*

脂肪吸引は脂肪の量や吸引する場所などで様々な方法があります

公開日: : 脂肪吸引・脂肪溶解

チューメセント法という脂肪吸引の方法について

医療技術が発達した現在では、脂肪吸引の方法にもいくつかの種類があります。
吸引する脂肪の量や吸引する場所などによって向き不向きがあるとされています。
どの方法を選択するかは事前のカウンセリングを通じて担当医師により説明があります。
ここでは、その吸引方法についてご説明したいと思います。
まず最初にあげられるのがチューメセント法と呼ばれる手術方法です。
この方法は、現在のところ最も確実で安全な脂肪吸引手術として、日本では広く利用されています。
開発されたのは1990年のことですが、この方法が確立される以前の吸引手術は手術時の出血量がとても多く、輸血が必要になることも珍しくなかったようです。
しかしチューメセント法が確立されてからは輸血が必要となる程の出血が起こることはかなり減りました。
チューメセント法この方法は出血,腫れ等の術後に起きる合併症が軽減できる効果があることも特徴の一つです。
やり方としては、脂肪を吸入する際には、吸引口にスキンプロテクターという傷痕保護器具を併用することで、術後の傷痕を目立たなくします。
吸引はカニューレという2~4mmのストローのような吸引管を使用しますが、吸入前に止血や麻酔効果のある薬剤を大量の食塩水で希釈した溶液を脂肪細胞がふやけて軟らかくなるまで注入します。
吸引前の段階で脂肪を軟らかく吸引されやすい状態にしておく為、吸引の際に無理な力を入れることなく

よりスムーズな作業が可能となったのです。

シリンジ法という脂肪吸引の方法について

脂肪吸引の方法としてまず頭に浮かぶのが機械を使って吸い出す方法だと思います。
テレビでご覧になったことがある人も多いかと思いますが、掃除機で吸い込むかのように脂肪が驚くほどの速さで吸い出されていきます。
どんなに苦労しても減らなかった脂肪がずずーっと吸い出されるなんて憧れてしまいがちですが、機械を使った方法は、細かい調節がし辛いという一面もあります。
少しだけ痩せたい、バランスを整えたい、という吸引量があまり多くない場合や、顔など細かいアレンジが必要とされる箇所の吸引には『シリンジ脂肪吸引』という方法が使われることがあります。
シリンジとは注射という意味で、文字通り注射を使って手動で脂肪を吸引します。
医師の手によって行いますので、状態を見ながら吸引出来るのが大きな特徴です。
わずか10ccの小さな注射器の陰圧力だけを使用して吸引するため、吸引箇所へのダメージが少ないのも大きなメリットです。
機械での吸引の際には出血があったり、手術を受けた後にも手術痕がしばらく残るケースがありますが、シリンジ吸引だと、皮膚はもちろん、皮下組織や神経、血管をを傷つけることなくに脂肪吸引が可能ですので、内出血も少なく、手術後の回復も早くなります。
スピードと吸引量を重視すると、やはり機械での吸引が魅力的に思えてしまいますが、回復までのリハビリ期間があまり長く取れない方や、体に負担をかけずに吸引したいという方に向いている方法だとされています。

浅層脂肪吸引法という脂肪吸引の方法について

脂肪吸引の方法にはさまざまな方法があります。
一般的には機械を使って吸い出す『チューメセント法』、顔など繊細な場所や細かい調整を要する際に効果的な『シリンジ法』などが広く知られています。
しかし、脂肪吸引には手術後に皮膚がたるんでしまうという事が頻繁に起こっていました。
その為、脂肪吸引の手術後に、たるみを解消するための別の手術が必要とされるケースも多く、時間だけでなく、費用が掛かってしまうことも大きな悩みだったのです。
しかし、1991年にイタリアで開発された『浅層脂肪吸引法』は、この脂肪吸引手術後の皮膚のたるみを大幅に抑えた手術方法として注目を集めています。
これまでの吸引法では、皮下脂肪の深い層にある脂肪を吸引していたため、皮膚の重さによって生じる手術後のたるみは避けられないものでした。
しかし、『浅層脂肪吸引法』では、皮下脂肪の浅い層にある脂肪を対象として吸引するので、術後のたるみが起こりにくくなるのです。
『浅層脂肪吸引法』の目的の一つに、浅層組織の刺激が挙げられます。
この方法では、浅層の脂肪を吸引すると同時に、浅層にある組織を刺激します。
これにより、手術後の皮膚はつっぱったような状態になります。
転んで怪我をした時に治るまでの過程で皮膚がつっぱるのと同じような状態です。
悩みの種であったたるみを抑えられるという点では非常に魅力的ですが、この手術では高い技術が必要とされます。
未熟な技術のまま、不均一な吸引が行われてしまうと皮膚表面に凹凸が生じやすくなってしまうのです。
従来の方法でたるみが起きやすいといわれていたお腹や臀部の吸引に向いているとされる手術方法ですが、手術を受ける際には熟練した医師に担当してもらうことが必須条件です。

超音波脂肪吸引法という脂肪吸引の方法について

脂肪吸引の手術方法には、超音波を使用する方法もあります。
“吸い出す”という面では他の方法と同じですが、超音波を使用した吸引法では他の利点があります。
『超音波脂肪吸引法』は基本的にはチューメセント法と同じです。
まず、事前に溶剤で吸引対象の脂肪を柔らかくしておきます。
チューメセント法では、その後は吸引するだけですが、超音波脂肪吸引方では、吸引機から超音波を出しカニューレを振動させ、溶液でふやけた脂肪をより軟らかくして吸引します。
この超音波脂肪吸引法には、体内式と体外式の2種類があります。

体内式はテフロンで覆われたカニューレを使い、カニューレ自体が超音波を発し、脂肪細胞を破砕しながら吸引していくという方法です。

この方法だと、手術中だけでなく手術後の痛みや腫れ、出血が少なく、ムラなく吸引出来るといメリットがあります。
しかし、カニューレの直径が太くなってしまい手術時間が長くなってしまうというデメリットもあります。
体外式は、チューメセント法で麻酔液などの溶液を注入後に、超音波発生器を吸入部位に当てて温かくし、機械での吸入を開始する前に脂肪細胞を分離軟化させておく方法です。
分離軟化された後の脂肪は従来の方法で吸引します。
体内式同様に手術中、手術後の痛みや出血なども少なく、ムラのない吸引が可能なこと、さらに、吸引した脂肪を胸などに注入して再利用出来るという利点があります。
しかし、脂肪を分離軟化させる際に熱を加えるため、表皮が熱傷しやすい可能性がある点は注意が必要です。

ハイパーインフレート法という脂肪吸引の方法について

チューメセント法が開発されるまでの脂肪吸引の手術は、痛みや大量の出血を伴うことが多いものでした。
1990年にチューメント法が開発され、吸入する前に脂肪をある程度柔らかくすることで出血の軽減はもちろん、手術による体へのダメージも大幅に減らすことに成功しました。
このチューメセント法を更に進化させたものが、『ハイパーインフレート法』です。
『ハイパーインフレート法』の最大の特徴は、 従来難しかった浅層や中間層への麻酔が可能になったということです。

方法としては、脂肪を吸引する前に麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入します。
事前に脂肪を柔らかくしておくことで、吸入時のカニューレの操作をよりスムーズに行うことが出来ます。
ハイパーインフレート法とチューメセント法の大きな違いは、チューメセント法では不可能とされていた表面や中間層への麻酔の注射が可能になったことでしょう。
この箇所へ麻酔が出来るようになったことの功績は大きく、痛みの軽減、及び、出血量もかなり減らすことに成功したといわれています。
内臓の手術や怪我などの手術とは種類が違うものの、体に負担を与えることに変わりはありません。
不要な存在の脂肪であっても、人工的に取り除くのですから、術後にはリハビリの期間が必要なことも忘れてはなりません。
手術を受ける際には、体質や体に与える影響を十分に考慮し、担当医師と十分話し合って安全な方法を選択したいものです。

PAL法という脂肪吸引の方法について

脂肪吸引の方法はさまざまな段階を経て進化し続けています。
出血や腫れなどの大幅な軽減に成功したチューメセント法を進化させ、表面層や中間層への麻酔を可能にしたのがハイパーインフレート法です。
更にそのハイパーインフレート法にPALシステムによる「人の手では成しえない細かいカニューレの動き」が加わるまでに進化しました。
PAL(Power Assisted Liposuction)は、パワー脂肪吸引法とも呼ばれ、カニューレ部分を毎分4000回程度の高速反復させながら脂肪を吸引していきます。
他の方法でも、手術前に溶剤で脂肪をやわらかくしますが、PALでは手術中にも振動が加わることで更に吸引しやすくなります。
また、カニューレ部分を回転させながら吸い取るので、時間を掛けない吸引が可能になりました。
PALの利点は吸引後の脂肪を豊胸手術など、他の部位へリサイクルできることが挙げられます。
PALで吸引された脂肪は乳化(破壊)されていない為、脂肪の鮮度が高いこと、短時間で大量に吸引できることで他部位への使用が可能になりました。
また、表皮の損傷が少ないことも大きなメリットのひとつです。
時間が短縮することで、体への負担も少なくなり、リハビリ期間が2週間程度で済む場合もあります。
しかし、PAL法は、高速に回転するカニューレを操る為、特に熟練した技術が必要だとされています。
手術を受ける際には、十分な手術例をもつ経験豊かな医師選びが大切です。

クリスクロス法という脂肪吸引の方法について

日々進化を遂げる脂肪吸引の手術方法ですが、どうしても避けられない問題があります。
脂肪吸引の方法としては、器械で吸引する、注射器で吸引する等の方法が一般的ですが、いずれにしても手術後の肌の凸凹や皮膚のたるみという症状が多くあります。
もともとあった脂肪の量に合っていた皮膚なので、吸い取ってしまうのは仕方がないのですが、美容の為に吸引手術を受ける人が多い分、外見的に分かってしまう問題はとても重要なのです。
この問題を解決すべく開発されたのが『クリスクロス法』です。
カニューレを使用して脂肪を吸引するという方法は、他の手術法にも共通します。
クリスクロス法と他の方法の違いは、カニューレを1箇所ではなく複数の場所から挿入し、吸引していくということです。
複数のカニューレを使用し、クロスさせるように吸引を進めていきます。
1箇所からだと大変だから複数から。。。というわけですが、複数のカニューレを使用することでムラなく吸引することが出来、手術後の皮膚の凸凹もかなり抑えることに成功したのです。
手術後の皮膚のたるみは軽減されるものの、複数個所から挿入しなければならないので、それだけ傷をつける場所が増えることになります。
せっかく凸凹を抑えるのに成功したのに、傷が目立ってしまっては元も子もありません。
その対策として、手術の際には、スキンプロテクターを使用して、カニューレの振動により発生する摩擦熱から肌を保護するなどの方法がとられています。

カニューレ法という脂肪吸引の方法について

脂肪というのは気づいた時にはついてしまっているものです。
体重には変化がなくても、年齢の経過とともに体の中の筋肉が脂肪に変わりたるんでしまうこともあります。
また、年をとると、脂肪がつく場所が変わっていきます。
腹筋を使う機会がどんどん減るので、お腹周りには燃焼されない脂肪が溜まっていきます。
こうなってしまうと、自己流の対処法ではなかなか解消できません。
他にも、顔のたるみや脂肪など、素人のケアでは限界がある場所は多々あります。
その解消法のひとつとして選択肢に上がる方法のひとつが脂肪吸引です。
代表的なものとしては、『カニューレ法』があります。
これは、カニューレという管を使って脂肪を吸い出すという方法です。
カニューレの先端は複数の穴が開いていて、そこから出す超音波振動により脂肪の細胞膜を壊します。
脂肪を吸い取りやすい液状に近い状態にしながら、カニューレを前後に動かしてまんべんなく脂肪を吸引していくのです。
管の太さは数種類あり、吸引する場所や脂肪の量によって使い分けられます。
以前のカニューレ法では、超音波振動を出す際に発する熱で吸入口付近の皮膚が火傷したり、吸入口が広くなってしまう等の症状が多くありました。
しかし、現在ではスキンプロテクター等の保護器具を使用しながら手術を進めますので、手術後の傷あとが目立つことはかなり少なくなりました。
カニューレの手術の際の多くは局部麻酔を使用しますが、本人の希望や医師の判断により全身麻酔をする場合もあります。

ライポマティック法という脂肪吸引の方法について

これまで、さまざまな脂肪吸引の方法をご紹介してきましたが、最後にご紹介するのは『ライポマティック法』という方法です。
これは美容整形大国ともいわれている韓国で開発された方法で、世界的には主流となっている方法ですが、日本ではまだ扱っている施設は少ないのが現状です。
『ライポマティック法』も、カニューレという脂肪吸引専用の管を使用して脂肪を吸い出していきます。
管の太さが豊富なのも特徴で、太さは1.4mm~3.5mm、5mmの管もあり、全部で50種類以上もあります。
手術前には特別な溶剤で脂肪を柔らかくして、吸引しやすいような状態にしておきます。
その後、皮膚を切開した箇所からカニューレを挿入します。
吸入中は脂肪吸引機のライポマティックで先端を振動させながら脂肪を吸い出すので効率よく吸引できるといわれています。
また、ライボマティックの特徴は血管や神経を傷つけるリスクが少ないということもあります。
この為、一度に吸引できる脂肪の量が多いこと、更には手術後の体の回復が早いことも注目されています。
以前は、吸入口の損傷や広がりによる傷跡が問題とされていました。
しかし、現在ではカニューレを使用するほとんどの手術でスキンプロテクター等の保護器具を装着して、皮膚を守りながら手術をすること、事前のカウンセリング時にしわなどの場所を把握し、目立たない箇所から挿入する、などの対策がとられていますので、手術の跡に傷跡が目立つということはかなり減っています。

スポンサーリンク

関連記事

脂肪溶解注射の色々な施術方の特徴や注意点のまとめ

ノーニードルメソセラピーとは 『ノーニードルメソセラピー』とは、「エレクトロポーション」と呼ば

記事を読む

脂肪吸引は究極のダイエット方法か?効果やメリット・デメリットは?

脂肪吸引とは? 脂肪吸引とは美容外科手術の一種で、一般的には、腹部、太もも、おしり、首、あご、

記事を読む

脂肪溶解注射とは・・・脂肪溶解注射のメリット、デメリットなどのまとめ

脂肪溶解注射とは 『脂肪溶解注射』とは、フォスファチジルコリン(Posphatidylchol

記事を読む

脂肪吸引の術後のトラブルとアフターケア。痛み・内出血・腫れ・凸凹・かゆみetc.

脂肪吸引の術後の痛み・内出血・腫れ・むくみについて 技術や機械の発達によって、脂肪吸引後のトラ

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る

PAGE TOP ↑