*

セルライト除去や解消のカギは、原因の解消・軽減にあり!

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 セルライト , , , , ,

『セルライトの原因や除去の方法』について

こちらでは、女性が気になるセルライトについての情報を集めたものです。
セルライトについての基礎知識や、その原因、さらにはセルライトの種類や具体的な対策方法など、様々な角度からセルライトを除去
するためのポイントをまとめていますので、ぜひご活用下さい。
セルライト除去には、時間が必要な場合もありますが、じっくりと取り組めば確実に対処できるものです。
ぜひ参考にして、気になるセルライトを解消して下さい。

セルライトとは

セルライトとは

セルライトって、よく聞く言葉ですが、具体的にどんな意味かご存知ですか?

一言でいえば、「脂肪の塊」のことで、フランス語の「cellulite」が由来となっているそうです。

セルライトができる原因は、血行不良で皮膚の下にある脂肪細胞の代謝が衰えてしまうことです。

そのために脂肪細胞が肥大化して、脂肪同士や老廃物と絡み合ってしまいます。

これがセルライトなんですね。

症状が悪化してしまうと、肌の表面がオレンジの皮のように見えるため、オレンジピールスキンと呼ばれることもあるようです。

また、一般的にはセルライトができると、肌が凸凹になるという風に思われていますが、これもかなり症状が進行してからのこと。

ですから、肌がデコボコではなくても、セルライトができてしまっていることも少なくありません。

また、セルライトは脂肪であることは確かなのですが、老廃物と絡み合っているため、普通のダイエットでは解消できず、セルライト除去のための対策が必要となることも特徴の一つです。

特に、太ももやふくらはぎ、お尻、お腹、二の腕などが、セルライトのつきやすい場所と言われています。

また、最近では顔にできるセルライトも話題になっているようです。

セルライトのタイプ「線維化型」や「筋肉質型」について

セルライトのタイプ「線維化型」や「筋肉質型」について

セルライトのタイプとしては、全体の約10%という少数派が「線維化型」のセルライトです。

これは、皮膚表面に凸凹が現れ、オレンジの皮のように見えるオレンジピールスキンが目立つという特徴を持っています。

この線維化型セルライトは、脂肪型やむくみ型のセルライトを長く放置したためになってしまうことが多いようです。

肥大化した脂肪細胞に、コラーゲンが線維状に絡み合って、ガチガチに固まってしまっている状態で、簡単に除去することができません。

そのため、線維型セルライトになると、エステや医療機関で処置をしてもらう必要があります。

また、全体の約5%とさらに少数派の「筋肉質型」セルライトもあります。

これは、過去に運動をしていた人が運動不足で筋力が衰えてしまい、その結果セルライトができてしまうというものです。

この筋肉質方セルライトは、とても固く、非常に落としにくいといわれています。

そのため、エステや医療機関でセルライト除去をしなければ、自分で解消することはできないでしょう。

また、治療だけでなく運動やマッサージを根気強く続けることも必要になってきます。

とはいえ、改善できないわけではありませんから、あきらめずに治療やケアを続けることが大切です。

セルライトのタイプ「脂肪型」や「むくみ型」について

セルライトのタイプ「脂肪型」や「むくみ型」について

セルライトも、いくつかのタイプに分けることができます。

1つ目が、「脂肪型」です。

これは、セルライトの中でも一番多く、約半数の人が脂肪型だといわれています。

特徴は、脂肪が蓄積して肥大化している状態で、まだガチガチには固まっていないということ。

そのため、比較的落としやすく、新陳代謝を上げて脂肪を燃焼させる通常のダイエットでも、効果が期待できると言われています。

また、脂肪型の次に多いと言われているのが「むくみ型」のセルライトです。

これは、冷え性やむくみが原因となっているもので、全身の循環が悪いことが原因で引き起こされています。

つまり、循環を良くして新陳代謝を活性化させれば解消することができるということです。

水分が多い状態ですので、お風呂にゆっくり使って汗をかいたり、珈琲や紅茶などの利尿作用のあるものを飲むのも効果的といえるでしょう。

また、脂肪型とむくみ型のどちらも、適度な運動は効果的です。

そして、この2つは比較的解消しやすいセルライトといわれていますから、なるべく早い時期に対処しておくといいでしょう。

セルライトが出来やすい部位について

セルライトが出来やすい部位について

セルライトが特に出来やすいのは、下半身だといわれています。

具体的には、太ももやお尻、ふくらはぎ、足首、ひざ周りなどですね。

また、上半身では、二の腕や首の後ろ、お腹の辺りと言われています。

これらの部分に共通しているのは、血行が悪くなりやすいところだということでしょう。

特に、下半身の場合は冷え性で血行の悪さを実感している人も少なくないと思います。

ですから、対策としてはなるべく血行を良くするということになるのですが、そのための効果的な方法は、適度な運動を取り入れるということになるでしょう。

といっても、あまり過激な運動をする必要はなく、軽いウォーキングなど、比較的始めやすいものからやってみると良いと思います。

特に、セルライトは下半身にできやすいのですから、歩くことで足を動かすのは理に適っていますよね。

それに歩くことで全身の血行を良くすることができますので、他の部分のセルライトの除去や予防にも効果が期待できると思います。

ただし、急にやってすぐに効果が出るというものではありませんから、継続することが大切です。

そのためにも、無理をせず続けやすい範囲の軽い運動から始めていくほうがいいでしょう。

もし、ウォーキングなども億劫だというのなら、普段の家事などで多めに体を動かすというだけでも、いいかも知れませんよ。

セルライトの原因の筆頭にあげられるのが血行不良でしょう

セルライトの原因の一つ血行不良について

セルライトができる原因は、いくつか考えられますが、まず筆頭にあげられるのが血行不良でしょう。

また、それに関連してリンパの流れが悪くなることも影響しています。

セルライト自体は、毛細血管から排出された老廃物と、血管周辺の脂肪細胞が凝り固まることで生成されています。

そして、脂肪細胞が肥大化してしまい、結構やリンパの流れなどの循環が悪くなることで、さらに脂肪細胞の肥大化が進み、老廃物も取り込みやすくなるという悪循環にハマってしまうのです。

ですから、血行不良がセルライトの直接的な原因と言えるようです。

また、運動不足や水分不足なども血行不良を起こしますから、間接的にセルライトの原因ということができます。

血行不良に関連して、冷え性などの体質やむくみもセルライトにつながりやすいといえるかも知れません。

セルライトができやすいのは、お尻や太もも、ふくらはぎといった下半身ですが、それは下半身のほうが血行やリンパの流れが悪くなりやすいことによるのでしょう。

ですから、日頃から適度な運動をし、水分を十分に摂取して血行不良やリンパの流れを改善することを意識して下さい。

また、リンパマッサージなども効果的だと思います。

いずれにしても、体内の循環を良くすることは健康にとって大切なことですので、常に意識しておくことがプラスになることは、間違いないといえるでしょう。

リンパの流れは、血行不良と同じくらいセルライト\大きな原因となります

セルライトとリンパの関係について

セルライトの大きな原因として血行不良が挙げられますが、それと同じくらい大きな原因となるのが、リンパの流れです。

リンパ液は、老廃物を流すために重要な役割を持っているのですが、血液のように心臓の働きで流れることはできません。

そのために、適度なストレッチや運動、それにマッサージなどで絶えずリンパ液を流してあげるように意識して下さい。

リンパ液がスムーズに流れている状態なら、体内の老廃物を回収して腎臓に送り、排出されるため、脂肪細胞と結びつきにくくなって、セルライトとは縁のない体になります。

逆に、リンパの流れが悪くなる原因としては、運動不足や腰痛、肩こり、冷え症、筋肉の衰えといったものから、妊娠や更年期などでの女性ホルモンのバランスの乱れなど、様々なものが考えられます。

これらを避けるためには、やはり日常の適度な運動が効果的ですので、ぜひ取り入れるようにしてみて下さい。

あまり大げさに考えずに、少し歩く量を増やすなどの簡単なもので構いません。

やりやすいものを続けるようにするといいでしょう。

また、入浴後などに太股の付け根や脇の下などのリンパマッサージをするのも効果的です。

マッサージをする時は、皮膚を撫でるように優しく行なってあげて下さい。

強くやり過ぎると、リンパ管を痛めてしまう可能性がありますから、くれぐれも注意が必要です。

軽く撫でるだけでも、セルライトの除去には十分な効果が期待できます。

むくみも、セルライトの原因として挙げられるものの一つです

セルライトとむくみの関係について

むくみも、セルライトの原因として挙げられるものの一つです。

むくみ自体は、体の水分量が増えてしまった状態のこと。

長時間同じ姿勢を続けていたり、立ち仕事や体の冷えなどによって血行不良が起こり、そのため血液中の水分が血管やリンパ管の外側に出て、皮膚の下に溜まってしまうのです。

そして、このむくみがさらに血液の流れを低下させ、老廃物が脂肪細胞と結びついてしまうことでセルライトができてしまいます。

ですから、セルライトを改善するためには、むくみをなくすことが大きなポイントとなります。

具体的には、長時間同じ姿勢を取らずに、適度に運動することや、下着などで過度に体を絞めつけないようにすることなどが必要です。

また、入浴はシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にゆっくりと浸かるほうがいいでしょう。

特に、適度な運動は大切です。

運動をしなくなると筋肉が退化してしまい、それによってさらに血流も悪くなってしまうものです。

そうなると、どんどんむくみや冷え性を起こすなどの悪循環に陥りますので、十分に注意して下さい。

運動することで、脂肪細胞の肥大も防ぎやすくなりますから、日常の中に無理なく取り入れていくことが大切といえるでしょう。

セルライト対策をするためには脂肪細胞について知ることが必要不可欠

セルライトの原因の一つ脂肪細胞について

セルライトは脂肪の塊ですから、セルライト対策をするためには脂肪細胞について知ることが必要不可欠と言えます。

では、その脂肪細胞とはどのようなものなのでしょうか。

一言でまとめれば、脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞のことです。

元々、人間が生きていくために脂肪は必要なものですので、決して脂肪細胞自体が悪いわけではないのですが、脂肪の蓄積量が一定量を超えると、体脂肪率が上昇して、いわゆる肥満になってしまいます。

すると、セルライトもできやすくなるのですね。

脂肪細胞は、思春期までに大量に増えると言われていますが、それ以降も増殖し続けるという性質を持っています。

それに、大人になるほど運動量も減りやすいですから、さらに脂肪がたまりやすい条件が揃っているとも言えますね。

脂肪細胞の性質として、一旦増えてしまうと細胞の数自体は変わりません。

ですから、ダイエットなどで痩せたとしても、脂肪細胞のサイズが小さくなっただけですから、注意しないといつでも戻る可能性があるわけです。

そのためセルライト対策も、常に意識しておくことが必要となります。

基本的には、暴飲暴食を避け、適度な運動を心がけるなど、節度のある生活習慣を持つことが大切です。

セルライトの原因になる老廃物とコラーゲン

セルライトの原因の一つ老廃物とコラーゲンについて

セルライトができる原因として、老廃物も挙げられます。

老廃物は、エネルギー代謝で生じる、栄養分のあまりやエネルギーの燃えかすなど、不要な物質のことですね。

これらの老廃物は、血液やリンパ液で腎臓や肝臓に運ばれ、その後排泄されてしまうのですが、何らかの理由でこの働きがうまくいかずに体内に蓄積されてしまうと、セルライトの原因となってしまいます。

それを避けるためには、適度な運動をしたり水分を十分に摂取するなど、体内の循環を良くすることが必要となります。

また、コラーゲンも、セルライトの原因となるようです。

元々コラーゲンは、肌や骨、靭帯、軟骨などに存在して弾力を保ち、新陳代謝を促進させる働きを持っています。

そして脂肪は、網の目のようなコラーゲンに支えられているのです。

ところが、血行が悪くなることで、余分な脂肪が蓄積し肥大化してしまうと、そのコラーゲンが破壊されてしまいます。

するとコラーゲンの支えを失った細胞は更に肥大化してセルライトの元を作りだしてしまうのです。

ただし、コラーゲンを摂り過ぎたからセルライトになるというものではなく、そもそもの原因は血行不良の方ですから、美肌などの目的でコラーゲンを摂取することを控える必要はありません。

むしろ、コラーゲンには、新陳代謝を促進させる働きもありますから、積極的に摂っても問題はないといわれています。

スポンサーリンク

関連記事

セルライトとは

セルライト除去の為の10の方法をまとめました

ストレッチ ストレッチでセルライトを除去する方法をご紹介しましょう。 まず、脚を伸ばして

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る

PAGE TOP ↑