*

プラセンタの効果・効能と摂り方や注意点

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 お肌に良い成分


健康・美容に関するさまざまな効果・効能が見込めるということで大注目のプラセンタ。
サプリメント、ドリンク、化粧品が購入可能なほか、医療分野では注射、メディカルサプリとして利用されています。
ここではプラセンタとは何か解説するとともに、上手な選び方、摂り方、安全性に関することなど、読み進めるだけでプラセンタのことをよく理解できる情報を提供しています。
プラセンタのことを簡単に知りたい人におすすめですので、ぜひ以下の内容をご覧になってください。

プラセンタとは

プラセンタはローマ字表記ではPlacentaとなり、日本語訳では胎盤の意味があります。
サプリメント、ドリンク、コスメ、注射、メディカルサプリのプラセンタと表現する場合、胎盤自体が使われているわけではなく、胎盤から抽出されたエキスが使用されているのです。
そしてこの抽出された「プラセンタエキス」には実に数多くの種類の栄養成分がたっぷりと含まれており、アミノ酸(リジン、ロイシン、バリン、ヒスチジンなど)、たんぱく質、糖質(ショ糖、グルコース、ガラクトースなど)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなど)、核酸といった有効成分が挙げられます。
とくに注目なのがたんぱく質の一種である成長因子であり、若返りの効果が見込めるのが特徴です。
なお、こうした有効成分が豊富に含まれているプラセンタには、
●自律神経の調整
●ホルモンバランスの調整
●肝機能向上
●活性酸素除去
●病気に対する抵抗力アップ
●抗アレルギー作用
●抗炎症作用
●組織修復作用
●新陳代謝の活発化による臓器・細胞機能の活性化
といったありがたい多くの効果・効能が見込めるといわれています。
なお、プラセンタには何が由来になっているかによって、含有成分をはじめとする特徴が異なります。
おもなプラセンタの種類としては、豚由来、馬由来、羊由来、魚由来、植物由来、ヒト由来が挙げられます。
魚や植物には胎盤がありませんが、胎盤と同様の役割を担い、有効成分が豊富に含まれている卵巣膜(魚由来)や胎座(植物由来)のことを、便宜上プラセンタと呼んでいます。
また、豚由来、馬由来、羊由来、ヒト由来のプラセンタとは異なり、魚由来や植物由来のプラセンタには、成長因子が含まれていません。
プラセンタ製品を購入する際には、この点をはじめさまざまな要素を比較し、商品を選ぶことが大切になってきます。

プラセンタサプリの失敗しない選び方

プラセンタ製品を購入する際には、まずは何が由来なのかを確認します。
豚由来、馬由来、羊由来、魚由来、植物由来のどれなのかチェックしましょう。
そのうえで、今度は含有成分を確かめてください。
製品によってはプラセンタに含まれている成分以外にも、何か別の有効成分が追加配合されていることがあります。
何が含まれているのかを把握したあとは、配合量をチェックします。
とくに注意したいのはプラセンタがどれだけ含まれているかです。
プラセンタは○mgと表示されていますが、濃縮(原末化)されたうえでの含有量なのか確かめる必要があります。
10,000mgと表示されているとたっぷり含まれているような印象を受けますが、原末になる前の原液状態での含有量が表示されていることがあるのです。
また、反対に200mgと表示されている場合、プラセンタの含有量に乏しい商品と思うかもしれませんが、原液を30倍や50倍などに濃縮された状態での配合量表示の可能性が高いです。
より多くのプラセンタを体内や肌にとお考えのかたは、この点をよく調べたうえで買い求める商品を選択しましょう。
そのほか、プラセンタ製品を選ぶ際には純度にも注目したいところです。
プラセンタは製品化されるまでのあいだに不純物が除去されますが、この処理が行われることで有効成分が失われてしまう場合があります。
フリーズドライ製法で不純物が取り除かれているものは高純度ですので、商品選びの際の参考情報として役立ててください。
また、抽出方法次第では、プラセンタの有効成分が失われてしまうという問題もあります。
この点に関しては、酵素分解法や凍結酵素抽出法は有効成分が失われにくい抽出方法ですので、プラセンタ製品を選ぶ際にチェックしてみると良いでしょう。

プラセンタって安全なの?

どの種類の動物などが由来になっている製品も、基本的に安全面の心配は要りません。
気になる人は安全管理、衛生管理、品質管理の類の情報がオープンになっている製品のなかから購入するものを選択するようにすれば、安心できるのではないでしょうか。
ただ、原則として大丈夫というだけで、アレルギーを引き起こすリスクはあります。
このトラブルを避けるためにも、アレルギーを持っている人は反応を起こすものが製品に使用されていないか、原材料表示を必ず確認してください。
また、アレルギーがあるかどうか不明な人で、反応を起こすか心配な人は、サプリメントやドリンクの場合は少量の摂取でスタートする、コスメを使用する際には事前にパッチテストを行うと良いでしょう。
なお、万が一トラブルが起こった際には、摂取や肌への使用をやめて医療機関に行ってください。
そのほか、プラセンタには人間の胎盤が使用されているヒト由来のものもあり、これは医療機関でしか取り扱いが認められていません。
注射を受けるかメディカルサプリの形で摂取することになりますが、日本国内でも海外でも感染症が発生した例はまだありませんし、メディカルサプリで副作用が引き起こされた例も存在しません。

プラセンタを摂るタイミングは?

プラセンタを摂取するのに好ましいタイミングとしてはまず、空腹時が挙げられます。
実際に摂取した場合、サプリメントの消化吸収にかかる時間は約30分間ですので、食事を摂りはじめる前にサプリメントを摂取する際には30分程度前を目安にすると良いでしょう。
また、食事で摂ったものは約3時間程度で消化が終了しますので、食後にサプリメントを摂取する場合はこの時間が経過するのを待ったほうが良いです。
なお、食事と一緒にサプリメントを摂取すると有効成分が十分に活かされず壊されてしまいますので、食事中にサプリメントを摂ることはおすすめできません。
このほか、空腹時以外でおすすめなサプリメントの摂取タイミングですが、就寝前が良いでしょう。
というのも、有効成分の吸収率は活動しているタイミングより睡眠をとっているあいだのほうが高くなるとされているからです。
なお、食後3時間程度で消化が終わると述べましたが、就寝前にサプリメントを摂る場合には、寝る3時間ほど前には食事を終わらせておいたほうが有効成分が活かされやすくなります。

プラセンタを摂る量は?

どれだけの量を摂取すればいいのか、一般のサプリメントやドリンクに決まりはありません。
ただ、各商品には目安の摂取量があり、Web上の商品ページやパッケージ、容器に表示されていますので、これを守って摂取しておくのが過剰摂取になる心配がないため無難といえるでしょう。
なお、原材料にアレルギーを起こすことを不安に感じる人は、目安の摂取量より少なくはじめ、安全に摂り続けられるようであれば増量するのがおすすめです。
また「○mgを摂取し続けた結果、○○になった」という調査・研究・実験結果が出ており、情報として公開されています。
このような情報を探し、摂取量を決めるのも良いでしょう。
このほか、ヒト由来のプラセンタサプリメントが医療用のものとして取り扱われています。
これに関しては一般のサプリメントやドリンクのように自己判断で量を調整するのではなく、指示された量や回数を守ることが大切です。

どれくらいで効果が実感できるの?

実感のために要する期間は一概にいえません。
というのも、効果・効能の出方には個人差があるからです。
また、どのプラセンタ製品を使用するのかによっても、効果・効能の現れ方には差が生じます。
豚由来、馬由来、羊由来、魚由来、植物由来、ヒト由来のプラセンタがあり、含有している有効成分の種類には多少の違いがありますし、製品による配合量や純度の違いもあります。
さらに製品によってはプラセンタには含まれている有効成分が増量されていたり、プラセンタには含まれていない種類の有効成分が追加配合されていたりするものも少なくありません。
また、即効性に関してはヒト由来に対しては期待が持てるものの、ほかの由来のものはすぐに実感できるようなものではありません。
毎日欠かすことなく長期にわたり摂り続けることが実感のコツですが、短くても3~6ヶ月程度は継続して摂取し、効果・効能があるかどうかを見極めましょう。
なお、これは全種類のプラセンタにいえることですが、効果・効能は永続するものではありません。
実感を維持するためにはプラセンタを摂り続けなければいけませんし、生活習慣の乱れなどによりまた同じ悩みや別の悩みを抱えることにもなりかねませんので、普段の暮らしのなかで健康や美容上のトラブルを起こす原因をつくらないようにすることも大切です。

プラセンタをドリンクで摂る 特徴や注意点

ドリンクタイプのプラセンタ製品は、一般のサプリメントに比べて効果・効能を実感しやすいのが特徴です。
なぜかといいますと、固形のものより液体のもののほうが吸収率の面で優れているためです。
また、有効成分の含有量がサプリメントより多い傾向があるのも、ドリンクタイプが即効性に優れているといわれる理由の一つでしょう。
この比較的即効性に優れている点がドリンクタイプのプラセンタ製品の最大のメリットといえますが、デメリットや注意点といえるような部分もあります。
まず、人によっては美味しい、気にならないという人もいますが、独特の味やニオイがする商品があります。
ドリンクタイプでプラセンタをはじめとする有効成分を摂取したいと思っている人は、飲みやすいものでないと続けるのが苦になってしまいますので、味やニオイに関する情報をチェックしたうえで購入を決めましょう。
また、ドリンクタイプのプラセンタ製品は1本あたりの価格が缶ジュースの定価の倍以上と、割高な場合が多いです。
プラセンタの効果・効能の実感は飲み続けてこそのものですので、見違えるような変化があったと分かった段階で、ドリンクタイプより割安な場合が多いサプリメントに切り替えるか、普段はサプリメントを摂取して、ドリンクタイプを使用する頻度を低くするなどの工夫をすると、費用負担を軽くすることができるでしょう。

プラセンタをサプリで摂る 特徴や注意点

サプリメントタイプのプラセンタ製品は、ドリンクタイプと比較して即効性の面で劣る場合が多いです。
理由は液体のドリンクタイプに比べ固形のサプリメントタイプは吸収率が悪く、プラセンタの配合量も少ない場合が多いからです。
しかしながら、これはまったく効果・効能を実感できる見込みがないといっているわけではありません。
長期的に継続する必要はありますが、多くの人がプラセンタに期待できる効果・効能を実感しています。
また、即効性では負けていても、サプリメントにはサプリメントの強みがあります。
まず、ドリンクタイプでよくある独特の味・ニオイが気になりません。
持ち運びも簡単で、自宅だけでなく外出先で飲みやすい点も魅力的です。
また、商品により価格は異なりますが、ドリンクタイプに比べると費用負担が軽く済む場合が多いのも、サプリメントタイプの強みの一つといえるでしょう。

プラセンタ注射で摂る 特徴や注意点

ドリンクタイプやサプリメントタイプに比べて注射が優れている点は効果・効能です。
即効性で勝っており、比較的すぐに違いを実感することができます。
効果・効能があるのか不明なまま市販品を使い続けることに不安を感じる人は、注射を選択すると良いでしょう。
ただ、注意しなければいけないことがあります。
それは、プラセンタ注射は医療機関でしか受けられないということです。
更年期障害などの治療目的の場合には保険が適用されますが、美容目的の場合は適用にならず全額自己負担になります。
高い効果・効能は見込めるものの、ドリンクやサプリメントに比べると費用負担が大きくなってしまうのが難点です。
また、一回の注射だけで求めている変化を実感できるわけではなく、何度も通院しなければいけません。
効果・効能は永続しないため、実感を維持し続けるためには通院し続けることになり、通うほどに時間や費用がかかります。
なお、費用負担が大きいことに変わりはありませんが、通院の時間や手間、交通費を少なくする方法はあります。
ヒト由来のプラセンタが使用されているサプリメントを取り扱っている医療機関があり、処方を受けることが可能です。
一般のサプリメントより高額ですが、数個服用で一回分の注射と同様の効果・効能が得られます。
通院頻度を低くして、通院するための時間や手間、交通費の負担を減らしたい人は、医療用として取り扱われているサプリメントを選択すると良いでしょう。

プラセンタ配合化粧品の正しい選び方

コスメの選び方も、基本的にはサプリメントやドリンクの選び方と重要な点はほぼ変わりません。
何が由来のプラセンタなのかを確認し、配合されている有効成分に何があるのかをチェックします。
とくに魚由来や植物由来のプラセンタは成長因子がなく、含まれている成分も別の由来のプラセンタとは違っていますので、よく確認することが大切です。
プラセンタ自体に関しては、有効成分が破壊されない抽出方法が採用されているか、高濃度で配合されているかを確かめましょう。
また、化粧品は肌に直接使用するものなので、安全性のチェックも忘れずに行いたいところです。
たとえば肌に有害な添加物が使用されていないか、商品が販売されるまでの品質、衛星、安全管理が厳しく行われているかなどが各商品の評価をする際のポイントになるでしょう。
そして、化粧品は多くの人が毎日のように使用するものなので、価格もチェックしましょう。
安ければ安いほどお財布にやさしくありがたいのですが、安かろう悪かろうな商品を手にすることがないよう、コストパフォーマンスの良いものを選ぶのがおすすめです。
もちろん、美容のためにはお金に糸目はつけないという人は、高額で高品質なものを選んでもまったく問題ありません。

スポンサーリンク

関連記事

プロテオグリカンの特徴や美肌効果とは?

いつまでも美しく若々しくありたいと感じている人のあいだで人気を集めているプロテオグリカン。 言

記事を読む

人体におけるコラーゲンとヒアルロン酸の重要な役割について

人体の70%は水分で、残り30%のうち20%はたんぱく質です。 そしてそのたんぱく質のうち

記事を読む

コラーゲンとヒアルロン酸の効能やその違いについて

美容や健康に高い効果があるとうたわれている化粧品やサプリには、コラーゲンとヒアルロン酸の両方が配

記事を読む

ケイ素(シリカ)の効果・効能と摂り方や注意点

ケイ素(シリカ)の働きと効果が注目されています ケイ素(シリカ)とは ケイ素は漢字にすると珪

記事を読む

豚・馬・羊・植物性・海洋性・人由来プラセンタのそれぞれ特徴とは?

豚由来プラセンタ 現在、市場に出回っているサプリメント、ドリンク、コスメといったプラセンタ商品

記事を読む

ビタミンC誘導体の特徴や美肌効果とは?

ビタミンC誘導体の美肌効果のほか、この成分に関するさまざまな情報を提供します。 美容に興味や関

記事を読む

コラーゲンとヒアルロン酸の相乗効果を利用しましょう。

いつまでも若々しく健康で美しくあることは、男女を問わず多くの方が切に願っていることだと思われます

記事を読む

コラーゲンやヒアルロン酸で美肌になれる

大人になればなるほど、肌の水分量がどんどん減ってしまいます。 自然と減るように体ができてい

記事を読む

肌に大切なコラーゲンとヒアルロン酸

美しい肌を保つためにスキンケアやエステなどで努力されている女性は多くいらっしゃるのではないでしょ

記事を読む

ヒアルロン酸とコラーゲンは身体のうるおい成分

ヒアルロン酸とはアミノ酸の一種であるムコ多糖と呼ばれる物質で、ヒトの身体のあちこちに存在していま

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る

PAGE TOP ↑