*

ニキビや吹き出物の様々な原因のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 ニキビ・吹き出物

思春期ニキビの主な原因

ニキビの中でも、もっとも代表的なものといえるのが、『思春期ニキビ』ということになるでしょう。
では、この思春期ニキビは、どのようにして出来ていくのでしょうか?
その原因を見ていくと、まずは、この思春期という時期に起きる、身体の変化が大きく関係しています。
というのも、思春期には、いわゆる「第二次性徴」というものがあり、男子も女子も子供から大人へと大きな変貌を遂げることになります。
男子は、より男性らしくなり、女子は女性らしくなっていきますね。
この時期に、身体の中で大量に分泌されているのが「成長ホルモン」と呼ばれるものです。
これは、その名の通り成長する上では非常に大切なものなのですが、ニキビにとっては残念ながら良くないホルモンなのです。
というのも、ニキビの元凶となっているのは顔に出る油、いわゆる「皮脂」なのですが、この皮脂を分泌する「皮脂腺」を、成長ホルモンが過剰に刺激してしまいます。
そのため、皮脂が多く分泌され、その皮脂で毛穴が詰まるためにニキビの発生率もグーンと高くなってしまうというわけです。
また、そこにニキビを悪化させる「アクネ菌」というものがやってきて、過剰に分泌されている皮脂をエサに、どんどん増殖していきます。
そのために、ニキビもどんどん悪化していくということになるのです。
成長ホルモン自体は必要なものですから、それによって皮脂が増えるのは、ある程度やむを得ないとしても、アクネ菌の増殖は抑えたいものです。
ですから、丁寧に洗顔して、余分な皮脂がたまらないようにすることが大切といえるでしょう。

大人の吹き出物の主な原因

ニキビといえば、まず思い浮かぶのが「思春期ニキビ」ですが、最近では「大人ニキビ」というものも増えてきていますね。
大人ニキビという呼び方は比較的最近のものですが、これは昔から『吹き出物』と呼ばれていたものです。
思春期ニキビの場合には、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌が原因でしたが、大人の吹き出物は、必ずしも皮脂が原因とは限らないようです。
もちろん、皮脂も関係はしますので、脂っこいものを食べ過ぎた時には、吹き出物が出ることはあります。
特に、揚げ物やケーキなどの脂肪分が多いスイーツをたくさん食べた時には注意が必要です。
ですが、それだけではなく、「肌のお手入れが雑になっている」ときにも吹き出物は出やすいようです。
特に、クレンジングや洗顔が雑になって、汚れや洗浄剤がお肌に残っていると、吹き出物ができやすいですから注意しましょう。
また、仕事が忙しいなどで「睡眠不足」が続いていたり、「ストレス」が溜まっていたりすることも、大人の吹き出物の原因となりやすいものです。
やはり、心身ともに健やかでないと何らかの異常が出やすくなり、それが肌にあらわれるのが吹き出物ということになります。
それからもう一つ、「ホルモンバランスの崩れ」が原因となる場合もあるようです。
いわゆる「男性ホルモン」が過剰に分泌されると、それにより皮脂が多くなり、吹き出物へとつながってしまいます。
男性は当然ですが、女性にも男性ホルモンがあり、ストレスが溜まった時には分泌されやすくなるようです。
できるだけ、心身ともに健やかな状態を保つことが大切といえるでしょう。

ニキビや吹き出物とアクネ桿菌

ニキビや吹き出物そのものの原因となるのは、“ホルモンと細菌と皮脂の相互作用”ということになるのですが、そこに輪をかけて悪化させる厄介な働きをしているのが「アクネ桿菌(かんきん)」です。
アクネ桿菌は、単に「アクネ菌」と呼ばれることもありますが、これ自体は誰の皮膚にも存在している、いわゆる「常在菌」というもののひとつです。
空気に触れると死んでしまう“嫌気性”の菌で、しかも皮脂を大好物としているものですので、白ニキビや黒ニキビなどの空気がなくて皮脂がタップリあるところは、アクネ桿菌にとって最適な存在場所と言えます。
そのため、白ニキビや黒ニキビの中で、どんどん増殖していくのですが、その中でアクネ桿菌は酵素を作り出し、その酵素が毛穴に溜まった皮脂やアカを酸化して「脂肪酸」を作っていくのです。
この脂肪酸が紫外線などにあたることで酸化すると、炎症が起きて赤くなる「赤ニキビ」や、膿がたまって黄色い部分ができる「黄ニキビ」などに悪化してしまうというわけです。
しかも、そこまでニキビが進行してしまうと、毛穴が破れて皮膚の深い部分に中身が流れ出し、炎症が広がることもありますし、炎症が収まってもニキビ跡が残ってしまうことが多くなります。
このように、アクネ桿菌というのは、直接的なニキビの原因ではないのですが、ニキビを悪化させ、ニキビ跡などが残ってしまう原因となりますので、注意が必要です。
基本的には、白ニキビや黒ニキビのうちに皮膚を清潔に保って、それ以上悪化させないよう心がけることが大切です。

ニキビや吹き出物と肌タイプ

ニキビや吹き出物に限ったことではありませんが、スキンケアやフェイスケアをする上では、自分自身の『肌タイプ』を正確に知っておくことが大切です。
そうでない、肌にいいと思ってやっていることが見当はずれになってしまい、かえって悪化させることにもなってしまいかねません。
では、肌タイプにはどんなものがあるのか、まずはそこから見ていきましょう。
通常は、肌というのは、皮脂の分泌量によって大きく4つのタイプに分類されています。
1つ目が「乾燥肌」で、文字通り“皮脂の分泌が少ないタイプ“です。
特に、秋から冬にかけての空気が乾燥している時期には、肌の表面がカサつき、キメも荒くなりやすいですね。
皮脂膜が十分に形成されないので、かぶれや湿疹などが起こりやすいという特徴を持っています。
2つ目は「脂性肌」で、皮脂の分泌量が最も多いタイプです。
皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすいですので、もっともニキビや吹き出物ができやすいタイプといえるでしょう。
3つ目が「普通肌」で、皮脂の分泌がバランスよく、肌トラブルも起きにくい“理想的な肌“ということができます。
キメも細かく整っていることが多いですから、いわゆる“美肌“の条件を揃えていることになります。
4つ目が「混合肌」で、場所によってカサついていたり、脂っぽかったりと、異なった肌質が混在したタイプです。
脂っぽい部分には、ニキビや吹き出物もできやすくなりますね。
肌タイプは、季節によって多少の変化もしますが、できるだけ自分の肌を正確に知って、タイプに合った手入れをしましょう。

ニキビや吹き出物と紫外線

『紫外線』というと、“シミ“や“肌の老化”、それに場合によっては“皮膚ガン”などの原因にもなりやすいことから、十分な対策の必要性が叫ばれているもののひとつです。
特に、この数年は猛暑や酷暑で日差しも強いですから、夏場には気にされている方も多いことでしょう。
では、この紫外線、ニキビや吹き出物にはどんな影響をあたえるのでしょうか。
結論から言うと、やはり悪影響を及ぼしてしまいます。
というのも、ニキビや吹き出物の毛穴の中に溜まっている皮脂が紫外線を浴びると、酸化して活性酸素を発生させ、悪化につながってしまうのです。
また、紫外線を浴びると「メラニン色素」が増えることはよく知られていると思いますが、これにより、跡がシミになりやすいということも言えるのです。
つまり紫外線は、ニキビや吹き出物そのものも悪化させて長引かせますし、治った後にもシミを残してしまいますから、やはり「お肌の大敵」になるということですね。
ですので、普段からの「紫外線対策」はとても大切です。
ただ、注意してほしいのは、紫外線対策を夏にしかおこなっていない人が多いということです。
夏は日差しが強いですので、特に注意が必要なのは言うまでもないのですが、意外とそれ以外の季節でも紫外線の影響は大きいものです。
ですから、春や秋、あるいは冬であっても、UVカットの化粧品を使ったり、帽子や日傘、サングラスなどを使ったりと、最低限の対策はしておく必要があります。

ニキビや吹き出物とストレス

『ストレス』が、様々な病気の原因となっていることは広く知られていますが、ニキビや吹き出物にとっても決して良いものではありません。
特に、吹き出物の場合には、このストレスが大きな原因となっていることが多いものです。
ニキビや吹き出物ができる直接的な原因は、“皮脂の過剰分泌”ということになるのですが、ストレスがたまることで“ホルモンバランス”が崩れると、皮脂の分泌も大きな影響を受けてしまいます。
また、ストレスがたまると、“睡眠不足“や“便秘”なども起こしやすくなりますので、当然ながら肌の状態も悪くなってしまいますね。
さらに、ついつい“食べ過ぎ”てしまったりすることも原因になりやすいものです。
ストレスを発散するつもりで、“ドカ食い“してしまったり、“焼肉“や“揚げ物“などの脂っぽい料理を食べ過ぎたり、あるいは“スイーツ”などの甘いものが止まらなくなったりなど、発生に繋がる可能性のあるものはたくさんあります。
「チョコレートを食べ過ぎるとニキビができる」というのもよく言われることですが、これに関しては、正確な根拠は見つかっていないという説もあるようです。
しかし、スイーツ系は全般に乳脂肪分が多いですから、食べ過ぎるとニキビや吹き出物に良くないことは確かでしょう。
ホルモンバランスや食生活に異常が出ないよう、ストレスを上手に発散させることは、スキンケアという観点からも大切なことです。
ニキビや吹き出物ができたこと自体もストレスになりかねませんから、早めに解消しておきたいものですね。

ニキビや吹き出物と体質

体質によって“できやすい”とか“できにくい“といった違いがあるのでしょうか?
これに関しては諸説あるのですが、体質が影響するということは考えられるようです。
ですが、一部の病気のように、家系的に遺伝しやすいというようなことはありませんので、問題となるのは、生活習慣などで「後天的に作られる体質」ということになるでしょう。
では、後天的に作られる体質を改善するために何が必要なのかというと、それはやはり「食生活の見直し」です。
私達の身体は、食べ物によって作られているわけですから、食生活を見なおせば体質が改善するというのは、ごく自然なことと言えます。
特に、脂っぽいものや甘いものを食べ過ぎている人はニキビや吹き出物ができやすくなりますから、それらを控えるだけでも、ある程度の改善が見られるということは少なくありません。
また、現代人は加工食品やインスタント食品、それにファーストフードなど、添加物が多い食べ物を口にすることが多いですから、それらの影響によってホルモンバランスが崩れてしまうということも考えられます。
現代の生活スタイルを考えると、ある程度はやむを得ないのですが、できれば普段から“身体にいい食事“を考え、実践することは大切です。
可能であれば、不足しがちな栄養素を上手に取り入れ、逆に過剰摂取してしまっているものは極力控えるなど、バランスの良い食事を心がければ、必然的に体質も改善され、気がついたら治っていた、ということになるでしょう。

ニキビや吹き出物と便秘

『便秘』が身体に良くないことは、言うまでもないでしょう。
もちろん、ニキビや吹き出物にも悪影響を及ぼしてしまいます。
その理由は、まず「腸内環境の悪化」です。
便秘になると、腸内に溜まっている便が腐敗してしまい、“ガス“や“毒素”といった有害物質がどんどん作られていきます。
これらの有害物質がどうなるのかといえば、腸から血液を通じて全身に回ってしまうのですね。
すると、身体には自浄作用のようなものがありますから、何とかして毒素を排出しようと、有害物質を毛穴から追いだそうとします。
つまり、これが肌トラブルになり、発生の原因にもなってしまうというわけです。
また、腸内が有害物質に汚染されていますから、ビタミンやミネラルなどが吸収されにくくなり、それが体調の悪化や肌トラブルにもつながってしまいます。
それからもう一つ、便秘になると体内に「活性酸素」が増えてしまうということも問題です。
活性酸素は、老化の原因としても知られていますが、皮膚の細胞にもダメージを与えます。
それによって皮膚は抵抗力を失い、結果的にニキビや吹き出物ができやすい状態になってしまうのです。
こうして見ていくと、ニキビや吹き出物と便秘の関連性がよくお分かりいただけると思います。
なるべく早いうちに解消しておきたい便秘ですが、あまり強い薬などに頼るのは考えもの。
できれば、食物繊維の多い食事を摂ったり、ヨーグルトなど乳酸菌が多いものを食べるなど、食生活から改善するのが理想的です。

ニキビや吹き出物と顔ダニ

『顔ダニ』と呼ばれているものをご存知でしょうか?
その名の通り、顔にいるダニということになるのですが、正式名称は「デモデクス」と呼ばれていて、主に顔を中心に皮膚に寄生しているものです。
ニキビや吹き出物の内部から多く検出されるので、「ニキビダニ」と呼ばれることもあるようですね。
ダニと聞くと、気持ち悪く感じてしまいますが、実はこの顔ダニ、ほとんどの人の顔に常在しているものだと言われています。
しかも、顔ダニは皮脂を食べて生きているので、皮脂量をコントロールするという働きもしてくれているものなのです。
つまり、顔ダニは、ある程度必要な存在ということになります。
もしも顔ダニがいなければ、私達の肌は皮脂でベトベトになってしまうことでしょう。
ただ、皮脂の分泌が多くなりすぎると、エサがタップリあるわけですから、顔ダニも過剰に繁殖していきます。
すると、やがては死んでいくわけですが、その死骸は皮膚に残り、それによって毛穴が塞がれてしまいます。
つまり、ニキビや吹き出物ができやすい状況になってしまうというわけです。
ですから、顔ダニは私達の肌にとって必要な存在なのですが、その量が増えすぎると、当然原因にもなりやすいということですね。
そうならないためには、普段からの丁寧な洗顔が欠かせません。
一説によると、一回の洗顔では全体の30%程度の顔ダニしか洗い流せないとも言われています。
もちろん、全部洗い流してはいけないのですが、ケアが雑になると繁殖しやすいですから、注意しておきましょう。

ニキビや吹き出物と食事

ニキビや吹き出物と食事には深い関係があります。
ここでは、良くない食事について、代表的なものをご紹介しましょう。
まずは「脂の摂り過ぎ」ですね。
発生の原因が皮脂なのですから、これは言うまでもないでしょう。
特に、現代人は外食やコンビニ弁当など、脂物を多く取る傾向がありますから要注意です。
それに関連して、「肉の食べ過ぎ」もニキビや吹き出物にはよくありません。
同じ脂でも、魚の脂ならサラサラしていて、あまり問題にはならないのですが、肉はどうしてもコッテリしていますから、食べる量には注意しましょう。
それから、「糖分の摂り過ぎ」も問題です。
糖分が消費されないで残ってしまうと、中性脂肪となって皮脂の排出も多くなりますから、適量を超えないように気をつけてください。
また、「お酒の飲み過ぎ」にも要注意。
アルコール自体も度を過ぎると身体には良くないのですが、どうしても“アテ”として、脂っこいものを食べやすくなりますし、また、時間的にも遅い時間に飲み食いすることになるので、エネルギーを消費しきれない場合がほとんどだと思います。
すると、中性脂肪もつきやすく、皮脂にも影響が出てきますから、ニキビや吹き出物へとつながっていくわけです。
ただ、こうして見てみると、現代人の多くが日常的にしてしまっているものも多いですね。
ですから、なかなか改善するのが難しいかもしれませんが、ポイントとなるのは「適量を守る」ということ。
できれば、バランスの良いメニューで、若干少なめの食事を心がけるといいでしょう。

ニキビや吹き出物と睡眠

睡眠が、私たちの身体にとって重要なものであることは、言うまでもないでしょう。
ですが、仕事事情をはじめとした現代の生活環境では、睡眠不足になってしまっている人も少なくないと思います。
「物理的に睡眠時間が足りない」、あるいは眠りが浅いなど、「睡眠の質が低い」といったことは、多くの方が経験していることでしょう。
睡眠に問題があると、肌の状態も悪くなってしまいますから、当然ニキビや吹き出物もできやすくなります。
では、睡眠に関して、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?
まずは、「眠る時間帯」です。
“何時間眠かったか”という「長さ」よりも、“何時に寝たのか”という「タイミング」の方が大切なのです。
具体的には、夜10時から深夜2時までの「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれている時間には眠っていることが望ましいと言われています。
この時間帯に眠っていると、「成長ホルモン」が分泌されて体内の問題点が修復されていくので、肌の状態も改善され、ニキビケアにもつながります。
ただ、なかなか夜10時に眠るのは難しいという人も多いでしょう。
そこで、深夜0時に眠ることを目標にしてみてください。
この時間に眠っていれば、肌はもちろん、健康上のダメージを最低限に抑えられると言われています。
また、ぐっすり眠れるように、「適度な運動」を心がけることも大切です。
程よく疲れていれば寝付きも良くなりますし、睡眠の質も上がりますから、目覚めもいいはずです。
もちろん、ニキビケアにも効果的ですから、ぜひ一度、睡眠を見直してみてください。

ニキビや吹き出物とお酒(※主に大人の吹き出物が該当)

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは適量であった場合の話。
度が過ぎれば身体に害となりますし、もちろんニキビや吹き出物にも悪影響を及ぼします。
まず、お酒には、ニキビや吹き出物を悪化させる“糖分“を多く含んでいるということが挙げられます。
糖分を摂り過ぎると、皮脂の分泌を抑制する「ビタミンB2」と、肌のターンオーバーを円滑にする「ビタミンB6」を消費してしまうのです。
つまり、皮脂が増えて、肌の新陳代謝も悪くなりますから、発生しやすくなるわけですね。
また、お酒を飲む時には、何らかの“アテ“を一緒に食べることになります。
よくある“居酒屋メニュー“には揚げ物なども多いですが、お酒と脂っこいものは合いやすいので、ついつい脂肪を摂り過ぎてしまうんですね。
これも当然よくありませんよね。
それに、酔っていると満腹感が麻痺して、食べ過ぎてしまいやすいということも悪影響になります。
さらに言えば、お酒を飲むのは夜ですから、どうしても遅い時間にカロリーを摂り過ぎてしまうことになります。
すると、そのカロリーは消費しきれないために身体に蓄積し、皮下脂肪になってしまいます。
もちろん太ってしまうわけですが、太っている人ほど皮脂の量も多いもの。
つまり、それだけできやすい条件が揃ってしまうということになりますね。
このように、お酒は度が過ぎると原因にもなりやすいですし、もちろん健康にもよくありません。
上手な付き合い方ができるよう、程々を守ることが大切なようです。

ニキビや吹き出物と喫煙(※主に大人の吹き出物が該当)

喫煙の習慣は、ニキビや吹き出物にも悪影響を及ぼすのでしょうか?
愛煙家の方には残念な話ですが、ニキビや吹き出物を治したいなら、タバコはやめたほうが良いようです。
というのも、タバコを吸うと「毛細血管が収縮」を起こし、その結果「血行が悪くなる」のです。
すると、肌にも十分な血液が回りにくくなりますから、栄養分も行き渡らず、しかもターンオーバーを妨げてしまうことにつながります。
肌荒れの原因にもなりやすいですし、当然ニキビや吹き出物もできやすい状態になってしまうのです。
また、喫煙は、体内に「活性酸素」を大量に発生させるという性質を持っています。
これにより、細胞が傷ついて免疫力も低下するのです。
すると、アクネ桿菌の活動を抑えられなくなり、悪化しやすくなります。
さらに、喫煙は「ビタミンC」を大量に消費します。
ビタミンCには、“皮脂の過剰分泌を抑える”働きや、“ニキビや吹き出物の炎症を抑える”という働きもあるため、これが不足するのは問題なんですね。
他にも、ビタミンCには肌細胞の新陳代謝を促進するなどの“美肌効果”がありますから、これを大量消費する喫煙は、やはりよくありません。
また、あらゆる面で健康には良くないということが報告されていますから、トータルで考えても喫煙にはメリットと呼べるものは無さそうです。
「タバコには百害あって一利なし」という言葉もあります。
好きな人にとっては残念なことだと思いますが、どうやらこれは本当のようですね。

スポンサーリンク

関連記事

きらりのおめぐ実の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

きれらいのおめぐ実とは、株式会社ファンファレから発売されたサプリメント商品です。 ポツポツトラ

記事を読む

どろあわわの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

口コミで大人気の【どろあわわ】とは 美容に関心のある方なら、【どろあわわ】という商品名を一度は

記事を読む

皮膚科や美容外科のニキビ跡治療法のまとめ

ケミカルピーリング 『ケミカルピーリング』というのは、ある種の薬剤を塗ることで肌表面の古い角質

記事を読む

ニキビケア『みんなの肌潤糖【クリア】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)【クリア】は、ニキビに悩む全ての方へ「実感できる商品」として開発

記事を読む

ニキビ痕【Reproskin(リプロスキン)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

Reproskin(リプロスキン)は、ニキビ痕をケアするために生まれた化粧水です。 今現在、ニ

記事を読む

ボディ用背中ニキビ対策セットの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

背中ニキビの悩みは、シアクル<ボディ用背中ニキビ対策セット>にお任せ! 顔や手足と同様に、背中

記事を読む

キャシーズチョイス」トライアルキットの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

人気のスキンケア商品や話題の美容サプリメントなど、肌に良さそうなものは一通り試したけど、どれも効

記事を読む

皮膚科や美容外科のニキビ治療法のまとめ

イオウカンフルローション 『イオウカンフルローション』というのは、その名前が示している通り、“

記事を読む

部位別ニキビや吹き出物の原因と改善対策のまとめ

頭皮のニキビや吹き出物 ニキビや吹き出物は顔にできる印象が強いですが、その他の部位にもできてし

記事を読む

自宅で家庭でニキビケア!吹き出物改善のご紹介!

角質ケアでニキビ対策:ピーリング化粧品 専門医など、プロの力を借りずにニキビ対策をする方法のひ

記事を読む

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

防風通聖散でダイエット!効果・飲み方・注意点

防風通聖散でダイエット 年齢とともに溜まっていく脂肪を落とすって

酵素ダイエットで必ず痩せるヒミツとタイプ別酵素ダイエットの方法

今度こそ、絶対にダイエットを成功させたい!と本気で思うなら、酵

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

→もっと見る

PAGE TOP ↑