*

お肌の為におススメの食べ物:抹茶

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 お肌の為におススメの食べ物


抹茶は茶道に用いられ、普通の生活ではなかなか飲む機会が少ないように思われますが、アイスクリームやケーキなどにも使われ、だんだんと一般的に使用される食材の一つになってきました。

粉末状なので加工しやすく、肌に良い成分を豊富に含んでいます。

ここでは、抹茶の持つ美肌効果について説明していきます。

抹茶とは

日光を遮り栽培され、手摘みで摘み取った茶葉を蒸して酸化を止め、風で吹き上げながら冷却と蒸し露の除去を行い、高温で乾燥させた碾茶を石うすでひき、粉末状にしたものをいいます。

玉露も同じように日光を遮った状態で栽培された茶葉から作られますが、生葉を手もみすることが碾茶との作り方の大きな違いです。

抹茶の美肌効果

抹茶が通常の緑茶ともっとも違うところは、粉末状にした茶葉をそのまま溶かしたものを飲むという点です。

なので、茶葉の持つ栄養素をそのまま体内に取り入れることができます。

お茶特有の成分であるカテキン類には抗酸化作用があり、肌の老化を抑えるはたらきがあるほか、抗がん作用や血圧上昇を抑える効果があります。

また、体内でビタミンAに変化し、新陳代謝を促すβ-カロテン、同じく肌の新陳代謝に大きなかかわりを持つビタミンB2、肌を正常に保ち、ナイアシンとも呼ばれるビタミンB3、コラーゲンの生成を促進するビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンE、などが豊富に含まれています。

その他にも血や肉のもとになるタンパク質、腸内環境を整え、デトックス効果が期待できる食物繊維、美肌に良いとされるマグネシウムなどのミネラルも同時に補給することができます。

抹茶を飲むときの注意

抹茶に含まれるカフェインは胃に刺激を与えるほか、目を覚ますはたらきもあるので、寝る前などに飲むと肌を美しく保つために必要な睡眠を阻害してしまいます。

また、カテキンを含むタンニンという成分は胃の消化機能を抑制するはたらきがあるので注意が必要です。

抹茶には肌に良い栄養素が豊富に含まれていますが、飲みすぎたり、飲むタイミングに気を付けないと、逆に肌に悪影響を与える結果になってしまいます。

抹茶の有効成分を十分に活用して、美しい素肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:クランベリー

クランベリーは酸味の強い食品で、生で食べる機会は少なく、ジュースやジャムなどに加工された状態で食

記事を読む

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここでは、ワイン美容のいろいろなや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:韃靼そば

韃靼そば(だったんそば)は麺状にしたり、蕎麦掻にしたりして普段食べるそばと違い、独特の苦味があり

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:ブルーベリー

ブルーベリーは、ジャムやお菓子などに加工されているもののほか、生の状態でも入手することができます

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:モロヘイヤ

モロヘイヤは比較的近年になって日本人の食卓に上るようになった、独特のぬめりを持つ野菜で、スープな

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:小松菜

小松菜は代表的な冬野菜で、日本人にもおひたしなどの調理法で愛される食材の一つです。 美容や

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:フカヒレ

フカヒレは中華料理の高級食材として有名です。 フカヒレがサメ一匹から採れる量は全体の0.5

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:アセロラ

アセロラはドリンクなどに使用されていることが多く、肌に良いイメージをお持ちの人が多いと思います。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:だいこん

だいこんは一般的に広く食べられる食材で、その調理法もさまざまです。 主に冬に出回りますが、

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:鮭

鮭は和風、洋風を問わずさまざまな調理法が可能で、日本人の食卓にもなじみ深い食材の一つです。 朝

記事を読む

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

防風通聖散でダイエット!効果・飲み方・注意点

防風通聖散でダイエット 年齢とともに溜まっていく脂肪を落とすって

酵素ダイエットで必ず痩せるヒミツとタイプ別酵素ダイエットの方法

今度こそ、絶対にダイエットを成功させたい!と本気で思うなら、酵

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

→もっと見る


PAGE TOP ↑