*

しわの6つの原因のまとめ。しわ改善の「いろはのい」は原因を知る事から!

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 しわ , , ,

生活習慣

しわの原因となる生活習慣について
年齢を重ねるにつれシワやシミ、たるみが出てくるのは仕方のないことです。

年だからしょうがないとはいっても、やっぱり気になりますよね。

今回は、老化に打ち勝つ!シワやシミに強くなる生活習慣について考えてみたいと思います。

そもそも、シミやシワなどの老化現象は体の酸化が原因の一つとされています。

体内で増加した活性酸素によって細胞が破壊されると、肌の代謝活動が滞ってしまい、正常な肌のターンオーバーが出来なくなります。

このため、乾燥や紫外線によるダメージを修復出来ずにシミやシワ、たるみが出来てしまうのです。

また、血液中や体内他の場所で体の酸化が進むと、体全体の代謝機能が低下してしまいます。

免疫力が低下し、生活習慣病だけでなく、がんなど他の疾患の原因にもなってしまいますので注意しましょう。

つまり、サビない生活=シミ、シワに強い生活、ということですね。

この為には、サビを作る原因の活性酵素を増やさない状況が必要です。

紫外線に当たり過ぎない、タバコを控える(または止める)、ストレスを溜め過ぎないなど、サビない生活は全て体に良いことばかりですね。

また、抗酸化作用のある栄養を摂取することも大切です。

ビタミンCやビタミンEは、抗酸化作用のあるビタミンの代表選手です。

サプリメントでも良いですし、時にはレバーを食べるようにして食物から摂取するのもおススメです。

また、顔の筋肉を鍛えてシワやたるみ対策になるだけでなく、精神的にもサビない一番の習慣は『笑顔』なんです。

キープ・スマイルで、潤いのある毎日を過ごせたら素敵ですよね。

食習慣

しわの原因となる食習慣について
シミやシワが発生する原因は、加齢によるもの以外にも色々あります。

日焼け止めで保護して、メイクして、とケアしているつもりでも、紫外線やタバコの煙など、外界からの影響を真正面から受け止める『肌』が受けるストレスは相当なものなのです。

もう一つ忘れてはならないお肌も敵は体の中から発生しています。

体のサビ、つまり体の酸化によって真皮の内側にあるコラーゲン質が壊れてしまうことがあるのです。

プルプル肌には欠かせない大切なコラーゲンを破壊する正体は活性酸素です。

活性酸素は、元々私たちの体の中に存在しているもので、ある程度の量は生存活動に必要なものです。

しかし、紫外線やお酒の飲み過ぎ等外的要因でも増えてしまいます。

残念なことに、加齢に伴う活性酸素の増加は避けることが出来ません。

増える活性酸素に対抗するには、抗活性酸素作用のある栄養素を取り込むのが一番!ということで、今回はシミやシワ対策にも効果的な、サビない食生活をご紹介します。

抗酸化作用のある栄養素は、鉄や亜鉛、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンなど色々ありますが、全部覚えるのは大変です。

しかも、ビタミンは単独で摂るよりも数種類を同時摂取したほうが効果が高いとされています。

偏りのないバランスのとれた食生活が一番ですが、積極的に緑黄色野菜を食べるようにする、サラダにゴマを振って食べる等のちょっとした工夫で摂取可能です。

抗酸化作用効果の高いおススメメニューは、レバニラ定食です。

疲労回復メニューの定番ですが、レバー+緑黄色野菜がバランスよく入った組み合わせで、シミ、シワ対策にも効果が期待できますよ。

紫外線

しわの原因となる紫外線について
紫外線が強くなる夏には特に大切な『紫外線対策』。

ちょっと出るだけだからスッピンでOK!なんて考えてはいけませんよ。

紫外線が肌に与える影響は、日焼けによるシミやそばかすだけではありません。

紫外線(特にUVB)がもたらす『光老化』は、シワが出来る大きな原因の一つなのです。

無防備に紫外線に当たってしまうと、肌の水分は急速に奪われてしまいます。

小さなシワが少しずつ増えて、しかもそこから水分はどんどん奪われてしまいます。

もっと恐ろしいのは、真皮層にあるお肌ぷるぷる成分のコラーゲンや、お肌のハリを維持してくれるエラスチンの量が減ってしまうことなんです。

健康な私達の皮膚は、コラーゲンが柱、その柱を弾力性のあるハリのようにエラスチンが繋いでいるような状態です。

両者が上手くバランスを保っていることで、プルプルで弾力のある綺麗な肌の状態をキープしているのです。

しかし、紫外線を浴びると数時間後には肌の内側でコラーゲンを破壊する酵素、が作られ始めます。

この酵素はコラーゲンを小さく切断してしまい、肌の弾力を維持するエラチニン変性の為の酵素が分泌されにくくなってしまいます。

このため、小さなシワが回復しないまま放置されてしまい、次第に深いシワとなってしまうのです。

大人になるとコラーゲンの分泌量は減っていき、紫外線を浴びてもそれに対抗するだけの量の生成は難しいとされています。

ちょっとだけ♪のお出掛けの際にも、紫外線対策を忘れてはなりませんね。

乾燥肌

しわの原因となる乾燥肌について
加齢のせい?乾燥のせい?理由はともあれ、肌のお悩みランキングでも上位に位置づけされているのが『シワ』です。

紫外線の影響で真皮の内側にあるコラーゲンが小さく切断されてしまうことで起きる『真皮シワ』だけでなく、皮膚表面の乾燥が原因で発生する『乾燥シワ』も、私たちを悩ませる肌トラブルです。

夏のエアコンや冬の乾燥など、季節に関係なく私たちの肌は乾燥と戦っています。

乾燥肌の種類としては、大まかに区分すると、全体的に乾燥しがちな『乾燥肌』、おでこや鼻のTゾーンは脂っぽいのに目元や頬は乾燥してしまうという『隠れ乾燥肌』の2種があると言われています。

それぞれ細かい対策はあるけれど、共通しているのが『化粧水のつけ方』なんです。

シワ対策=乾燥対策、これは女子の常識ですね。乾燥対策にとクリームや美容液をたっぷり塗ってしまう人が多いようですが、残念ながら、これはあまり効果がありません。

シワ対策に必要なのは、『油分補給』ではなく『水分補給』なのです。

ここでキーになるのが『化粧水のつけ方』。

乾燥状態に慣れてしまった肌は、水分の取り込みが苦手です。

化粧水は一度にバシャバシャとつけるのではなく、少しずつ、数回に分けてつけるようにしましょう。

美容液等のスペシャルケアは、肌の水分がある程度補給されていないと、その効果も半減してしまうのです。

乾燥から生まれる小ジワから皮膚内部への乾燥が進みます。

深いシワになってしまう前に、正しい『水分補給』、毎日の習慣にしたいですね。

活性酸素

しわの原因 しわと活性酸素について
毎日しっかり肌ケアしてるのに、シワが出来ちゃった!なんで?という人も多いかと思います。

シワが出来てしまう原因は、表皮の乾燥のように自分で認識できるものもあります。

これは化粧水をつけたり、すぐに対策がとれますね。

やっかいなのは、『真皮乾燥』なんです。

これは、体の中で活性酸素が増加して起こってしまう乾燥で、シワやたるみの原因になります。

活性酸素は私達が生存する上で必要な要素ですが、増えすぎてしまうと、肌トラブルだけでなく、血行不良等さまざまな弊害を起こします。

例えば、紫外線を浴びてしまった肌の内部では、活性酸素が発生し、お肌プルプル成分のコラーゲンがじわじわと破壊されてしまうのです。

活性酸素が増えすぎると、体の代謝機能も低下してしまうので、血行も悪くなり、シワだけでなく、くすみやたるみも発生しやすくなります。

効果的な対策としては、紫外線対策(日焼け止めを塗る)、ストレスを溜めない、抗酸化食品を摂るようにする等があります。

主な抗酸化食品には、黒ゴマ、緑茶などがありルイボスティーにも優れた抗酸化作用があるとされています。

もちろん、サプリメントで栄養を補給するのもおススメです。

特に肌ケアにおススメなのは、ビタミンCやビタミンEが配合されたマルチビタミンです。

ビタミンには多くの種類がありますが、それぞれのビタミンを単独で摂取するよりも、複数のビタミンを同時に摂取した方が効果が高いのです。

肌だけでなく、体全体の免疫力UPにも効果が期待できます。

健康な体でプルプルお肌を目指しましょう。

老化

しわの原因となる老化について
体重が変わっていないのにおしりの位置が下がってきた、という体型の変化と同様にしわやたるみというのは外見的な老化の象徴だといえます。

『老化』とはなぜ起こってしまうのでしょうか?

年齢を重ねるつれ、ある程度の老化は避けられないとしても、少しでも老化に対抗するためにも、そのメカニズムを理解しておくことは大切なことです。

『老化』は、外見的な衰えだけでなく、体の中でも進んでいます。

言い換えれば、体が酸化してしまうと、老化現象が進行していきます。

一概に酸化=老化ではないのですが、紫外線やストレスなどの要因によって、体の中の細胞が壊れてしまう状態が『体の酸化』です。

私たちの体内の細胞は、通常不飽和という薄い膜が張った状態で存在しています。

しかし、紫外線を浴びすぎたり、お酒の飲み過ぎなど、活性酸素が増え過ぎると、活性酸素は細胞を攻撃し、不飽和を傷つけ壊してしまいます。

この影響は相当なもので、真皮内の細胞が破壊されればコラーゲンの分泌も正常に行われず、肌荒れ、シミ、シワなど肌の老化が進みます。

血管内の細胞が破壊されると、血行不良、動脈硬化、心不全といった生活習慣病の他、活性酸素による攻撃はさまざまながんの発生要因の一つであるとも言われています。

乾燥など外的要因は、化粧品などでケア出来ますが、体内の酸化による老化はビタミンなど抗酸化作用のある栄養素の摂取、ストレスを溜めない、タバコをやめる、などの体のケアが大切なのです。

スポンサーリンク

関連記事

ほうれい線の原因とケアや解消法のご紹介!

ほうれい線はなぜ出来る ほうれい線とは、鼻の両端からくちびるにかけて「ハ」の字に刻まれるシワの

記事を読む

小林製薬のヒフミドエッセンスクリーム

小林製薬のヒフミドエッセンスクリーム、継続して効果を実感!

35歳頃から小じわが気になり始めました。 朝、しっかり化粧をして昼休みに軽く化粧直しをする

記事を読む

ブライトニングフォーミュラの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

人気のシミ取りクリーム【ブライトニングフォーミュラ】とは シミやくすみがなく、いくつになっても

記事を読む

ニベアソフトを使って保湿

ニベアソフトを使って保湿、つぼ押しマッサージでしわ対策!

10代、20代、お肌トラブルとは全く無縁の生活をしてきました。 自分が肌が強い、何もしなく

記事を読む

ほうれい線の原因と改善対策について

しわ改善の13の方法!化粧品、エステ、病院、サプリetc

化粧水 みずみずしい健康的な肌を保つのに毎日のケアはとても重要な役割を果たしています。やさしく

記事を読む

エンビロンのスキンケアセットでのこじわ対策

エンビロンのスキンケアセットでのこじわ対策

年齢48歳、元乾燥肌の女性です。 40代に入った頃から、肌の乾燥と目じりのこじわ・ほうれい

記事を読む

夏本番!肌ケアもこれからが本番

夏本番!肌ケアもこれからが本番!徹底的に紫外線を避けること!

40代女性 肌状態:乾燥気味 4月になって随分と暖かくなってきた。 暖かくなってくる

記事を読む

TreatTreatのピュアスキンオイルでお肌の小じわを改善

30代に入ったばかりなので、まだまだアンチエイジングは意識していなかったのですが最近お肌の乾燥が

記事を読む

首のしわの原因と改善対策について

しわの原因と改善の方法を部位別にご紹介!

おでこのしわ 顔のどこに出来ても気になるのが『しわ』です。中でも気づいた時にはかなり深くなって

記事を読む

ピュアアンドシルクの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

老け顔の最大要因とされるシワ。 中でもシワのできやすい口元は特に年齢が出やすく、鼻の両脇から口

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る


PAGE TOP ↑