*

黒烏龍茶ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

公開日: : 最終更新日:2016/12/01 ダイエット

脂肪がつきにくい!
痩せる!
で、おなじみの黒烏龍茶。


CMなどメディアでも大人気で、スーパーやコンビニの飲料コーナーには、各メーカー屈指の黒烏龍茶がズラッと並んでいますよね。
その名の通り、真っ黒く、見るからに

「脂肪をメラメラ燃やしそう!!」
という印象を受け、ついつい私も手にしちゃいます。

それだけでなく、黒烏龍茶は、癖がなくさっぱりとしたテイストで、脂っこい食事の後や、暑い季節の喉越しすっきり感には、最適。
しかし

「イマイチ黒烏龍茶のダイエット効果が分からない」
「毎日飲んでいるのに、痩せられない!」

という方のために、今回は、注目の黒烏龍茶のダイエット効果について調べてみましたので、参考にしてね。

黒烏龍茶って普通のウーロンと何が違うの?

そもそも黒烏龍茶って何?と質問されて、普通の烏龍茶の違いを詳しく説明できる方なんて、そうそういないですよね。
私も、今回黒烏龍茶のことを調べるまで、まったく理解していませんでしたからね。

黒烏龍茶の正体を知らずして、ダイエット効果を得ようなんて、ちょっと甘いですよね。
ダイエット効果を最大限引き出すには、まず、黒烏龍茶の正体を徹底的に理解しなければダメ。

そこで、調べてみました。
普通の烏龍茶と黒烏龍茶の違い・・・・。

緑茶、紅茶、烏龍茶はすべて同じ「若葉」!?

実は、黒烏龍茶、という種類の茶葉があるわけではないのです。

一般的な烏龍茶とは、葉が黒く細長い形が、まるでカラスのように黒く、そして竜のように細長いことから命名された、という説があります。
中国茶の茶樹の品種名で、発酵途中で加熱し、発酵をストップせる、つまり半分だけ発酵させたお茶のことを烏龍茶(中国茶)といいます。

緑茶や紅茶、烏龍茶(中国茶)と呼ばれるお茶は、すべて「カメリアシネンシス」という茶樹の若葉で、発酵や加熱によって、それぞれの特徴を持つ「お茶」として楽しまれています。
ちなみに、

・緑茶は、茶葉を摘んですぐに加熱したもの(不発酵茶)で、発酵という過程はありません。
・紅茶は、発酵だけで水分を飛ばし乾燥させたもの、「完全発酵茶」と呼ばれます。

烏龍茶はなぜ人気に?

日本では、1978年から80年代ごろ、烏龍茶が爆発的人気に・・・・その理由がスゴイ!
当時、国民的アイドルのピンクレディーのお二人が美容のために飲んでいたと噂されたのが、この「烏龍茶」だったのです。

その噂はあっという間に、日本女性の心にドキューっと刺さり、年間輸入量2トンからなんと300トンにまで急増したというから驚きですよね。
でも、烏龍茶の人気は、何もピンクレディーが美容のために飲んでから、というだけではありませんよ。

飲んだ人が「本当に痩せた!」「肌がきれいになった!」など、ダイエットや美容効果を実感したからこそ、その人気が今に至っていると言うわけ。
では、烏龍茶の気になる効果を・・・

烏龍茶のダイエット効果

烏龍茶のスゴイところは、なんといっても「脂肪燃焼・撃退効果」
体内に入った脂肪は「リパーゼ」という成分によって分解され、小腸に吸収されます。

しかし、烏龍茶の成分「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分は、小腸に脂肪が吸収されるのをブロック。
ブロックした脂肪を体の外に排泄物として排出してくれる、というダイエットに効果的な作用を持っているのです。

そのため、食前、食中、食後に、烏龍茶を取り入れることで、食べた脂肪の蓄積をブロックし、ダイエット効果や肥満対策に抜群の効果を発揮すると言うわけなのです。
そして、この「ウーロン茶重合ポリフェノール」の効果をより高めたものが、「黒烏龍茶」です。

烏龍茶のダイエット効果をパワーアップしたのが「黒烏龍茶」

黒烏龍茶という品種はありません。
では、黒とは一体何なのか?

それは、脂肪燃焼、撃退効果をぐんぐん高めるために改良された結果が、あの「黒」なんです。
烏龍茶の黒い色は、「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分の色。

この成分は先にも紹介したとおり、体内に取り込まれた脂肪の蓄積をブロックし、排出する、いわばダイエット効果に優れた成分です。
そしてこの成分の働きをより高めるために、高濃度にしたものが「黒烏龍茶」。

比べてみると一目瞭然!
普通のウーロン茶と、黒烏龍茶の「黒」の色は、ぜんぜん違いますよね。

黒になればなるほど、脂肪燃焼、撃退効果が高い「ウーロン茶重合ポリフェノール」の含有量、濃度が高い、という証なんです。
しかもこの「ウーロン茶重合ポリフェノール」は、脂肪の吸収をブロックするだけでなく、排出する作用にも優れているので、頑固な便秘の解消、さらには、すでに体内にとどまろうとしている、脂肪を溶かし、排出してくれる、まさに理想的なダイエット効果が実感できます。

一般的な烏龍茶にも「ウーロン茶重合ポリフェノール」が含まれているので、ダイエット効果は十分実感できます。
しかし、より高いダイエット効果を実感したい、今よりも絶対に痩せたい、という明確な目的がある方は、ぜひ「黒」の色がより濃い「黒烏龍茶」を選ぶようにしましょう。

実際に黒烏龍茶をダイエットに取り入れた方や、毎食後に摂取している方、日常的に取り入れている方などの口コミ、体験談を調べてみると、平均で1ヶ月-1キロから2キロ、スゴイ方では、1ヶ月でなんと、-5キロから-8キロの減量に成功した方もいますので、やってみる価値は十分にあります。

しかも、ただ飲むだけ、という簡単なダイエット方法なので、気になる方は、一度試してみてください。

「トクホ」の黒烏龍茶のダイエット効果、飲み方や選び方など

ここでは「トクホ」の黒烏龍茶のダイエット効果、飲み方や選び方などを中心に紹介します。

そもそも「トクホ」って何?どんなところがスゴイの?

コンビニやスーパー等で見かける「トクホ」。
特定保健用食品の略称ですが、これは、特定の保健の目的が期待できる、という意味の食品のことを示します。

他の商品との違いは、体の生理機能に影響を与える成分が含まれている、というもので、例えば血液中、血圧のコレステロールを正常に整えたり、おなかの調子を整えたりすることに対し、科学的にその効果が証明されている、というものを示します。

現在各分野の商品およそ1000点以上が「トクホ」または「条件付トクホ」として販売されていますが、消費庁のちゃんとした機関で、成分や効果をちゃんと調べて、「よし!これならトクホとして認めよう!」と判断されたものなので、トクホ以外の食品よりも、体には断然イイ!!ということになりますよね。

なので、例えばダイエットや美容という目的があって、商品を購入する場合は「トクホ」を上手に活用するのがおススメ。
ただし、多量に摂取することで、効果がものすごく得られる、というわけではありません。

継続的、かつ安定的に取り入れることで、健康維持が期待できる、という意味で捉えるのがベスト。
また、「医薬品」とも違うので、病気が治る、という事もありませんので、そこは理解しましょうね。

黒烏龍茶の「トクホ」って何がスゴイ?

黒烏龍茶のダイエット効果を最大限かつ、手軽に取り入れたい方にもやはり「トクホ」はおススメ。
もちろん、一般的なウーロン茶にも「ウーロン茶重合ポリフェノール」は含有されていますが、「トクホ」以外では次のようなデメリットも。

・ダイエットが期待できるほどの「ウーロン茶重合ポリフェノール」の量が配合されていない
・「ウーロン茶重合ポリフェノール」の質が悪い
・ダイエット成分が一切含まれていない

一方、「トクホ」表示の黒烏龍茶は、消費者庁が責任をもって成分の検査、効能等を調べ、「これなら!」という判断で「トクホ」として表示しています。
そのため、ダイエットに優れた作用をもたらす「ウーロン茶重合ポリフェノール」の濃度、質、含有量については、信頼して間違いないでしょう。
ちなみに、黒烏龍茶が許可されたトクホの表示は

・脂肪の吸収を抑える(食事から摂取した脂肪の吸収を抑制し、排出を増加させる効果に優れている)
→食事の時に黒烏龍茶を飲むと、飲まなかった時に比べて脂肪の排出量がなんと、2倍に!!
・体に脂肪がつきにくい(食後の血中中性脂肪の上昇を抑制し、体に脂肪がつきにくい)

の2点が科学的に実証されています。
現在、販売されている「トクホ」の黒烏龍茶は、サントリーだけみたいですが・・・今後いろいろと出てくるかもしれませんね。

他の「トクホ」飲料との違いは?

黒烏龍茶以外にも「トクホ」と表示されているお茶が数多く販売されていますね。
例えば、緑茶成分の「ヘルシア」や、ゴマを配合したお茶「ゴマ麦茶」、「十六茶」など、その他たくさんあります。

どの商品も「トクホ」が認めた一級品なので、一般的なお茶などを選ぶよりも高いダイエット効果が実感できるはず。
そこでダイエット効果をしっかり実感するためにも、それぞれの特徴をザッと紹介しますね。

ウーロン茶重合ポリフェノール含有タイプ(黒烏龍茶)

食事と一緒に摂取することで、腸管から脂肪の吸収を抑制し、脂肪がつきにくい体にしてくれる働きが期待できる。
一般的なウーロン茶のカフェイン量をそのままにダイエット成分ウーロン茶重合ポリフェノールだけを増やしているので、カフェインが気になる方にもおススメ。
さらに、脂っこい食事、食べすぎが気になる方の食事のお供に。
食べても太りたくない、脂肪を徹底的に撃退したい方に最適。

茶カテキン含有タイプ(緑茶)

抗酸化作用を持つポリフェノールの一種で、体脂肪低減効果、殺菌、血糖値上昇抑制などの生理機能作用があります。
「エネルギーとして脂肪を消費しやすくする」のが特徴なので、体を動かす前に取り入れるもしくは、運動のお供に活用する、運動しているのになかなか脂肪が落ちない、などの方におススメ。
カフェイン量は、黒烏龍茶よりも少ない。

難消化性デキストリン含有タイプ(ウーロン茶・麦茶)

難消化性デキストリンとは、水溶性の食物繊維で水に溶けると特有の粘りを持ち、一緒に摂取した糖の吸収を穏やかにし、血糖値の上昇を抑制。
また、善玉菌を増やし、腸内環境を正常に整える作用や、ミネラルの吸収を促進する作用も高いため、頑固な便秘で悩む女性に特におススメ。

ケルセチン配糖体配合タイプ(緑茶など)

ケルセチンとは、野菜や果物などに存在するフラボノイドで、玉ねぎに特に多く、その他、リンゴ、サニーレタス、ブロッコリーなどに含まれています。
抗酸化作用、血液サラサラ、高血圧などに高い効果を発揮し、中でも体脂肪を減らす働きに優れていることが近年の研究で明らかにされています。
脂肪を細かく分解して、消費するケルセチン配糖体は、脂肪分解酵素の働きを活性化させ、脂肪燃焼効率を高めてくれます。
そのため、加齢による代謝機能が低下し、「食べないのに太る」「運動しても痩せられない」などの体質に最適。

脂肪がつきにくい、脂肪の排出作用が高い、と注目されるダイエット成分「ウーロン茶ポリフェノール」を含有する「黒烏龍茶」。
海外モデル、セレブやハリウッドスターにも愛飲者が多いほど、すごく人気のダイエット飲料です。

茶葉を半発酵する過程で、カテキンが重合(結合)してできるウーロン茶特有の成分で、その効果は、特定保健用食品としても認められるほど。
現在、様々な「トクホ」飲料が販売されていますが、中でも黒烏龍茶の「ウーロン茶重合ポリフェノール」は、特にダイエット効果に優れているといっても過言ではありません。

・脂っこい食事がすごく大好き
・ダイエット中だけとケーキやパンがやめられない
・運動は苦手、だけど脂肪は減らしたい
・食事制限は苦手
・脂肪燃焼だけでなく、ちゃんと排出したい
・体型をキープしたい

等、確実に「痩せたい!」方には、すごくおススメのダイエット飲料です。

黒烏龍茶ダイエットおススメの飲み方は?

ダイエット効果が高いとはいえ、飲みすぎは禁物。
特に「トクホ」の黒烏龍茶を取り入れる際には、効果がすぐに現れる、病気が治る、というわけでもないのでその点はちゃんと理解しましょうね。

とはいえ、「トクホ」は、生理機能に影響を及ぼすことが明らかにされているので、1日の摂取目安量も表示されています。
基本は、食事のとき1日1回350ml程度。

体脂肪が気になる方は、1日2回、食事中、食後に1回350mlを2回にわけて摂取しましょう。
カロリーが高い食事や脂っぽい食事の時に取り入れるとより効果的。

また、最低でも1ヶ月は継続して飲むことが効果を実感する秘訣です。

注意点は?

飲みすぎないこと

・胃の調子が悪い方
・1日の食事の量が少ない方(過剰な食事制限をしている)

については、黒烏龍茶のカフェインが胃の粘膜を傷つける危険性があります。
さらに、コーヒーを1日に何杯も飲む方についてはカフェインの摂り過ぎに気をつける必要があります。

黒烏龍茶350ml中15mgのカフェインが含有されています。
カフェインは1日に400mgを超えると摂りすぎ注意なので、コーヒーを含むカフェイン飲料とのバランスもちゃんと考えなければ行けません。

飲むタイミング

空腹時

食事を一切取っていない際に黒烏龍茶を摂取しても、胃の粘膜を傷つけるだけで、ダイエット効果は実感できません。

食事以外

黒烏龍茶のダイエット成分は、取り入れた脂肪に作用するので、食事の際に摂取するのがダイエット効果を最大限に引き出すコツです。

暴飲暴食はダメ

黒烏龍茶は、食べ過ぎや飲みすぎをなかったことにするものではありません。
また今ある脂肪をもやす、なかったことにする、というものでもありません。

今ある脂肪を燃やしたい方は、黒烏龍茶と運動を組み合わせるなどの工夫が必要。

黒烏龍茶ダイエットの体験談・口コミ

次に、黒烏龍茶ダイエットで実際にどんな効果があるのか、体験談や口コミを紹介します。
まずは成功例から・・・。

成功例

毎食中、食後に1本の黒烏龍茶を2週間続けると-5キロ達成!!

年齢30代、最近太りやすく、痩せにくいと感じたので、わらをもすがる思いで「トクホの黒烏龍茶」を取り入れることに。
1日の摂取カロリーを1300から1500にし、食後には必ず黒烏龍茶1本350mlを摂取。
ちなみに、これといった運動はしていませんが、できる限り階段を使う、一駅歩くなどの努力はした!

体脂肪が劇的に減った!!

黒烏龍茶を2週間毎日2本、食事のおともに取り入れたところ、体脂肪が2%も減った!
体重は1キロ、2キロってところですが、今までどんなにダイエットをしても体脂肪が減ることがなかったので、これは嬉しい!
しかも、「最近体が引き締まった」「むくみが解消された」と周りから指摘されることが多く、見た目の変化があることが明らか。

お菓子を食べても現状維持

今では、黒烏龍茶が手放せません。
特にダイエットを意識しているわけではありませんが、お菓子が大好きで、やめられず。
でも、黒烏龍茶を一緒に摂取することで、体重は増えることはありません。

便秘解消で肌荒れが治った!

黒烏龍茶のダイエット効果は、スゴイです。
でも、私には、ダイエット効果よりも便秘によるニキビや吹き出物が治ったことがすごく嬉しい。

下剤なしでこんなにもすっきりする朝を迎えるなんて、驚きです。
前日食べた脂物が全部排出されているようなそんなすっきり感は、癖になります。

次に失敗例を・・・

胃が荒れた!

たぶん飲みすぎです。
とにかく痩せたくて、1日に2リットルほど飲んだら・・・案の定胃が痛くなりました。
コーヒーも好きなので、カフェインの過剰摂取だと思います。

太った!!

黒烏龍茶のダイエット効果に頼りすぎたあまり、食べ過ぎました。
飲んでさえいれば、いくら食べても大丈夫と思っていたのですが、ダメです。

摂取カロリーが多すぎるとやはり黒烏龍茶でも対応できないのですね。

続かない・・・・

トクホの黒烏龍茶を愛飲していたのですが・・・1本200円1日400円と高い!
ダイエット効果はものすごかったのですが、1ヶ月で断念。

なので、食べ過ぎちゃうな~という時や、付き合いでどうしても脂っぽい料理が気になる時なんかに、上手に使い分けています。
どうでしたか?

黒烏龍茶はダイエット効果が高いけど、飲みすぎやタイミング、などによっては失敗する例も。
また、一般的な飲料水よりも高いため、継続が難しいという点も・・・。

ただ、他のお茶などに比べて、ものすごいダイエット効果があるので、黒烏龍茶のデメリットを上手にカバーできるよう工夫してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

寒天ダイエットの効果、レシピ、摂り方、注意点

寒天の期待できる効果と効能 コレステロールを低下させる効果 脂質の消化を助ける主成分に胆汁酸

記事を読む

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった私、が、結婚してから、お皿の上

記事を読む

メタバリアの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

メタバリアとは、株式会社富士フイルムから発売されたサプリメントのことをいいます。 “頑張らない

記事を読む

もやしがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

もやしは価格が安く、低カロリーなので、たくさん食べてもダイエットのさまたげになりにくい食材です。

記事を読む

バターコーヒーダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

美味しくって、女性に嬉しいメリットがたくさんのバターコーヒーダイエット!ですが、中には、「ぜんぜ

記事を読む

豆乳ダイエットの方法。飲み方やレシピのご紹介!

豆乳の成分と効能 たんぱく質 大豆の約40%はたんぱく質(そのほとんどが水溶性)で飲料にして

記事を読む

パセリがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

パセリを普段食べますか?と聞かれたら、おそらくほとんどの人は「いいえ」と答えるでしょう。 パセ

記事を読む

セルライト解消におススメの痩身エステ

セルライトに悩んでいるという女性は、多いのではないでしょうか。 セルライトは冷え症や、リン

記事を読む

カリフラワーがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

カリフラワーは日本では「たくさん食べる野菜」のイメージは薄いかもしれません。 そのため、どのよ

記事を読む

酵素ダイエットで必ず痩せるヒミツとタイプ別酵素ダイエットの方法

今度こそ、絶対にダイエットを成功させたい!と本気で思うなら、酵素ダイエットは外せません。

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑