*

脂肪吸引の術後のトラブルとアフターケア。痛み・内出血・腫れ・凸凹・かゆみetc.

公開日: : 脂肪吸引・脂肪溶解

脂肪吸引の術後の痛み・内出血・腫れ・むくみについて

技術や機械の発達によって、脂肪吸引後のトラブルは非常に少ないものです。
しかし、麻酔を使用して行う手術ですし、体が慣れるまでにはトラブルが、発生することもあります。
皮下脂肪を除去する為、内出血が起こることもあります。
施術後には、スタッフによるマッサージも行われますが、腫れやむくみに悩む人もいるようです。
傷の痛みが長く続くケースは少なく、通常数日から1か月程度で解消されますが、それ以上長期に痛みが続く場合は、吸引中に筋肉や他の器官を損傷した疑いがあります。
その場合、施術された病院に確認をとりましょう。
日数が長期化する場合だけでなく、痛みが増していると感じた時にも担当医師へ相談することが大切です。
内出血は時間経過とともに引き、2週間程度で解消されるそうです。
外見的にも分かりやすいので、不安を感じる人も多いそうです。
しかし、心配しすぎて、必要以上にマッサージすることは絶対禁物です。
マッサージをし過ぎると、周囲に広かったりしますので注意しましょう。
腫れ・むくみも1週間から一家ヶ月程度で消える一過性のものです。
冷え症でむくみやすい人は長くなる傾向がありますので、マッサージをして血行を良くするなど積極的にむくみを抑えるようケアすることが必要です。
腫れもむくみも、手術後に異常を感じた体内の機能が傷口を修復しようとする通常の経過ですから、さほど心配はいりません。
リハビリ期間だと思って、焦らずに体調が戻るのを待ちましょう。

脂肪吸引の術後のしびれ・硬縮・たるみ・でこぼこについて

脂肪吸引をした後の悩みとしては、しびれや硬縮、セルライトのような凸凹も挙げられます。
しびれの原因の一つは、施術中に長時間同じ姿勢でいたため、荷重のかかる側の神経が圧迫されてしびれが起きます。
長時間正座した時に足がしびれてしまうように、立って歩けばすんなりと解消!とはいきませんが、2~3日で消えます。
神経が圧迫されることから起きるしびれは、術後にされたテーピングがきつすぎる場合が多いです。
この為、テーピングを緩めれば簡単に解消します。
しかし、テーピングを緩める等の対策を施しても1週間以上しびれが解消されない時は、手術中に神経を損傷してしまった場合が考えられます。
病院に相談すれば早期の回復を目指してビタミン剤を処方してくれます。
しびれが続くなと感じたら、早いうちに医師に相談しましょう。
硬縮とは、吸引でなくなった皮下層の脂肪部分を回復しようとする働きの中で、一時的に皮膚の表面が凸凹になって硬くなるという状態です。
手術を受けた後、約1週間程で起きます。
そのまま放置すると硬さや凸凹が残ってしまうので、硬さがとれるまでは丁寧にマッサージをしましょう。
脂肪を吸い取ってしまうのですから、吸引後はスッキリ引き締まるというイメージがありますが、意外にも、たるみも手術後の悩みとしては多いようです。
手術後から1カ月までは圧迫サポーターを着用しているのでそれほど目立ちませんが、サポーターを外した後は目につきやすくこの時点で施術を後悔する人もいるようです。
また、年齢や吸引量によってどうしても避けられないのがたるみです。
経験豊富な高い技術を持つ施術医は、術後の経過をある程度予測出来ますので、事前に必ず説明があります。
凸凹の原因が硬縮の場合、時間経過とともに解消します。
最近の吸引機の進化は素晴らしく、以前のように脂肪の取り残しによる凸凹はほとんど見られません。

脂肪吸引の術後のかゆみ・色素沈着・傷跡について

脂肪吸引の際には吸引機で肌に傷をつけてしまうので、手術後にはかゆみや色素沈着、傷跡が残る場合もあります。
新陳代謝が活発な若い年齢であれば、長くは続かないのでさほど気にすることもないようですが、若くても代謝機能が衰えていたり、体質によっては、手術痕が気になる状態がしばらく続きます。
かゆみでも人体の自然治癒機能が原因のものは対処のしようがなく、じっと我慢すしかないのが現状です。
脂肪吸引施術といえども外科手術ですから、体内や傷口にはそれなりの炎症を起こします。
それを治癒しようと体内機能が頑張りかゆみを起こすのです。
発生後、約1週間から10日で治まりますので、かきむしったりせず、じっと我慢しましょう。
色素沈着もやはり避けては通れない症状の一つです。
手術後の皮膚はむくみ、普段より敏感になって炎症を起こしやすくなっています。
肌というのは、一度炎症を起こすと赤みがなくなった後、皮膚が茶色くなります。
転んだりして怪我をした後に出来るかさぶたもその現象の一種ですね。
かさぶたとまではいかなくとも、吸引器具を注入した箇所が茶色に変色したままの状態が続きます。
もちろん、やがては消えるものですが、体質により長期間残る場合もあります。
色素沈着は紫外線でも加速してしまうので、手術後しばらくの間は、注入箇所を直射日光に当てないように気を付けてください。
事前に、病院から美白剤が処方されている場合も多く、処方されていなかったとしても、術後に医師に相談すれば対処してもらえますので、あまりにも長く続いたり、茶色い色が気になるという場合には相談してみましょう。
脂肪吸引後の傷口の抜糸後はテーピングをします。
傷口の周りの皮膚はまだ柔らかく、テーピングで保護することで盛り上がらず、半年から1年で目立たないようになります。

『サーマルシェイプについて』

脂肪吸引手術ではカニューレを使用して脂肪を吸い出すという方法が一般的です。
高周波を利用して脂肪を柔らかくしたり、複数のカニューレを使用してまんべんなく吸引できるよう工夫したり等多くの対策がとられてきました。
しかし、手術後の皮膚はどうしてもつっぱり感が取れなかったり筋肉痛のような痛みが続く場合もあります。
そのような症状が出たときにおススメの手術後のケア方法のひとつが『サーマルシェイプ法』です。
サーマルシェイプ法は、RF(高周波)を肌にあてることにより、高周波の熱エネルギーの作用で皮下脂肪層のリンパや血液の流れを活発にします。
代謝機能をを高めることで、脂肪の燃焼が促進され、皮膚のコラーゲン量も増えることにより、肌の状態を正常にすることが出来るのです。
脂肪吸引のアフターケアとして利用する際には、抜糸を終えた後、1週間に1回の頻度で3回以上の施術が効果的だとされています。

『インディバについて』

『インディバ』では、マッサージによりリンパの流れを整え、体を正常な状態に保つ効果があります。
この為、脂肪吸引後の肌のたるみや凸凹解消にも優れた効果があるといわれています。
脂肪吸引後のアフターケアとして利用する場合は、手術後2週間程度は日数をおいてから利用したほうが良いです。
特別な薬剤を使ったりすることもなく、自分自身が本来持っている体の機能を目覚めさせることで、自身の回復を目指しますので、とても安心して受けられるのも人気の理由です。
実際に吸引した施設で施術することがベストですが、それ以外の施設でケアしてもらう際には、事前に脂肪吸引を受けていること、手術後の経過期間などを伝えておくようにしましょう。

『スマートリポについて』

脂肪吸引後には、皮膚のたるみや肌の凸凹など思いもかけない症状に悩まされることがあります。
事前に説明を受けていて、納得した上で手術を受けていても実際に起こってみると悲しくなってしまいます。
以前は無理な再手術をしてしまう例もあったようですが、現在では危険な方法が取られることはありません。
手術直後はもちろん、リバースタイムと呼ばれる回復期間の間は、腫れやむくみ、かゆみ等の症状が出ることはある程度仕方のないことです。
しかし、回復期間を過ぎても前述のトラブルが解消しない場合には、次のケア方法について相談することをおすすめします。
アフターケアの方法は症状によって多種多様に存在します。
今回は、肌の凸凹へのアフターケアにおススメの施術方法をご紹介します。
『スマートリボ』は、YAGレーザーを使って脂肪を溶解させる方法です。
直径1mmに満たないほど細いレーザーカミューレを使用して、目的の箇所に照射します。
レーザーの熱により脂肪細胞の膜をやぶり脂肪をオイル状に溶解しますが、解けた脂肪は数ヶ月かけて体外に排出されてしまいます。
レーザー照射時には毛細血管からの出血も止めてしまうので、内出血や腫れが少ないことも特徴です。
カミューレも細く体に与える負担が少ないことから、吸引のムラによる凸凹の解消にも使用されることがあります。
プチ・ダイエットにも使用される痩身方法の一種ですので、施術を受ける際には、担当医師に脂肪吸引をしていること等を明確に伝えることが大切です。

『エンダーモロジーについて』

ダイエット目的の脂肪吸引とはいっても、局部麻酔や時には全身麻酔を施す手術です。
事前には詳しいカウンセリングを受け、納得して手術を受けたものの、予想外の症状が出てしまうこともあります。
長らくそこに存在していた脂肪を吸い出したのですから、皮膚だって驚いているはずです。
腫れや筋肉痛に似た痛みは回復期間を過ぎることには消えてしまいます。
しかし吸引ムラなどの技術不足が原因の一つに考えられる症状については、アフターケアを考えねばなりません。
アフターケアの方法にもさまざまな種類がありますが、セルライト状に凸凹した肌を改善するには『エンダーモロジー』という方法があります。
これはセルライトを分解する効果のある機器をしようしてボディラインを整えるという方法です。
エンダーモロジーのマッサージ効果により、体に溜まった老廃物や肥大したセルライトの分解し、たるんだラインを整えます。
リンパの流れが正常化されることで、代謝機能も向上して肌のハリやツヤが戻る効果があります。
手術後のトラブルが起こらないことが一番ですが、脂肪吸引を受ける際には、アフターケアの設備も整っているかも確認しておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

脂肪吸引は究極のダイエット方法か?効果やメリット・デメリットは?

脂肪吸引とは? 脂肪吸引とは美容外科手術の一種で、一般的には、腹部、太もも、おしり、首、あご、

記事を読む

脂肪溶解注射の色々な施術方の特徴や注意点のまとめ

ノーニードルメソセラピーとは 『ノーニードルメソセラピー』とは、「エレクトロポーション」と呼ば

記事を読む

脂肪吸引は脂肪の量や吸引する場所などで様々な方法があります

チューメセント法という脂肪吸引の方法について 医療技術が発達した現在では、脂肪吸引の方法にもい

記事を読む

脂肪溶解注射とは・・・脂肪溶解注射のメリット、デメリットなどのまとめ

脂肪溶解注射とは 『脂肪溶解注射』とは、フォスファチジルコリン(Posphatidylchol

記事を読む

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

防風通聖散でダイエット!効果・飲み方・注意点

防風通聖散でダイエット 年齢とともに溜まっていく脂肪を落とすって

酵素ダイエットで必ず痩せるヒミツとタイプ別酵素ダイエットの方法

今度こそ、絶対にダイエットを成功させたい!と本気で思うなら、酵

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

→もっと見る

PAGE TOP ↑