*

生理ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 ダイエット


「生理中は痩せ時?ダイエット」よく学生時代から女の子たちの間で本当か嘘か「ダイエットしたいなら女の子の日」「女の子の日に炭水化物を抜いたら痩せやすい」なんて言う噂が飛び交ったもの、それは本当なのか、本当に生理中は痩せ時なのか実証してみようと思います。
そもそも生理って長い人は1週間以上の人もいるけれど大体の人は5日から7日の間に終わりますよね。
私もそうです。

初日は褐色のおりものと少し暗い赤色の血液が2、3日出て少しずつ量が減っていって最後には出なくなって終わります。
その量や色も多い人と少ない人人によってそれぞれで、月経痛がキツイ人とそうでない人、全く痛み自体ない人と一口に生理と言ってもそれぞれですよね。

「ダイエットするなら生理期間中」って話は私は学生の頃から誰かしらから聞いたことですが私なりにただ勝手に「生理痛とかで食欲がなくなるから自然にダイエットになる」ぐらいしか思っていませんでしたし、実際私自身、生理痛がひどく特に生理痛がキツイ初日と2日目で食べる量が格段に減り生理になるといつも体重が1kg2kg減っていたので、その誰かから言われた「生理中は痩せやすい」も自分なりに納得してきていたのです。

が、具体的にいつが痩せやすいかはまだ専門家によっても解明はされていないようですが生理のメカニズム、体の変化によってダイエットに適した期間があるようです。
生理痛で・・ではなくちゃんとした。

今回は生理期間中の体の変化、メカニズムによってダイエットに本当に適しているタイミングはどこなのか?
生理期間中どう過ごせば、何をしたらダイエットに繋がるのか、生理中を狙ってダイエットするなら・・の方法を書いて行こうと思います。
ダイエットする前にまずは生理中のアナタの体の変化、体の中がどうなっているのかを書いて行こうと思います。

女性の生理の周期は正常な人で28日、約1か月に1度生理があることになります。
そして生理中は2つの女性ホルモンが大きく変化すると言います。
女性ホルモンには2つ種類があります。

よく耳にするのがエストロゲンという卵胞ホルモンといわれる、卵巣・子宮・乳房の発達を促したり、皮膚のコラーゲン合成や骨密度を増やして血管にコレステロールが溜まるのを防いだりと、女性をキレイにしてくれるホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンという排卵後、妊娠に備えて、体内に水分や栄養を溜めるホルモンで妊娠した時のために安静な状態を作り出そうとして、普段より気だるくなったり、内向的な気分になったりするエストロゲンが陽ならプロゲステロンは陰・・2つのホルモンが体内に存在します。

そしてその2つのホルモンが生理期間中4つの周期に大きく関係し、その変化・・そのホルモンが増えるか減るかでダイエットしやすい期間かそうでないか大きくかかわってくるのです。
そのタイミングをまずは知ることが生理中のダイエット成功につながるのでは・・?と私は考えます。
それを今回私自身実証してみようと思います。

さぁ、女の子の日ダイエット成功なるか!
次回はその4つの周期でのホルモンの変化と痩せるタイミングについてお話ししようと思います。

どのタイミングが生理期間中痩せるのか?

生理期間中は女性にとって女性ホルモンが変化しやすくタイミングさえわかれば痩せやすい時、辛いだけが生理じゃない!今日はダイエットするなら生理中、どの期間を狙えばいいのか?その適したタイミングはいつがいいのかを書いて行こうと思います。

まずは生理中のホルモンバランスを4つの周期に分けてみると、生理期間である「月経期」は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンという黄体ホルモンが減少し、生理が終わってから排卵までの一週間である「卵胞期」にはプロゲステロンは変わらないけど、エストロゲンが一気に増加し、排卵の前後3日~5日の「排卵期」はそれとは逆にエストロゲンは変化なく、プロゲステロンが一気に増加、排卵から次の生理開始日までの「黄体期」にはエストロゲンとプロゲステロンはどちらも変化なしという、4つの周期を見てもホルモンの変化が違います。

これで行くと女性ホルモンといわれるエストロゲンが一気に増え始める「卵胞期」が痩せる為には良い時期と言ってもいいかも知れません。
皮膚のコラーゲン合成を促進してくれるエストロゲンは、骨密度を増やしたり、血管内のコレステロール蓄積を防ぐ機能もあるし、この時期に良質なたんぱく質を摂って、適度な運動をすれば女性らしい素敵な体格を手に入れることができるかもしれません。
そこをもし狙うならば食事も痩せる食事を心がけた方がいいかも知れません。

なぜかというと、痩せたいという思いから、生理中に食事制限をしたり、炭水化物抜きダイエットをしすぎてしまうと、生理中の食事制限が婦人科疾患の要因のひとつになりかねないからです。
ただでさえ生理期間中って気持ちも憂鬱だし人によったら生理痛がひどく食べれない人もいたりして不安定な期間、そこで無理なダイエットをしてしまうと逆に体に大きな負担をかけてしまうので生理中にダイエットする時は食事メニューを普段よりもそれ以上に、慎重にしっかり考えてして行かないといけないと思います。

過度な偏食は避け、規則正しい食生活を心がけることが大切。
朝昼夕食をしっかりと決まった時間にバランス良くとることで、生理中の貧血症状や生理痛なども和らげることができると言います。
どんなモノがいいのかって迷いそうだけど、一番いい食事は定番の和食メニュー、お茶碗に軽く盛られたごはん、具だくさんの汁物、主菜となる肉や魚・卵・大豆製品、そして副菜となる野菜のおかずがあるのがベスト、一汁三菜がとても良いバランスだと思います。

また生理中は経血があるため、鉄分が不足しがちなのでレバーとかほうれん草とかひじきとか納豆とか・・鉄分を多く摂りいれること。
日本人の食事摂取基準(2015年版)によると生理のある女性は鉄分の付加量が定められていて、成人女性1日あたり10.5mgが推奨量とされています。

最近は日本人の食生活も欧米化してきててファーストフードなど多く好んで食べて栄養価が偏っているとか言われています。
生理ダイエットをするならそれを機に普段の食生活の見直しを同時にしてみてもいいかと思います。
次の項目では生理中の痩せる過ごし方や生活習慣の見直し方を書いていこうと思います。

生理中に太るのは何故?太る原因

生理中を狙ってダイエットしてるのになぜか逆に太った!なんて経験ないですか?
私が一度してしまったのがまさにそれ!なんでだろう?と思っていたら色々思い当たるあれこれがでてきました。
ここではその生理中に太る原因を突き詰めていきたいと思います。

生理中痩せるタイミングがあるように、生理中は太るタイミングもあるようです。
生理周期と大きく関わりのあるホルモンには2種類あるってことはお話しましたが、その主なホルモンの働きは、女性の体をきれいに美しくする働きを持つエストロゲンとも排卵・妊娠に向けて体内に水分を貯めようとするプロゲステロン、この2つのホルモンが生理中はどちらのホルモンも減少するので、乱れた食生活や運動不足だと逆に太ってしまうこともあるみたいです。
確かに生理になると憂鬱だし、人によって生理痛がひどいからどうしても栄養面よりも食べられるものに行ってしまうししんどいから極力動きたくなかったり・・してしまいますもんね。
毎回生理痛のキツイ私がまさにこのパターンです。

そしてその他に、生理前は排卵期・黄体期と続くため、体内に水分や脂肪をため込みやすいプロゲステロンというホルモンが増加している状態でもあってプロゲステロンの働きにより、いつもと変わらない食生活や運動習慣をしていても生理前になると太ってしまうこともあるようです。
太るのはなぜか?その理由がわかったら今度は生理中どういうものを食べたら太るのか、太らないためにその方法を考え知りましょう。

①太る食べ物を食べすぎていないか?

特に生理中にこれを食べたら太る!っていうものはないけれど、生理中はどうしても暴飲暴食になり気味、一番いいのは普段の生活と変わらない食事、バランスのいい食事を摂ることが一番。
今が痩せ時だーって、無理に炭水化物抜きをしてしまうとかえってイライラして、食欲の歯止めがきかなくなったり無性に甘いものが食べたくなったりしてしまう事もあるので好きなものを好きなだけ食べるのではなく、おやつの時間と食べる分量を決めて適度に食べるとか、オヤツでもカロリーを考えて寒天ゼリーとかを時間をかけてゆっくりと食べるだけで満腹中枢が働いてそれほど量を食べなくてもよくなります。

②一日ゴロゴロしてないか?

生理中はついつい体もだるいし、寝ころんだり家でゴロゴロしてしまいがち、だってしんどいんだもん、仕方ないじゃん、そりゃそうなんだけど、運動量が足りないと筋肉が落ち代謝が落ち太る要因になります。
激しい運動をしなくてもウォーキングしたり、一日の中に外を歩く距離を少し伸ばすだけでも違います。
メリハリのある生活スタイルをすることで、代謝を維持することができるらしいですよ。

③甘いものを食べるなら食後30分以内がいい。

生理中とかダイエット中って無性に甘いものが欲しくなりませんか?
体が欲してるんだからってついつい甘いものに手が行ってしまってその度に「ダイエットしなくちゃ」って後悔・・多いですよね。
ガマンすることが一番なんだけど毎回我慢していると逆にストレスになって暴飲暴食に陥ってしまうことにもなるし・・どうしても食べたい時は食後30分以内に食べるようにしましょう。
食後30分以内なら甘いものを食べても急激に血糖値があがることはないので、体重増加を少しでも軽減できます。

その中でも生理前にいいと言われてるのが豆乳ダイエット、生理前の7日~10日間、毎日豆乳を1パック(200ml)飲むだけという手軽なダイエット法で、生理前に余分な脂肪や水分を溜めこむことを防ぐ効果があると今注目されています。

また豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た構造をしているため、ホルモンバランスを整える効果もあるそうです。
そして太らせない体を作るには生理中、体を冷やさないこと!
体温が1℃上がると基礎代謝が13%アップすると言われているので身体を温めると代謝アップが狙えるので、生理前の体重増加対策には身体を冷やさないように、温めることが重要です。

方法としては露出の多い服装は避ける、冷たいものは控えて温かいものを飲む、お風呂はシャワーで済ませず湯船でしっかり温まる、身体を温めるゴボウやレンコン、生姜などを摂ったり血行をよくすることを意識して生理を過ごすこと、これで痩せやすい太りにくい体ができていくはずです。
「生理中が痩せ時」学生の頃誰からか聞いたこの言葉を私も今回これらのことをもう一度念頭に置いて、生理期間をいい過ごし方して試してみたいと思います。

ストレスをためずリラックスして、あまり力まず、痩せなきゃってあまり思わないようにしながらゆっくりとムリなく、それがダイエットを長く続けるポイントです。

生理ダイエット、痩せるための過ごし方

生理ってだけでうっとーしい期間ついつい家の中に閉じこもり気味になるし憂鬱度もマックス、運動不足になりがち。
そうなると折角生理期間中を狙ってのダイエットも代謝が下がってしまって逆に痩せにくくなってしまいます。

一番いいのは生理中も代謝を下げないこと!今日は生理中、痩せる過ごし方を色々考え書いてみたいと思います。
ダイエットで運動というと真っ先に思い浮かぶのがウォーキングやジョギングだけど、生理中って私もだけど生理痛がひどいので走ったりストレッチがかなりの負担になっちゃうしする前から気持ちが滅入っちゃいます。

そこでわざわざ外にジョギングしないでいい代謝法を考えたところ、私は行きついたのは38度?40度のぬるま湯に30分間半身浴をすること。
お風呂に入るだけでも体力って結構消耗するんですよ?30分となると汗もかきますし何より血行がよくなり代謝がよくなるしお風呂の後に食事する場合、食欲を抑制する効果もあります。

この食事前の30分の入浴、実際私はもう1週間してのですが本当に入浴後の食事量がかなり減ってます。
お風呂に入って出ただけでなんだか空腹がおさまってるみたいで、今まで食べてた量が食べきれないという食欲抑制の効果、マジで出てるので本当おススメですよ?。

そして生理期間中もっとも重要なのが、良質の睡眠を摂ること。
実は一番痩せるのって起きてる時よりも寝てる時だって知っていますか?寝てる間も肺や心臓、胃などさまざまな器官は動いています。
その動きがしっかり眠れてると活発に働き良質な睡眠が摂れている場合、朝起きて体重を測ってみると400?600gほど減っていたりするんです。
が、逆によく眠れなかった時は全く減っていない。

これウソみたいだけど実際、夜寝る前と起きた後体重計に乗ってる私、よく眠れた時400g減っていたので本当です!そしてダイエットでよく芸能人さんで試されて成功されてるのが、食事は小分けにして1日数回にして摂ること。
1回の食事量をガバっと摂らないように胃への負担を減らすなど、体に脂肪を吸収させない方法なんですがこれってなかなか1日5、6回食事時間を作るって難しいんですよね。
そして後は体を冷やさないこととストレスを貯めないこと・・痩せなきゃって気にしすぎないこと・・それが痩せるためにかかせない必要な過ごし方では・・ないでしょうか。

私自身、ダイエットを始めてから毎朝、毎晩体重計に乗るようになったのですが、痩せない日が続くと、気にしないように・・と思いつつもついつい痩せないからとご飯を抜いたり、食べるのを怖がってしまったりしてしまうので、最近はなるべく自分自身に「ゆっくり痩せたらいい」と暗示をかけるようにしています。
ただでさえ、生理中は本当にそれだけで気持ちがブルーになりやすいので、みなさんも生理中を狙ってダイエットする際は気持ちを沈めない様注意してくださいね。
気持ちがブルーだと折角のダイエットも効果ありませんから。

スポンサーリンク

関連記事

食べ順ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

夫婦でダイエット!「医者に言われた一言がダイエットを決めた! 結婚して毎年、少しずつ増えて行く

記事を読む

もやしがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

もやしは価格が安く、低カロリーなので、たくさん食べてもダイエットのさまたげになりにくい食材です。

記事を読む

デトックスで代謝を良くしてからダイエット

ダイエットを続けてもなかなか痩せられないと言う人は多くいます。 そのような人の場合、代謝が

記事を読む

お茶で簡単ダイエット

お茶でのダイエットは、減量はしたいけど食事制限やつらい運動はやりたくないという方におすすめの方法

記事を読む

黒烏龍茶ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

脂肪がつきにくい! 痩せる! で、おなじみの黒烏龍茶。 CMなどメディアでも大人気で、

記事を読む

カリフラワーがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

カリフラワーは日本では「たくさん食べる野菜」のイメージは薄いかもしれません。 そのため、どのよ

記事を読む

手足の施術で全身痩せする痩身エステについて

手と足の先に施術を受けるだけで、全身痩せの効果を得ることができる痩身エステがあります。 そ

記事を読む

寒天ダイエットの効果、レシピ、摂り方、注意点

寒天の期待できる効果と効能 コレステロールを低下させる効果 脂質の消化を助ける主成分に胆汁酸

記事を読む

ピーマンがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

緑黄色野菜のひとつであるピーマンは、その栄養素の豊富さなどから私たちの食卓には欠かせない野菜とな

記事を読む

白菜がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

冬の食卓によくのぼる野菜にもさまざまありますが、鍋料理との相性が良いものに白菜があります。 白

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑