*

クリームの働きや種類と肌タイプの注意点

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 化粧品


クリームの働きや種類と肌タイプの注意点
基礎化粧品のなかでもクリームは、肌に油分を与えて潤いをもたらしてくれます。
クリームも乳液も肌に潤いを与え、有効成分を閉じ込めるようにして肌へ送り込んでいく働きがあります。

クリームの働き

毛穴のトラブルで悩んでいる方がたくさんいます。
毛穴が開いているとか、詰まっているとか、黒ずみやたるみなど、これらの様々な毛穴トラブルの原因は、何と言っても肌の潤い不足です!
この肌の潤い不足を補うために必要なのがクリームです。
「肌がベタつくのがイヤ!」と保湿ケアをしない方は逆効果ですよ。
保湿のケアをしないと、皮脂分泌が活性化し多くのトラブルが発生するという悪循環に陥ってしまいます。
保湿ケアには欠かすことができないのがクリームです。
もちろん乳液も肌に油分を補いますので必要ですが、クリームは肌に油分を補うだけでなく、より高い保湿力で乾燥や外的刺激などから肌を守ってくれます。
クリームと乳液の大きな違いは保湿の持続力です。
乳液は肌の水分に一時的にフタをする状態ですが、クリームは肌を保湿し保護する働きが強いので、肌の水分が逃げださないように長時間ラップをかけているような効果があります。
クリームは、肌の保湿を保護するための最終兵器といえるかもしれません。

肌タイプとクリームの選び方

毛穴のトラブルなどで悩んでいる方の肌には、大きく分けるとオイリー肌、乾燥肌、混合肌がありあます。
自分の肌がどんな肌タイプなのかを知ることと、肌に合ったクリームを選ぶことが大切です。
肌に合ったクリームを選ぶことで、肌の保湿効果が大きく違ってきますよ!

オイリー肌におすすめのクリーム

オイリー肌の方は、肌の水分量よりも皮脂の分泌量の方が多いので、肌表面が酸性になっている場合が多く、黒ずみやニキビができやすいです。
クリームは、水分量が多めに配合されていて肌にスーッとなじむようなタイプのものを選びましょう。
抗酸化作用のある活性酵素、ビタミンC・E、アスタキサンチン、アントシアニンなどの成分が含まれているものがおすすめです。
肌に伸ばすときには、美容液を多めにし、ごく薄く膜を張るような感じでクリームを塗るといいですよ。

乾燥肌におすすめのクリーム

肌が乾燥してカサカサしていると、どうしても美容オイルや成分のほとんどが油分で占めているようなタイプのものを選びがちです。
でも、これは逆効果!かえって肌に負担がかかってしまいます。
それよりも、たっぷりの水分量で肌を補い、油分は必要最低限のものを使用することが大切です。
そのためには角質層の潤いを補い保持してくれるセラミドやイソフラボン、リピジュアなど、年齢とともに減少しがちなヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が含まれているタイプのクリームをオススメします。

混合肌におすすめのクリーム

混合肌とは、頬や口元、目元は乾燥してカサカサしがちだが、おでこから顎にかけてのTゾーンがベタつきがちでテカリが気になるというタイプの肌です。
この肌の場合、皮脂を分泌する毛穴の数が多い鼻のテカリが特に気になります。
おでこから顎にかけてのTゾーンには抗酸化作用のある活性酵素のビタミンC・Eなどの成分を含んだクリームを、顔全体にはセラミドなどの保湿力が高く水分量と皮脂量のバランスを整える成分を含んだクリームを選ぶことです。
クリームの成分を意識することで、より肌に効果がありますよ。

クリームの効果的な使い方

クリームは、パール大1個分位の量を目安に指先に取り、しばらく両手の指先を合わせて体温と同じくらいの温度に温めます。
クリームを温めることで、より肌になじみやすくなります。
次に、頬、口元、目元、Tゾーンの順で少量ずつ乗せていきますが、特に外側に向けて優しく伸ばすようにしてください。
乾燥しがちな目元や口元にはほんの少量を重ねづけするのが良いです。
目元は他の部分に比べ皮膚がとても薄いので、目元専用のアイクリームなどを併用することをおすすめします。
目尻や口元のほうれい線を作らないようにするためには、ほうれい線を消すためにはクリームによる保湿を欠かさないようにすることが大切です。
皮膚の乾燥が進むと角質層が荒れてシワの原因になってしまいますよ!

スポンサーリンク

関連記事

化粧を落とさず寝てしまった翌日の対処法

仕事にプライベートに、忙しい日々を送っている女性が増えています。 そんなあわただしい生活の

記事を読む

50代前半の主婦。やり過ぎて乾燥肌・敏感肌を招いてしまったかな!?

私は、50代前半の主婦です。40歳過ぎた頃、若い時の日焼けとホルモンの影響でしょうか、シミが濃く

記事を読む

パックの働きや種類と肌タイプの注意点

パックの働きや種類と肌タイプの注意点 お肌にとってパックの魅力とは何か?それは即効性です!

記事を読む

基礎化粧品の種類とそれぞれの特徴や効果のまとめ

高いメイク用品を揃える前に、まず見直すべきなのが基礎化粧品でのお手入れです。 普段なんとなく使

記事を読む

ニベアソフトを使って保湿

ニベアソフトを使って保湿、つぼ押しマッサージでしわ対策!

10代、20代、お肌トラブルとは全く無縁の生活をしてきました。 自分が肌が強い、何もしなく

記事を読む

美容液の働きや種類。そして肌タイプ別の注意点のまとめ

美容液は基礎化粧品の一つです。 保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されており、乾燥

記事を読む

美白のビタミン剤は継続することが大切

美白のビタミン剤は継続することが大切ですね

30代の間は、夏場に日焼けしても冬になると肌が白くもどりシミになることはありませんでした。

記事を読む

ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXで小じわ対策

ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEXで小じわ対策!

私は40代半ば。 若いころから肌は綺麗で、特に何も手入れすることなく、調子にのって、洗顔後

記事を読む

30代。再デビューがこのちふれモイスチャーパウダーファンデーション。

もともと敏感肌で、特に生理のときなんかはファンデーションで肌が重たい感じになったり、かゆくなった

記事を読む

敏感肌で混合肌の29歳。韓国のメーカーのミシャシグネチャー、アトミ、RMK

私は敏感肌で混合肌の29歳の女性です。 最近は肌の乾燥が気になるのでファンデーションはBBクリ

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る


PAGE TOP ↑