*

お肌が乾燥すると何故トラブルの原因になるのか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/15


秋から冬にかけて気候の乾燥が目立つようになると、肌の乾燥に悩まされやすくなる方も多いことでしょう。

軽度な乾燥であれば簡単なケアで対処できるものの、肌の乾燥を悠長に考えてしまい状態を悪化させてしまうと、ケアも大変になりかねません。

特に引き起こされやすい顔であれば人に見られやすい部位のため、気持ち的にも良いものではありません。

なぜ肌が乾燥してトラブルの原因になってしまうのかを理解すれば、乾燥を軽視せずに日々ケアに努められることでしょう。

肌の乾燥はどうして良くないの?

肌表面がカサカサするなど見た目にもあまり良くない状態になってしまうのが、乾燥した肌の症状です。

肌は常に生まれ変わりを繰り返す成長細胞のひとつで、何らかの原因により簡単にトラブルを招きやすい部位です。

乾燥肌という状態もそのうちのひとつで、仕方がない加齢や季節といった環境の変化、また生活状況によって肌が敏感に反応を受けることで引き起こされてしまいます。

原因は様々なものが考えられますが、皮膚的には皮脂分泌量と角質の水分量が低下することで乾燥が起こります。

水分は発汗などにより常に消費されているのは健康的なことなのですが、それ以外で水分を消費していき供給が滞ってしまえば水分不足に陥ります。

皮脂は過度な皮脂分泌はニキビやオイリースキンの原因となりますが、健康状態の分泌量であれば肌を守る重要な役割を担っており、乾燥からも守ってくれます。

乾燥肌を引き起こしてしまうメカニズムは、皮膚を守るバリア層が破壊されることで様々な状態が引き起こされることにあります。

通常であれば皮脂膜や天然保湿因子、セラミドといった角質細胞間皮脂物質が皮膚を守るバリアを形成し、体外から受けるダメージから肌を守り、体内の水分が過度に失われない状態を保持しています。

バリア層を形成する物質が何らかの原因で減少すると、例えば皮脂を過度に取り除いてしまい皮脂量を低下させてしまうと、体外体内両方に悪影響を及ぼし乾燥肌を招いてしまうのです。

よって、原因を突き止めて適切な改善に努めればバリア層を保持でき、乾燥肌も防ぐことができます。

具体的に乾燥肌になる原因って?

乾燥肌は簡単に引き起こされてしまうものですが、それは簡単な原因で引き起こされてしまうとも言い換えられます。

代表的なのが、間違ったスキンケアによるものです。

現在の私たちは様々な化粧品や洗顔アイテムを手にする機会にあり、それぞれが思う“良い行動”をとっています。

しかしそれが本当は間違っていたとしたら、肌はダメージを受けて乾燥を引き起こしてしまいます。

間違ったスキンケアを正し、また化粧を落とさずに眠ってしまうといったケアを怠ることさえ気をつければ、乾燥肌を防ぎ改善することが可能です。

肌の環境変化は食生活も大きく関わっています。

例えば脂っこいものを食べ過ぎた後は顔の肌の皮脂分泌が増して吹き出物ができてしまうことがあります。

乾燥肌も食生活が影響することがあり、たんぱく質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの不足には注意です。

特にダイエットで激しい食事制限を行っている場合は注意です。

健康と美しさを求めるあまり、たとえ痩せることに成功したとしても肌の健康も美しさも損ないかねません。

ダイエットは無理なく食生活を乱さない程度に行いましょう。

悪い生活習慣の積み重ねでも肌環境は悪化し乾燥を招いてしまいます。

睡眠不足やエアコン環境下での長時間生活、過度な入浴や洗顔、そしてストレスなど。

いずれも少しずつ肌の角質から保湿機能を失わせていきます。

改善に努められる内容であれば努力しましょう。

また努力だけでなくリラックス時間を生活に加えるなど、ストレスを溜めないようにもしましょう。

乾燥肌について悩みストレスを重ねるのも良くないことです。

乾燥肌によって引き起こされる肌トラブル

乾燥肌によって起きる肌トラブルの代表はまず、かゆみやかさつき、ひりつき、敏感肌で、軽度から重度まで悪化状況によって様々です。

皮膚のバリア機能が損なわれると、肌表面は細菌や化学物質等の外敵が触れて刺激を伴います。

これによって、ヒリヒリしたかゆみやひりつきがあらわれ、うるおいもなくしてかさつきも生じます。

皮脂が損なわれ乾燥しやすい状態は敏感肌となりやすく、簡単に肌に赤みや荒れを生じてしまい、また髪の毛が触れるだけでも違和感を感じて落ち着かなくなるなど、気持ち的にも影響を与えてしまいます。

また乾燥肌はシミやシワを増やして美肌を損なうトラブルも招きます。

乾燥肌はバリア機能を低下させて引き起こされることで、外部からの影響を受けやすい肌となってしまいます。

外部からの影響のひとつがシミの原因として大きい紫外線です。

紫外線のダメージを受けやすくなればその分シミもできやすくなってしまいます。

乾燥肌によって角質の水分量が低下するというのは、地面が日照りでカラカラになってしまうのと同じような状態です。

そのような地面では土割れが目立ちます。

肌に置き換えると、顔の変化で寄ってしまう肌を元に戻す弾力がないため、大小様々なシワを残してしまいます。

乾燥肌により起こるトラブルは日常での簡単な取り組みで改善できるものがほとんどですが、乾皮症のように重度となると治療を必要とします。

乾皮症は皮脂欠乏症とも呼ばれ、皮膚表面の脂が失われて水分量が減少する病気です。

乾燥肌同様にかゆみ等を引き起こして発疹ができてしまうなど乾燥肌と症状は同じですが、悪化するとひび割れが生じたり、鱗屑といった肌がうろこのように変化してしまう状態を招きます。

乾燥肌で悩んでいる場合でセルフケアでは治りが悪いと心配される場合は乾皮症、または別のトラブルも関わっている場合が考えられます。

医師に相談の上、適切な治療で解決しましょう。

まとめ

簡単に引き起こされるものほど簡単に治るとも言えますので、乾燥肌は体質で仕方がない場合を除けば日常の取り組みで改善が求められます。

毎年、夏が終わって寒い季節が近づいてくると乾燥に悩まされため息を漏らしてしまう方でも、一度自分の生活が肌に悪影響を与えていないか振り返ってみましょう。

心当たりがあればそれを改善するだけで、悩ましい乾燥肌から解放されるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

お風呂での身体洗い、お湯だけで良いらしい?

お風呂で体を洗うとき、ほとんどの人は石鹸やボディソープ、また洗髪のためにシャンプーを使用すること

記事を読む

「炭酸革命」の効果・効能・使い方・口コミのご紹介

炭酸革命は、こんな商品! 乾燥、ニキビ、吹き出物、シミ、シワ、くすみ、ザラつきなど、肌の悩みは

記事を読む

ボディーソープの正しい使い方

入浴の際には必ず使用するという人も多いボディソープ。 しかしながら、正しい使い方を意識せずにゴ

記事を読む

【primo】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

女子のリアルな声から生まれた超保湿クリーム【primo】とは? 「美しくなるためなら、どんな努

記事を読む

肌のバリア機能とは・失う理由とは・失うとどうなる

肌には本来、バリア機能があり、これが正常に働いていれば一定の肌トラブルを予防する効果があります。

記事を読む

ローヤルゼリー+メカブフコイダンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ローヤルゼリー+メカブフコイダン】がオススメ! 「いくつになっても若い頃と同じような元気や美

記事を読む

通常のお肌に居る菌とは 善玉菌・悪玉菌の働き

「善玉菌」というとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 おそらくほとんどの人は「腸内を

記事を読む

ひじ・膝・くるぶしの黒ずみを治したい

いつの間にかひじや膝、くるぶしが黒ずんでいる…ということはありませんか? 自分の目に付きに

記事を読む

イルコルポ ミネラルボディクリームの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

「イルコルポ(IL-CORPO) ミネラルボディクリーム」とは、株式会社シーボディで取り扱われて

記事を読む

お肌が危ない!ボディーソープや石鹸の危険性

日本人のほとんどは、毎日の入浴で体を洗う際にボディソープや石鹸を使います。 そのほうがさっぱり

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑