*

きゅうりがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 ダイエット


きゅうりを使ったダイエット法が話題となっています。
テレビなどでも紹介され、試してみたいという人も多いでしょうが、きゅうりダイエットにはいくつかの注意点があります。

きゅうりは体を冷やす効果のある野菜

夏が旬の野菜は体を冷やす効果が高いものが数多くあります。
体を冷やすというと悪いことのように思いますが、夏場で体温が上昇する季節にはぴったりな食材となります。
反対に、冷え性の人にはあまり相性の良い野菜とは言えません。
現代の日本は一年中さまざまな野菜を手に入れることが可能で、旬がわかりづらい部分があるので注意しましょう。
冷え性の人はきゅうりダイエットではなく、体を暖めながらダイエット効果を得られる方法が向いています。

きゅうりがダイエットに良い理由

きゅうりはあまり有効な成分がなさそうな野菜だと思っている人も多いでしょう。
しかしながら、体内の無駄な塩分を排出するのを促すカリウム、抗酸化作用が高くデトックス効果も期待できるフィトケミカル成分、またきゅうりダイエットの大きなポイントとなる「ホスホリパーゼ」という酵素が含まれています。
ホスホリパーゼは脂肪を分解する働きを持つ酵素で、この酵素の働きでダイエット効果を得るのが大きな目的となります。

きゅうりダイエット・適した調理法は?

きゅうりの成分効果を大きく得るには50度以下での調理、または生で食べるのが良いとされています。
しかしながら、きゅうりを生で食べるとなると漬け物やサラダが浮かんできます。
これらの調理法ではダイエットをする際の目安とされる「1日に1~2本」を毎日実践するのが難しくなります。
飽きないように食べるレシピとしては、これらのほかにすりおろしてソースの材料として使う、ほかの食材と組み合わせてパスタなどと和えるなどがおすすめです。
きゅうりだけを極端にとり入れるのではなく、あくまでもさまざまな食材の中にきゅうりを積極的に組み合わせてみるという方法にして、健康的なダイエットを心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

産後ダイエットはマイペースと工夫が大事!

産後ダイエットの時期について 産後というのは妊娠中に大きくなった子宮が、妊娠前の状態に戻るまで

記事を読む

小松菜がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

小松菜は普段の食生活であまり食卓に登場しない野菜かもしれません。 しかしながら、その栄養成分の

記事を読む

らっきょうがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

らっきょうといえばカレーライスと一緒に食べるという方も多いのではないでしょうか。 実はらっきょ

記事を読む

耳つぼダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

耳つぼダイエットをしてみた! ダイエットを始めたものの、なかなか思うように体重が減らない時、近

記事を読む

酵素ダイエットの仕組みと方法の詳細

ダイエットの一番の強敵は、ダイエット後のリバウンドです。 しかし、中にはリバウンドをしないとい

記事を読む

バターコーヒーダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

美味しくって、女性に嬉しいメリットがたくさんのバターコーヒーダイエット!ですが、中には、「ぜんぜ

記事を読む

にらがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

ダイエットに適した食材としてよく挙げられるものに「にら」があります。 にらには独特の香りがあり

記事を読む

セルライト解消におススメの痩身エステ

セルライトに悩んでいるという女性は、多いのではないでしょうか。 セルライトは冷え症や、リン

記事を読む

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なものとして ①毎日30分以

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?」等、具体的なハチミツの美容法

記事を読む

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

→もっと見る


PAGE TOP ↑