*

お肌の為におススメの食べ物:だいこん

公開日: : 最終更新日:2015/07/19 お肌の為におススメの食べ物


だいこんは一般的に広く食べられる食材で、その調理法もさまざまです。

主に冬に出回りますが、さまざまな品種があるため、それ以外の時期でも入手しやすいのが特徴です。

普段なにげなく食べているだいこんですが、これには美肌に良い栄養素も含まれています。

ここではダイコンの持つ美肌効果について説明していきます。

だいこんとは

だいこんはアブラナ科ダイコン属の越年草で、主に肥大した根を食用にしますが、葉の部分も食べることができます。

だいこんという名の由来は大きな根からきており、白色のものがほとんどであるため、「清白(スズシロ)」とも呼ばれます。

地中海地方や中東が原産地で、弥生時代に日本に伝わりました。

だいこんの美肌効果

だいこんには消化を助けるアミラーゼという酵素が含まれています。

このアミラーゼは、胃腸のはたらきを助け、負担を少なくするので、その疲労を防ぎ、その結果体内の新陳代謝を活発にしてくれるはたらきがあります。

内臓をきちんとケアと、新陳代謝が活発になり、結果的に美肌力が向上します。

また、ビタミンCも豊富に含まれており、メラニンの生成を抑制し、お肌のハリを保つコラーゲンの生成を促します。

そのほかに抗酸化作用をもつポリフェノールの一種であるリグニンも含まれているので、肌の老化防止効果も期待できます。

だいこんの効果的な摂取法

だいこんはさまざまな調理法で食べられていますが、だいこんの持つアミラーゼは非常に熱に弱いという性質をもっています。

また、だいこんの栄養素は皮に近いところに多く含まれているので、皮ごと調理することをおすすめします。

このような性質から、だいこんの栄養素を効率よく摂取するにはだいこんおろしが一番よい食べ方と言えます。

また、葉の部分にもビタミンAや食物繊維、カルシウムなどが多く含まれているので、こちらも積極的に摂取するようにすると良いでしょう。

普段なにげなく食べているだいこんですが、実は美容や健康に良い栄養素を豊富に含んでいます。

これらの栄養素の効果を十分に発揮させるために、調理法を工夫して、積極的に食べることで、美しい肌作りに役立てましょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌の為におススメの食べ物:こんにゃく

こんにゃくは日本では大変ポピュラーな食材の一つで、食物繊維が多く含まれ、整腸作用があることが良く

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:イチゴ

いちごは、そのまま食べても、ジャムなどに加工しても美味しく食べられるので、食卓にはなじみの深い食

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:抹茶

抹茶は茶道に用いられ、普通の生活ではなかなか飲む機会が少ないように思われますが、アイスクリームや

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:玄米

日本人の主食は米ですが、そのほとんどが白米で、玄米を主食にすることは珍しくなってきました。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:黒酢

黒酢は健康に良いことで知られていますが、肌を美しく保ったり、ダイエットにも効果を発揮したりします。

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:キムチ

キムチは朝鮮半島の伝統的な漬物の一種で、昔は朝鮮漬けと呼ばれていました。 主に白菜を使って

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:黒ごま

市販されているごまには「黒ごま」、「白ごま」、「金ごま」などがあり、商品のタイプにも「いりごま」

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:秋刀魚

秋刀魚は日本人の食卓にはなじみ深い食材で、秋の味覚として有名です。 秋以外にも塩秋刀魚や蒲

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:鮭

鮭は和風、洋風を問わずさまざまな調理法が可能で、日本人の食卓にもなじみ深い食材の一つです。 朝

記事を読む

お肌の為におススメの食べ物:するめ

するめは別名「あたりめ」とも呼ばれ、あぶってお酒のおつまみにしたり、松前漬けなどにして食べられま

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑