*

一般的によく使われているムダ毛脱毛器の種類とその効果のまとめ

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 ムダ毛脱毛 , , , ,

ムダ毛脱毛器について
脱毛器とは、その名の通り脱毛のための機器で、広い意味ではカミソリや毛抜きなども脱毛器の一種ということができます。

ただ、一般に脱毛器という場合は、もっと本格的なものを指しますね。

それでも、脱毛器にはいろいろな種類があり、その脱毛方式も様々です。

代表的な脱毛方式には、フラッシュ脱毛、高周波脱毛、プラズマ脱毛、電気脱毛、光脱毛、サーミコン脱毛、IPL脱毛などがあります。

これらの中でも、家庭用の脱毛器に取り入れられている方式と、業務用脱毛器にしかない方式などもあり、それぞれに特徴や注意点も違ってきます。

腕や脚などの狭い範囲の脱毛は得意でも、背中などの広範囲には向かないとか、あるいはその逆もあります。

それに脱毛能力は高くても、お肌に負担がかかってしまうもの、お肌の負担を軽減するために脱毛能力がやや落ちるものなどもありますから、ムダ毛の量や程度、それにお肌の質などを見極めて、どの脱毛器を使うのかを決める必要があるでしょう。

とはいえ、多くの脱毛器はカミソリや毛抜きなどと違い、表面の処理だけではなく根本的な対処になりますので、その効果が半永久的か、そこまで行かなくても、かなり長期間続くというものが多いようです。

カミソリや毛抜きなどの場合は、どうしても一時しのぎになり何度も繰り返す必要がありますから、埋没毛などのトラブルも起こりやすいもの。

それを避けるために、脱毛器の使用を検討するのも必要かもしれません。

家庭用脱毛器について

家庭用脱毛器について
以前なら、エステサロンや脱毛クリニックなどでしか使えなかった脱毛器ですが、最近は家庭用でも比較的安価で高機能なものが増えてきました。

また、小型のものも多いので、取り扱いや保管もしやすくなっています。

エステサロンで脱毛してもらえば効果が高いことはわかっていても、費用が心配だったり、あるいは人に見られるのが嫌で、どうしても自分で処理したいという方もいらっしゃることでしょう。

特に、Vゾーンなどのデリケートな場所は、たとえ同性であっても見られたくないものですよね。

そんな場合に、家庭用脱毛器はとても便利なものです。

しかし、家庭用脱毛器ではできないこともあるので注意が必要です。

まず、産毛の脱毛はできません。

これは、実はエステサロンでも厳しいと言われているのですが、産毛の処理にはかなりの出力が必要なのです。

ですから、確実に産毛を処理したい場合は、医療機関の高出力の機器を使う必要があるようです。

また、短期間で完全な脱毛をすることもできません。

実はこれも、家庭用に限らずエステサロンでも医療機関でも無理なことで、少なくとも半年から、長ければ1~2年は見ておくほうがいいでしょう。

しかし、逆に期間がかかるからこそ、家庭用脱毛器でじっくり取り組むほうが、お金の面でも気持ちの面でもメリットがあるといえるかも知れませんね。

業務用脱毛器について

業務用脱毛器について
業務用脱毛器は、その名の通り、エステサロンなどで使われている高性能な脱毛器です。

基本的に、家庭用脱毛器でできることは全てできますし、フラッシュなどの照射面積も広いため、一度に処理できる範囲も広くなるという利点があります。

しかし、家庭用脱毛器との最大の違いは、その耐久性にあるようです。

当然ながら、業務用脱毛器の場合は、その使用回数は相当なものになりますから、それに耐えるだけの頑丈さが必要です。

そのため、普通に考えると使い切れないほどの十分な回数に耐えられるような設計になっているのです。

ですから、脱毛効果そのものの違いというのは、思ったほどではないと言えそうです。

とはいえ、先程もお話したとおり、家庭用脱毛器でできることは全てできますので、高機能であることには間違いありません。

いわば、家庭用脱毛器が単機能であれば、業務用脱毛器は複数の機能を持ち合わせていると考えればいいでしょう。

個人で使うには家庭用脱毛器で十分ですが、家庭用の場合は機能が絞られていますので、腕や脚には効果的でも背中には不向きなど、用途が限られてしまう傾向があります。

そういった点では、やはり業務用脱毛器の方が優っているといえるでしょう。

さらに、医療機関で使われている脱毛器になると、エステサロンで使われているものよりもさらに高出力となり、産毛など通常では処理できないものにまで効果があるようです。

フラッシュ脱毛器について

フラッシュ脱毛器について
現在の家庭用脱毛器の主流となっているのが、このフラッシュ脱毛です。

少し前までは、レーザー脱毛が多かったのですが、一度に処理できる範囲と処理にかかる時間の面でより優っているということから、フラッシュ脱毛が台頭してきました。

それに、お値段の面でも、レーザー脱毛器よりフラッシュ脱毛器のほうがお安く買えるものが多くなっています。

基本的な仕組みとしては、ムダ毛が持つメラニン色素に反応する光線をあてることで、ムダ毛を消滅させるというもの。

一回の照射で、かなり広範囲のムダ毛を処理できるということから、人気が集まっています。

しかも、このフラッシュ脱毛には、ほとんど痛みがないということも大きな特徴です。

やはり、痛みのある脱毛法は、かなり辛いですからね。

ただし、注意点もあります。

まず、メラニン色素に反応するという仕組みですので、日焼けなどで肌が黒い方には使用できないということ。

ですから、使用前には日焼け対策にも注意をはらってください。

また、黒いホクロなどがあれば、絆創膏などを小さく切ってマスキングする必要があります。

それに、光を照射することで、肌質によってはトラブルが起きる可能性も考えられます。

ですから、最初は低出力でスキンテストを行い、問題のない程度の出力で使用するようにしてください。

高周波脱毛器について

高周波脱毛器について
高周波脱毛器とは、医療機関で使われている脱毛方法を、周波数をやや抑えて安全性を確保することで家庭でも使えるようにした脱毛器のことです。

高周波自体が無害であることと、特に専門的な知識も必要がないということから、本格的なものでありながらも気軽に使える脱毛器として知られています。

しかも、高周波脱毛器は顔や手足、それにお腹など、全身のムダ毛に対して使うことができます。

使い方も簡単で、脱毛したい毛をはさんで、数十秒程度おいておくだけ。

これによって、一本一本の毛に高周波があたり、毛根にダメージを与えてムダな毛を抜き取ることができるのです。

ただし、一度に脱毛できるのは数本程度ですので、広範囲のムダ毛を処理するためには時間と手間がかかってしまいます。

また、安全性を確保するために周波数を抑えていますので、一度処理しても再び毛が生えてくるという可能性もあることは覚えておいてください。

ですから、広範囲で確実なムダ毛処理をしたいのであれば、医療機関などで施術を受けるほうが良いでしょう。

しかし、ごく限られた範囲だけの脱毛でいいとか、あるいはあまりお金をかけずにコツコツと自分で処理したいという方には、家庭用の高周波脱毛器がおススメです。

プラズマ脱毛器について

プラズマ脱毛器について
プラズマ脱毛器とは、光を照射する脱毛法の一種で、波長が長いキセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムを利用して行われます。

原理としてはレーザー脱毛に近く、光のエネルギーで毛根を消滅させることでムダ毛を処理するようです。

しかし、医療用のレーザー脱毛と比べても、痛みはほとんどなく、照射されている部分が暖かく感じる程度だといいますから、そこが大きなメリットでしょう。

ムダ毛の処理にかかる時間は、他の脱毛法と同様、処理範囲や毛の量などによって個人差がありますが、平均的には、1~2ヶ月に1度のペースで、約4~5回のプラズマ光線の照射が必要となります。

その効果については、海外で白人のムダ毛処理には実績があるようですが、日本ではまだ日が浅く十分なデータは出ていないようです。

実際に施術を受けた方の中でも、プラズマ脱毛を行なってから毛が生えてこなくなったという方もいれば、再び生えてきたという方もいて、その効果はまちまちです。

ただ、プラズマ脱毛の場合は、脱毛だけでなく、肌の色素沈着やシミ、毛穴の黒ずみなどの改善も同時に行えるというメリットがあります。

レーザー治療などと比べて、ヤケドなどの肌ダメージの心配もほぼありませんので安全性も高く、試してみる価値は十分にあるといえるのではないでしょうか。

電気脱毛器について

電気脱毛器について
電気脱毛器とは、昔から根強い人気を誇る脱毛器の一つです。

簡単にいえば、ムダ毛を抜くタイプの脱毛器です。

毛を抜くのですから、どうしても痛みは伴いますが、最近のものは痛みを感じないように工夫され、改善されているようです。

振動を与えることでマッサージ効果があったり、抜くスピードも早くなって痛みを感じる時間も短くなっていたりします。

剃るタイプのものよりは、処理後もスベスベになりますし、その効果も長続きすることはたしかでしょう。

しかし問題となるのは、処理をしたあと。

いわゆる、埋没毛が出てくるのです。

抜いたあとに毛が生えてくるのは仕方のないことなのですが、皮膚の下に生えてしまう埋没毛が出てくると、抜くことも剃ることもできず、かなり厄介な状態となってしまいます。

ある程度の期間がすぎれば、その埋没毛もなくなりはするのですが、その間は決してキレイな肌ということはできない状態です。

ですから、実際に使った方の感想を聞いても、あまりおススメはできないという場合が多いようです。

多少の痛みに耐えることでキレイになれるのなら、その甲斐もありますが、痛い上にキレイにもなれないとなると、確かに辛いだけですね。

ただ、一時的な脱毛だけで良いというのであれば、使って見る価値はあるでしょう。

光脱毛器について

光脱毛器について
光脱毛器とは、光を照射することで脱毛するためのもので、その中には、フラッシュ脱毛器やプラズマ脱毛器、それにIPL脱毛器なども含まれてきます。

現在の家庭用脱毛器の中では、主流の方式ということができるでしょう。

基本的には、脱毛したい場所に特殊な光を当てて、毛穴の中にある毛包と呼ばれる部分に熱を与え、脱毛するという仕組みになっています。

毛包が、毛を生み出す生産工場のような場所ですから、ここに熱を与えることでムダ毛を元から解消することにつながっていくというわけです。

光脱毛器の最大のメリットと呼べるのは、レーザー脱毛などと比べても肌への負担やダメージが少ないということ。

ですから、肌が弱い人でも使うことができますし、Vラインなどのデリケートゾーンのムダ毛処理も可能なのです。

それに、光脱毛器を使っていると、次に生えてくる毛が徐々に細く薄くなるということもメリットの一つでしょう。

一度の処理で完全な脱毛をすることはできませんが、使い続けることで永久脱毛に近い状態になるのです。

実際に、光脱毛を続けることで毛穴が小さくなり、その結果、毛が生えてこなくなることは確認されています。

このような効果が、家庭用の機器で手軽に得られるのですから、利用する価値は十分にあるといえるのではないでしょうか。

サーミコン式脱毛器について

サーミコン式脱毛器について
サーミコン式脱毛器とは、熱線式脱毛器とも呼ばれ、熱したワイヤーを毛に当てて毛根にダメージを与えるというものです。

熱線式とは言っても、熱源が直接肌に触れることはないように設計されていますし、実際に感じるのは使い捨てカイロ程度の暖かさのようです。

そのため、繰り返し使っても、特に肌へのダメージはないと言われています。

ただし、基本的な脱毛効果は、熱線があたった部分だけを焼ききるというもので、毛根にダメージを与えるとはいっても、それにはかなりの時間がかかるようです。

ですから、本格的な脱毛効果を得るためには、かなり長期的に考えておく必要があるでしょう。

また、ある程度、毛が伸びている状態でないと使えないという制約もあるようです。

とはいえ、レーザー脱毛器や光脱毛器などと比べて安価で購入できるという点や、剃ったり抜いたりするのと違って痛みを感じないという点は大きなメリットといえるでしょう。

それに使用前にジェルなども必要ありませんから、手軽に使えるということは確かです。

ですから、ムダ毛処理をしたいけど、特に急ぐ必要はないという方には使いやすい脱毛器ということができるでしょう。

実際に、世界で250万台以上が売れているという、大ヒット商品でもありますから、使って見る価値はあると思います。

IPL脱毛について

IPL脱毛について
IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)の略で、主にエステサロンなどで行われている、特殊な光でムダ毛の処理を行う方法のことです。

ですから、広い意味では光脱毛の一種ということができ、実際にフラッシュ脱毛やプラズマ脱毛と同じ意味で使っている人もいるようです。

原理としては光のエネルギーを利用し、毛根を消滅させるというもので、要はメラニン色素に光を照射することで脱毛させます。

エステや脱毛サロンで行う脱毛法のほとんどは、このIPL脱毛と言われているほど広く使われていますので、その効果も期待できそうです。

ただ、このIPL脱毛が一般化した背景には、本格的なレーザー脱毛が行えるのは、医療機関だけだということがあるようです。

そこで、効果が高く、安全で、しかもエステサロンなどでも安価に提供できる脱毛方法を探していくと、最終的にこのIPL脱毛に行き着いたということです。

また、IPL脱毛の特徴として、まだ表面に生えてきていない毛も処理をすることができるというものがあります。

つまり、毛が生えてくるのを待ちながら、長期間かける必要がありませんし、毛が生えてくること自体を抑えられるということですね。

それに、一回の施術時間も数分程度ですみますから手軽ですし、料金の面でも安く済むようになっています。

これらの点から、IPL脱毛は、本格的でありながら手軽に受けられる脱毛法という言うことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

プレミアムリムーバーミルクの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

男女兼用除毛クリームとは、&Beauty(アンドビューティ、販売業者・株式会社アールスタイル)で

記事を読む

ムダ毛脱毛の自己処理のトラブルについて

ムダ毛脱毛の自己処理の方法を考察!「毛嚢炎」「埋没毛」「黒ずみ」など要注意!

自己処理で脱毛を行った場合に多いトラブルをご紹介します。 どのような方法を使うかに関わらず

記事を読む

パナソニック 脱毛器 「ソイエ」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

仕事や家事に忙しい女性のキレイを応援するパナソニックの美容家電ブランド、パナソニックビューティー

記事を読む

光脱毛器「ジャパンギャルズhikariepi」

光脱毛器「ジャパンギャルズhikariepi」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

hikariepi(ヒカリエピ)は、フェイシャルケアと全身のムダ毛ケアが同時に行える1台2役の家庭用

記事を読む

脱毛器「デピタイム」

脱毛器「デピタイム」の効果や特徴、使い方、愛用者の感想や口コミ情報

脱毛は痛い、だから続かない、結果を出せない‥‥。 depiTime デピタイムは、このような脱

記事を読む

脱毛器「ノーノーヘア」

脱毛器「ノーノーフォーメンプロ」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ノーノーフォーメンプロは、ヒゲや体毛の処理に悩みを抱える男性のためにヤーマン株式会社が開発した家

記事を読む

顔のムダ毛脱毛の注意点について

自己処理でムダ毛脱毛。注意点を部位別にまとめました

顔は、言うまでもなくとてもデリケートな部分です。 それに、一番目立つ場所でもありますから、

記事を読む

EpiSara(エピサラ)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

EpiSara(エピサラ)とは、一番星/株式会社イッティで販売されている除毛クリームです。 医

記事を読む

脱毛器「オムニ エクウィヴァラントサロンRF」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

エクウィヴァラントサロンRFとは、エステサロンのケアを自宅で手軽に体験できる本格タイプの家庭用脱

記事を読む

脱毛器「ケノン (Ke-non)」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ケノン(Ke-non)とは、異例の大ヒット家庭用脱毛器【イーモリジュ】をはるかに超えた、美顔・脱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑