*

産後の化粧品の選び方

公開日: : 最終更新日:2015/10/01 化粧品


女性の体は、妊娠と出産を経ると大きく変化してしまいます。

意外と知られていないことですが、お肌も例外ではありません。

出産前は気にならなかったお肌のトラブルが起きて、ずっと使用していた化粧品が使えなくなってしまったということもあります。

そんな産後には、どのような化粧品を選んだらいいのでしょうか。

産後のお肌の変化とは?

産後、女性のお肌に見られる具体的なトラブルには、以下のようなものがあります。

乾燥しやすくなった、シミが増えてきた、お肌が荒れやすくなった、刺激に敏感になった、ハリが感じられなくなった…などです。

これらのトラブルは、日常生活を送っていても、加齢によっても実感することがあるでしょう。

しかし、妊娠出産という10か月ほどの間にグッと変化が訪れるのです。

目に見える変化としては、食べ物の好みが変わってしまうということではないでしょうか。

個人差はありますが、産後の体質の変化によって食べ物の好みが変わるというんのです。

そのため、栄養にも偏りが出てきてお肌にも影響を及ぼします。

さらにすぐに育児に追われることになりますから、育児疲れとストレス、緊張が常にありお肌の調子は崩れてしまいます。

赤ちゃんの生活リズムに合わせるので、睡眠不足も深刻な問題でしょう。

変化の理由はこんなところにあった

また、見えない部分では女性ホルモンの減少が挙げられます。

女性ホルモンの中でも、お肌の美しさを保つために必要なエストロゲンというホルモンは、出産後に一気に分泌量が低下してしまうのです。

代わりにプロゲステロンというホルモンが優勢になります。

しかし、このホルモンはエストロゲンとは反対に、お肌の調子を不安定にさせてしまうという特徴があるのです。

さらに、お肌には外部からの刺激から深層部分を守るバリア機能が備わっています。

健康なお肌であれば、このバリア機能が正常に働いて、お肌の水分を適度に保ちながら外部からの刺激から守っているのです。

けれども、産後のお肌はバリア機能が低下してしまっていてお肌が乾燥し、ちょっとした刺激にも敏感なお肌へと変化してしまっています。

化粧品を選ぶ際の注意点

このように変化しているお肌へは、どのような化粧品を選べばいいのでしょうか。

急に変わってしまったお肌に戸惑い、原因が分からないまま放置し、ついにはあまりお手入れをしなくなってしまう…という人も多いのです。

お手入れをしないと、ますますお肌は弱くなってしまい、シミなどは後々にも残ってしまいます。

バリア機能が低下しているということは、外出の際に受ける紫外線の影響も受けやすくなっているという頃です。

外出の際には、面倒でも日焼け止めくらいは塗っておきましょう。

産後はお肌が不安定になっている状態です。

保存料などの添加物が使用されていない、敏感肌の化粧品を選ぶといいでしょう。

これまでの化粧品では刺激が強かったり、無添加系の化粧品でもなかなか合わない場合があります。

まずはサンプルを試したり、二の腕の内側でパッチテストを行ってから購入するようにしてください。

シンプルなスキンケアで負担を軽く!

産後のお肌こそ、入念なお手入れを必要としているときです。

けれども育児を行っている身では、なかなかスキンケアの時間を取ることも難しいのではないでしょうか。

せめて、お肌のバリア機能を整えるために、お肌に潤いを与えることだけは忘れないようにして下さい。

時間がない時でも、さっと保湿ができるケア用品を揃えておくといいでしょう。

化粧品は、本来レーベルを揃えて機能を少しずつお肌へ足していくという使用方法になっています。

しかし、産後はそのような時間はありませんし、何度もお肌に触れることで弱ってしまったお肌には大きな負担になることもあるのです。

お肌にやさしく、シンプルに…をキーワードに、まずは洗顔後のお肌のお手入れは保湿クリームだけにすること。

そして、敏感肌でも使えるようなオールインワンクリームを使ってお手入れをするといいでしょう。

心身ともに負担をかけないようにお手入れを継続しながら、ゆっくりとホルモンバランスが整えられていくのを待ちましょう。

スポンサーリンク

関連記事

50代前半の主婦。やり過ぎて乾燥肌・敏感肌を招いてしまったかな!?

私は、50代前半の主婦です。40歳過ぎた頃、若い時の日焼けとホルモンの影響でしょうか、シミが濃く

記事を読む

41歳の主婦。ファンデーションは、花王のキュレル。

41歳の主婦で、小学校低学年頃からアトピー性皮膚炎で、今も悪化すると皮膚科に通院しています。

記事を読む

プロテオグリカンで目元のシワを防ぐ

プロテオグリカンで目元のシワを防ぐ

私は乾燥気味の肌です。 まだ26歳だけど乾燥による小ジワが心配です。 小ジワを放置し

記事を読む

洗顔料の働きや種類と肌タイプの注意点

肌がいつまでもキレイを保つために欠かすことができないのが洗顔です。 いつまでも素肌美人でいるた

記事を読む

メイクアップ化粧品の種類とそれぞれの特徴や効果のまとめ

お肌をキャンバスに、なりたいイメージを膨らませて変身することができるのがメイクの魔法です。 は

記事を読む

美容液の働きや種類。そして肌タイプ別の注意点のまとめ

美容液は基礎化粧品の一つです。 保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されており、乾燥

記事を読む

メビウス製薬の「ホワイトニングリフトケア スーパーC」

メビウス製薬の「ホワイトニングリフトケア スーパーC」でシミ対策!

若いころはUVケア化粧品のベタベタした使用感が苦手で、薄くしかつけずに真夏を過ごしたりしていまし

記事を読む

敏感肌で混合肌の29歳。韓国のメーカーのミシャシグネチャー、アトミ、RMK

私は敏感肌で混合肌の29歳の女性です。 最近は肌の乾燥が気になるのでファンデーションはBBクリ

記事を読む

私のしみ対策POLA「ホワイティシモ 薬用ローションホワイトEX」

45歳でもともとは混合肌でしたが、年齢を重ねて少し乾燥肌になって来たような気がしています。

記事を読む

アトピー、敏感、混合肌というトリプル状態。ファンケルや無印良品を使ってます。

アトピー体質と敏感、乾燥、皮脂が多い混合肌というトリプルに問題のある肌状態です。 ファンケルや

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑