルアートとは、手や足の爪に施す化粧や装飾のことをいいます。 爪を整えて輝くケアや、マニ

記事を読む

ネイルアートを楽しんでみませんか

服を着たり、アクセサリを身につけたり、化粧をしたり、オシャレをする事は身だしなみであると同時に色

記事を読む

爪の甘皮の正しい処理方法

ネイルサロンに行くと、ケアの一環として甘皮を処理してくれます。 プロによるケアは気持ちよく

記事を読む

ネイルアートとは爪の上で多彩な手法で繰り広げられるアート

ネイルアートと一言で言ってもその世界は実に奥深いです。 僅か数センチの爪の上に、色とりどり

記事を読む

二枚爪の原因と予防の仕方

爪先に異状があると、ちょっとした作業のときに不便を感じてしまうものではないでしょうか。 二

記事を読む

テンションをあげるネイルアート

私は現在、3週~4週間に1回のペースでネイルサロンへ通っています。 最初は、自爪が弱くすぐ

記事を読む

派手なものだけじゃないネイルアート

近年、女性に絶大な人気を誇るネイルアートは、女性の手を美しく見せてくれる爪のおしゃれです。

記事を読む

モンデールハンドリフレの効果と特徴 | 口コミのご紹介

モンデールハンドリフレとは、テレビや雑誌で数多く紹介されて注目を集めている、話題のリラクゼーショ

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑