*

皮膚科や美容外科のニキビ跡治療法のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 ニキビ・吹き出物

ケミカルピーリング

『ケミカルピーリング』というのは、ある種の薬剤を塗ることで肌表面の古い角質をはがし、それにより肌のターンオーバーを活性化させるというものです。
古い角質がはがれ落ちると、新しい角層が作られますから、それによりお肌もキレイになりますし、ニキビにも効果が見られるというわけですね。
このメカニズムを、もう少し詳しくみてみると、まずは「ピールオフ効果」と呼ばれる、ニキビやシミなど、トラブルとなっている部分を除去することから始まります。
その後、「再生効果」によってキメが整った“理想的な肌”を再構築していきます。
さらに、皮膚の保湿成分である“#セラミド”や、弾力成分の“コラーゲン”、“エラスチン“などを増やし、「新陳代謝を高める効果」もあるのです。
また、毛穴のつまりを防ぎますし、メラニンの排出も促しますので、「美肌効果」も期待できますし、肌全体が生まれ変わりますから、ニキビ治療薬の“薬効成分”や、化粧品などの“美容成分”が浸透しやすくなるという効果もあります。
このように、ケミカルピーリングでは、お肌全体を生まれ変わらせる働きをしますので、ニキビ治療はもちろん、シミや肝斑、そばかすなどにも幅広く使われています。
効果のあらわれ方には個人差もありますが、通常は2~3週間おきに6回程度を目安として施術が行われることが多いようです。
ただ、肌の状態によっては、その後も継続することがありますから、ドクターと相談の上、適切な処置を行うようにしてください。

トレチノイン(レチノイン酸)

『トレチノイン』というのは、『レチノイン酸』と呼ばれることもある、「ビタミンA(レチノール)誘導体」の一種です。
厳密に言うと、レチノイン酸の中でも「オールトランスレチノイン酸」というタイプのものを指しています。
元々トレチノインは、私達の血液中にごく微量ですが含まれているものですので、これによりアレルギー反応などを起こすことはありません。
また、トレチノインはアメリカでニキビの治療薬として認可されいるもので、シワにも効果があるところから、多くの人に“若返りの薬”として使用されているようです。
これを使用することで、肌に強力なターンオーバー効果が促進されるため、それによりニキビにも効くのですが、濃度が高いものをいきなり使用すると皮膚への刺激が強すぎて、かえってそばかすなどの原因になることもあると言われています。
ただし、日本では認可されていませんので、基本的にはトレチノインそのものが処方されることはありません。
しかし、東京大学医学部附属病院などをはじめとして、一部の大学病院や皮膚科、あるいは形成外科などで院内調剤された軟膏であれば、処方を受けることもできます。
また、タイやニュージーランドを経由して個人輸入している業者もあるようですが、十分な知識を持たないで使用することは避けたほうが賢明でしょう。
他に、レチノールやレチニールエステル配合のクリームというものも販売されているようですが、実際のところは臨床効果がないと言われています。

フォトフェイシャル

『フォトフェイシャル』というのは、光を使って肌をキレイにするというもので、医療機関でしか受けることのできない「最先端スキンケア」と呼ばれています。
フォトフェイシャルは、顔全体に光を照射するのですが、ニキビなどのトラブルの原因となっているものに対しては光のエネルギーが熱に変わり、その部分にダメージを与えるという働きをします。
つまり、治療すべきところにだけ反応するため、お肌全体は傷つけることなく、トラブルのある部分だけにダメージを与えてくれるのです。
当然、お肌への負担はほとんどありません。
また、“コラーゲン”などのお肌に有効な成分を作る“繊維芽細胞”の働きは活性化されますので、美しいお肌が自然に作られていくのです。
通常、光を使った治療や施術というと、“レーザー治療”が思い浮かびますが、このフォトフェイシャルの光はレーザーとは全く違う「IPL」というタイプのものです。
とてもマイルドな光ですので、レーザー治療のような痛みもなく、施術後はすぐに洗顔やメイクも出来るというほど、お肌への負担が少ないのです。
施術時間は、概ね20~30分程度ですから、ちょっと空いた時間を使って受けるということも可能ですね。
このフォトフェイシャルを受けられるのは、フォトフェイシャル協会に加盟している医療機関のみとなります。
加盟しているところには、必ずフォトフェイシャルのブランドロゴサインがありますので、来院した際に確認しておくといいいでしょう。

フォトフェイシャルファースト

『フォトフェイシャルファースト』というのは、「最先端スキンケア」と呼ばれている“フォトフェイシャル”がさらに進化したもので、従来のフォトフェイシャルよりも治療に適応する症状がさらに幅広くなっています。
フォトフェイシャルファーストの施術で効果が見られる代表的な症状を挙げてみると、「シミ」や「ソバカス」、「くすみ」、「肝斑」、「シワ」、「たるみ」、「毛穴の開き」、「毛穴の黒ずみ」、「赤ら顔」などですが、もちろんニキビにも大きな効果が期待できます。
フォトフェイシャルファーストで照射される光の熱で、アクネ桿菌を殺菌する効果もありますし、皮脂の分泌も押さえてくれますから、ニキビはできにくくなります。
また、ニキビ跡の“赤み“やニキビ跡の“色素沈着”には、特に大きな効果を発揮すると言われていますので、ニキビ跡が気になっているという方にはオススメです。
基本的には、フォトフェイシャルですので、肌トラブルの原因を攻撃しながら、他の部分にはコラーゲンを増生するなどの美白効果が同時進行で行えるというものです。
では、通常のフォトフェイシャルと何が違うのかというと、それは使用される光の種類です。
これまでのフォトフェイシャルが3種類の光しか使っていなかったのに対し、フォトフェイシャルファーストでは、なんと倍以上の7種類もの光が使用されているのです。
これにより、さらに高い治療効果が期待できるようになりました。
ただ、今のところはごく限られた医療機関でしか実施されていません。

ジェネシス(レーザーピーリング)

『ジェネシス』というのは、「ロングパルスYAGレーザー」というものを照射できる機械のことです。
このジェネシスには、レーザーピーリングの効果があり、レーザーを照射することで肌表面の古い角質を取り除き、肌本来の新しい角質を取り戻してくれるのです。
ピーリングというと、薬剤を使う“ケミカルピーリング”がよく知られていますが、これは薬剤だけに、肌のタイプや状態によっては使えないこともあります。
それに対してレーザーであれば、肌タイプなどにはかかわらず使用出来ますので、これは大きなメリットといえるでしょう。
また、ジェネシスという名称ですが、これは従来から使われていた「YAGレーザー」から効果と安全性を向上させた「ロングパルスYAGレーザー」へと進化したというところから“新世代のレーザーシステム”という意味合いでつけられたようです。
ニキビに対する効果としては、、肌の代謝が良くなりますからニキビができにくくなりますし、ニキビ跡の改善にも効果的です。
他にも、コラーゲンを増やして小じわを改善したり、肌のキメを整えてハリを取り戻したり、毛穴開きやくすみの改善、顔のむだ毛が目立ちにくくなるなど、妨げる効果が期待できます。
しかも、レーザー治療なのにもかかわらず、照射中の痛みがほとんど無いというのも大きな特徴でしょう。
暖かい感じがするというだけですから、痛みが心配という方でも安心して治療を受けることができます。

フォトRF(オーロラ)

『フォトRF』というのは、レーザー光よりもマイルドで肌にやさしいとされている“IPL”、または“APL”などの「光(フォト)」と、“RF”と呼ばれている「高周波」を組み合わせた、全く新しいタイプの治療器のことです。
IPLやAPLなどの光エネルギーは、ニキビを始めとしたフェイシャルケアにはとても有効なものなのですが、皮膚の毛色に左右されるといった問題点や限界があることが徐々にわかって来ました。
そこで、光エネルギーとは全く違う働きをし、皮膚の毛色にも左右されない高周波エネルギーであるRFが注目されたのです。
この2つを組み合わせることで、お互いの弱点を補い合うような形で、より大きな効果が期待できますから、ごく自然な進化といえるのかも知れません。
また、RFには光による熱エネルギーを、より効率的に浸透させるという働きもあるため、従来の光治療以上に肌への負担を軽減することができるのです。
つまり、ニキビなどの改善のために光治療を受けるのが、今まで以上に安全になったというわけですね。
しかし、このフォトRFもメリットばかりではありません。
これはフォトRFだけに限ったことではありませんが、どうしても治療効果には個人差も出てきますし、肌の状態によっては施術できないケースもありますので注意が必要です。
基本的には、治療を受ける前に医師と十分に相談し、安全を確認しておいてください。
なお、このフォトRFは医療用機器ですから、エステサロンではなく、美容皮膚科などの専門クリニックでしか治療を受けられません。

フォトブライト・ライムライト

『フォトブライト・ライムライト』というのは、アメリカの最先端レーザー光学技術による医療機器メーカーである「キュテラ社」が開発した光治療器のことです。
フォトブライトというのが“光治療”のことを指しているのですが、その中の最上位機種が”ライムライト”と呼ばれています。
フォトブライトの治療法は、“IPL”と呼ばれる光を照射することでニキビ跡などの肌トラブルを改善し、さらに肌のコラーゲンの分泌を促すというものです。
特に、このフォトブライトは光の波長が広く、日本人の肌に合った治療法といわれていますので、他の光治療と比べても肌への負担が少ないようです。
光治療機というと、“フォトフェイシャル”や“フォトRF”などがありますが、これらでも改善が見られなかったトラブルにも、フォトブライトが効果があったというケースもありますので、かなり期待はできそうです。
ただし、日焼けの直後や、医師が治療不可能と判断した場合には治療を受けられませんので注意が必要です。
また、施術後には特に日焼けに注意する必要がありますので、普段以上に紫外線対策には気をつけたほうがいいでしょう。
フォトブライトのニキビ治療は、大体10~15分程度で終了するようです。
ただし、1回の治療で完治することはありませんので、3~4週間おきの治療を数回にわたって行う必要があります。
料金は症状などによっても変わりますが、1回3万円程度が相場と言われていますので、決して安いものではありません。
受ける場合には、医師と相談の上、十分に納得して行なってください。

フラクセル(フラクショナルレーザー)

『フラクセル』というのは、アメリカ・ハーバード大学のウェルマン研究所というところで開発されたレーザーによる美肌治療機で、『フラクショナルレーザー』と呼ばれることもあります。
従来のレーザー治療器では、照射される光がセンチメートルやミリメートルという単位だったのですが、このフラクセルでは「ミクロ単位」にまで縮小され、これまでとは全く違った新しいタイプの治療を行えるようにしたという画期的なものです。
いわば、“面”ではなく“点”で治療できるわけですから、より肌への負担を軽減することができるのです。
それにより、いわゆる“ダウンタイム“と呼ばれている、施術後に肌を休ませて回復させる時間が必要ありませんから、すぐにメイクやヒゲ剃りなども行うことができます。
ニキビ治療としては、ニキビそのものではなく、主にニキビ跡に用いられますが、ピンポイントで光を照射することでより効果的な治療が行えるようになり、これまでなら改善が難しかったデコボコのニキビ跡も、かなりスベスベにすることができるようです。
それに、真皮層のコラーゲンを生成させる働きもあるため、ハリ不足や小じわなども改善されて、より若々しい美肌へと生まれ変わります。
他に、炎症による色素沈着や、アトピー性皮膚炎による色素沈着、それに傷跡などにも効果があるとされています。
今のところは、特にデメリットというものも聞かれませんので、フラクセルを試してみる価値は十分にあると言えそうです。

アファーム(フラクショナルレーザー)

『アファーム』というのは、フラクショナルレーザーの一種で、より少ない照射数で確実な効果を発揮するという最新のレーザー美容機器です。
「ニキビ跡」の治療にも効果があるとされ、他に「肌のキメ」や「浅いシワ」、「色素沈着」、「毛穴の凹凸」など、今までは難しいとされていた肌質改善の治療を行うことができます。
このアファームは、アメリカの医療レーザーメーカーである「サイノシュア社」が作ったもので、非常に小さな範囲に高密度でレーザーを照射することで、その照射部分だけを新しい肌に入れ替えるという働きをします。
つまり、必要最小限の部分だけに働きかけますから、皮膚に対して余分な負担をかけることはありませんし、より少ない照射数で確実な効果を実感することができるようになっています。
また、“クーリングシステム”も搭載していますので、表面麻酔やブルージェルなどの必要もありませんし、レーザー治療につきものの“痛み”もクリアしています。
ピンポイントでの照射ですから、施術も短時間で終わりますし、肌を回復させるための“ダウンタイム”も短くて済みます。
さらに、傷や赤みが残ることもなく、アフタートリートメントも不要ですから、治療が終わったらすぐにメイクやヒゲ剃りなども行えるようになっています。
つまり、従来のレーザー治療で問題となっていた部分をほぼ解決していますので、より気軽に施術を受けることができるというわけですね。
痛みなどでレーザー治療を避けていた方には、朗報といえるのではないでしょうか。

ダーマローラー(ローリングメソセラピー)

『ダーマローラー』というのは、手動のローラーの一種で、超極細な医療用ステンレススチールの針が約200本ついているというものです。
このローラーを肌の上で転がすと、無数の小さな穴が開くわけですが、この刺激が肌を再生させ、内側からコラーゲンも増生させるという効果があります。
ちなみに、薬剤などを少量ずつ注入したり浸透させたりする治療法を「メソセラピー」と呼びますが、このダーマローラーもメソセラピーの一種とされ、「ローリングメソセラピー」と呼ばれることもあります。
針のついたローラーを肌の上で転がし、穴を開けるのですから、痛みもありますが、ニキビ跡には十分な効果も期待できるようです。
穴を開けるのがなぜ治療になるのかと疑問に感じるかもしれませんが、わざと治りやすい傷をつけることで修復作用を促し、それによって肌のトラブルを改善すると考えればわかりやすいかも知れません。
最近ではレーザー治療やフォトフェイシャルなど、最先端の治療法も数多く出ていますので、針のついたローラーを転がして肌に穴を開けるダーマローラーは、かなり地味でアナログな印象を受けますが、その効果は決して小さくはないようです。
前述のとおり、小さな傷を無数につけるわけですが、この傷を修復する過程でコラーゲンがどんどん増えていきますので、肌の弾力も高まり、ニキビ跡やシワ、タルミなども改善されていきます。
ダーマローラーを使った後は、コラーゲンが平均して2倍増加すると言われていますので、多少痛くても、試してみる価値はあるようです。

ポラリス(レーザー+RF:高周波)

『ポラリス』というのは、メスを使わず“切らないフェイスリフト”として注目されている美肌治療のことで、いわゆる「レーザー治療」と、“RF”と呼ばれている「高周波治療」を組み合わせたものです。
レーザーを照射することで、真皮の深い層にある“線維芽細胞”を効果的に刺激し、さらに高周波がその作用を高めますので、肌を画期的によみがえらせることができるのです。
また、施術時の痛みもほとんどなく、エステ感覚で手軽に受けられるというところから、非常に人気が高まってきています。
施術の時間も30分程度ですし、もちろん腫れや赤みなどはでませんから、安心して受けることができるでしょう。
照射直後から強力な引き締め感がありますので、顔全体が引き締まり小顔効果も期待できます。
シワやタルミなどにも効果がありますが、意外と知られていないのがニキビやニキビ跡の改善効果です。
ポラリスでニキビやニキビ跡に電気的なエネルギーを与えると、ニキビ桿菌や皮脂腺にも働きかけ、活動性のニキビはもちろん、ニキビ跡の凹凸にも効果があらわれてくるのです。
それに、皮脂腺に影響することからオイリー肌の改善効果も期待できますので、ニキビ治療だけでなく予防にもオススメです。
ポラリスは即効性もありますし、効果が約半年以上持続するといわれていますから、その点でも期待が持てる治療法といえるでしょう。
ただ、一般的には、5回を1クールとして続けることが推奨されていますので、その期間は継続するようにしましょう。

サーマクール(RF:高周波)

『サーマクール』というのは、“RF”と呼ばれる「高周波」を用いてニキビを治療する方法で、主に美容皮膚科で行われているものです。
また、ニキビ以外にも、“シミ”や“タルミ”などに効果があるとして知られています。
サーマクールは、高周波を照射することでコラーゲンの生成を促し、肌の引き締め効果なども起こします。
ニキビの解消はもちろん、内側からの皮膚の若返り効果や毛穴の引き締め効果、また皮脂の分泌を抑制する効果など、多岐にわたる効果が期待できます。
高周波を照射することで、肌に熱を与えていくのですが、サーマクールの場合は、同時に冷却ガスも照射しますので、出力を微調整し温度を適切な状態に保てるようになっています。
また、高出力の高周波が照射できるようになっていますから、他の治療機器よりも肌の深部にまで熱を伝えられるということも、サーマクールの大きな特徴といえるでしょう。
さらに、“ペインレス技術”ということで、痛みを極力少なくしている機種も増えてきていますから、より気軽に治療を受けられるように進化してきています。
治療時間は、ニキビの量や症状の度合いによっても変わってきますが、1ヶ所に高周波を照射するのは数分程度で、顔全体に照射するのであれば、10~20分くらいを目安にしておくといいでしょう。
ただ、治療料金については、数あるニキビ治療の中でもトップクラスに高いと言うことができます。
安いところでも10万程度、平均すると20~30万はかかりますので、その点は手軽とはいえないようですね。

ハイドロキノン(ヒドロキノン)

『ハイドロキノン(ヒドロキノン)』というのは、“お肌の美白剤”、または”お肌の漂白剤”とも呼ばれている皮膚の治療薬のひとつです。
なぜ、このハイドロキノンが美白剤や漂白剤と呼ばれているのかというと、それは、“メラニン色素”を作り出す酸化酵素である「チロシナーゼ酵素」というものを抑え、それによってメラニン色素の発生を抑制することができるからです。
美白効果のある成分というと、“ビタミンC”や“アルブチン”、それに“コウジ酸”などが知られていますが、このハイドロキノンの美白効果は、それらの10~100倍もあるとされていますので、いかに強力かがわかるでしょう。
ただし、これだけ強力な作用があるということは、濃度を間違えると炎症などを起こしてしまい、肌に余計なダメージを与えてしまう可能性もあります。
そのため、アメリカでは濃度2%以上のハイドロキノンを使うには医師の処方が必要とされています。
日本では規制が緩和されて、濃度が薄ければ化粧品への使用は認められているのですが、あまり使い過ぎると「炎症」や「かぶれ」、「白斑」などが出る可能性がありますので、十分な注意が必要です。
もちろん、ニキビ治療にも効果はあるのですが、これまでお話してきたとおり、ハイドロキノンの使用には注意が必要ですので、自己判断で使うのではなく、専門医に指示を仰いだうえで、適切に使用することが大切です。
なお、ハイドロキノンを効果的に使うために、「トレチノイン」と併用することが多いようです。

イオン導入(ビタミンC誘導体導入)

『イオン導入』というのは、“ビタミンC誘導体”をより効果的にお肌に取り入れるために、皮膚に微弱な電流を流すことを指しています。
というのも、私たちの皮膚には外的が侵入しないように、一種のバリヤ機能があり、そのためにビタミンCなどの肌に良い成分であっても、そのまま塗っただけでは、ほとんど吸収されないのです。
そこで、このイオン導入を用いると、水溶性の有効成分が膚内に効果的に導入できるようになります。
ビタミンCを単に塗布するのと、イオン導入を用いるのとでは、その吸収力には約100倍の違いがあると言われています。
ちなみに、ビタミンCの効能ですが、メラニンの生成を抑えることで「シミ」や「くすみ」の対策になるだけでなく、真皮層のコラーゲンの増殖を促すことで「小じわ」や「毛穴」、それに「ニキビ跡」にも効果があります。
また、抗酸化作用で活性酸素を除去しますので「赤黒いニキビ跡」にも効きますし、皮脂腺の働きを抑えますから「ニキビ」そのものの対策にも効果があるのです。
しかし、前述のとおり、これだけの効能を持つビタミンCであっても、そのまま塗っただけではほとんど吸収されませんから、イオン導入が用いられるというわけです。
また、イオン導入には特に大きな副作用が見られないということも大きな特徴です。
ただし、ペースメーカーや人工関節など、体内に金属がある人や、妊娠中または授乳中の人、導入したい部分にニキビやシミ以外の皮膚疾患がある人は使えませんので、注意してください。

スポンサーリンク

関連記事

きらりのおめぐ実の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

きれらいのおめぐ実とは、株式会社ファンファレから発売されたサプリメント商品です。 ポツポツトラ

記事を読む

ボディ用背中ニキビ対策セットの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

背中ニキビの悩みは、シアクル<ボディ用背中ニキビ対策セット>にお任せ! 顔や手足と同様に、背中

記事を読む

部位別ニキビや吹き出物の原因と改善対策のまとめ

頭皮のニキビや吹き出物 ニキビや吹き出物は顔にできる印象が強いですが、その他の部位にもできてし

記事を読む

キャシーズチョイス」トライアルキットの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

人気のスキンケア商品や話題の美容サプリメントなど、肌に良さそうなものは一通り試したけど、どれも効

記事を読む

自宅で家庭でニキビケア!吹き出物改善のご紹介!

角質ケアでニキビ対策:ピーリング化粧品 専門医など、プロの力を借りずにニキビ対策をする方法のひ

記事を読む

ニキビ痕【Reproskin(リプロスキン)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

Reproskin(リプロスキン)は、ニキビ痕をケアするために生まれた化粧水です。 今現在、ニ

記事を読む

どろあわわの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

口コミで大人気の【どろあわわ】とは 美容に関心のある方なら、【どろあわわ】という商品名を一度は

記事を読む

ニキビケア『みんなの肌潤糖【クリア】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)【クリア】は、ニキビに悩む全ての方へ「実感できる商品」として開発

記事を読む

ニキビや吹き出物の様々な原因のまとめ

思春期ニキビの主な原因 ニキビの中でも、もっとも代表的なものといえるのが、『思春期ニキビ』とい

記事を読む

皮膚科や美容外科のニキビ治療法のまとめ

イオウカンフルローション 『イオウカンフルローション』というのは、その名前が示している通り、“

記事を読む

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑