*

顔の赤みの原因と治療法

公開日: : 最終更新日:2015/10/05


平常時でも顔が赤い状態であることを「赤ら顔」と呼びます。

一般的に赤ら顔の原因で一番多いのは、「毛細血管拡張症」と言われ症状で、毛細血管拡張症の改善には、美容皮膚科でのレーザー治療やフォトフェイシャルが効果的です。

しかし、赤ら顔の原因には毛細血管拡張症以外にも様々あり、その原因によって治療法も異なるため、自分の赤ら顔の症状を見極め、見合った治療法が必要となります。

ここでは、いくつかある赤ら顔の原因と治療法についてご紹介しましょう。

赤ら顔の2大原因

毛細血管拡張症

赤ら顔の原因として一番多いのが、「毛細血管拡張症」と呼ばれるものです。

毛細血管の数や太さには個人差があり、毛細血管拡張症は生まれ持った体質といえます。

皮膚の真皮層に密集している毛細血管は、自律神経の働きにより拡張や収縮が繰り返され、血流量や速度が調整されますが、何らかの要因により毛細血管が拡張したまま血流量が増加した状態になることがあるのです。

すると血流が滞り、それが肌表面に透けて赤く見えてしまいます。

この状態が「毛細血管拡張症」で、鼻や頬など皮膚の薄い部分に現れやすいのが特徴です。

また皮膚が薄い方は、毛細血管が少し拡張しただけで赤みが透けて見えるため、気温の変化の影響を受けると赤くなりやすい傾向があります。

脂漏性皮膚炎

毛細血管拡張症の次に多い赤ら顔の原因が、脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂によって顔が赤くなることを指します。

皮脂の分泌が多いと、顔の皮膚が酸化した皮脂によってかぶれたり、炎症を起こしたりすることがあり、肌全体に赤みが出るのです。

この症状はニキビを伴う場合があり、そうなるとさらに赤みが増してしまいます。

その他の原因

赤ら顔には、毛細血管拡張症や脂漏性皮膚炎以外にも様々な原因があります。

ここでは、その他の原因をまとめてみましょう。

■慢性炎症…ニキビやアトピー
■自律神経性…赤面恐怖症や興奮、緊張
■皮膚萎縮…ステロイド治療や放射線治療の影響
■赤あざ…血管腫
■内分泌ホルモン系の機能障害…更年期障害、胃腸障害
■寒冷地や室内外の温度差が激しい環境で育ち、気温差に敏感な方
■毛細血管が透視できるほど皮膚が薄く色白の方

ニキビやアトピーなどの慢性炎症や赤あざは、皮膚科での治療が可能です。

自律神経性やホルモン系の機能障害は、元疾患の治療により改善可能となっています。

気温差や色白によって赤ら顔になる方は、正常な生理反応によるものなので、治療は難しいでしょう。

治療方法

レーザー治療

特定の波長の光を赤みが気になる患部に照射する治療法です。

毛細血管拡張症の治療では、血管中のヘモグロビンに反応するレーザーを照射することで毛細血管を凝固・収縮させます。

術後は数日間、赤みやヒリヒリ感が伴い、内出血が発生する場合もありますが、1~2週間で自然に改善されるので安心してください。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、レーザー治療がピンポイントで照射するのに対し、顔全体にソフトなレーザーを照射します。

レーザー治療と同じく、血中のヘモグロビンに反応して毛細血管を収縮させますが、レーザーと違い波長が弱いため、レーザー治療よりも効果はマイルドです。

照射時の痛みも弱く、術後の赤みやヒリヒリ感も数日で治まります。

自宅でできるケア

自律神経ケア

交感神経はストレスがかかると活発になるため、できるだけストレスを溜めず、また発散するようにしましょう。

リラックスすることや充分な睡眠時間を取ることも効果的です。

腸内環境ケア

便秘も顔の赤みの原因とされています。

便が腸内に溜まることで発生する有害ガスが、腸壁から血液中に入り全身へ運ばれ、肌トラブルを起こす原因となるのです。

乳酸菌や食物繊維を積極的に摂取し、腸内環境を整え、便を溜めないようにしましょう。

摂取を控える

飲食物カフェインや香辛料といった刺激物やアルコールを摂取すると、血流量が増し顔の赤みがめだちやすくなるので、控えめに摂取しましょう。

スキンケア

肌の皮膚が薄いと、毛細血管が透けて顔が赤く見えてしまいます。

洗顔時に角質層を余計に削り取ってしまわないよう、優しくケアしましょう。

化粧用品も刺激の強いものは控え、低刺激のものを使用することをおススメします。

寒暖差対策

室内外の気温差が激しいと、温度調整を司る自律神経が疲れ、毛細血管が拡張したままになりやすいです。

冬場の外出の際は、マフラーなどで顔を覆い、なるべく外気に触れないようにしましょう。

いかがでしたか?

赤ら顔の原因は様々あり、それに合わせた対策が、改善への近道となっています。

まずは自身の顔の赤みの要因を見分けることから始めましょう。

皮膚科の診療を受けることも効果的なので、一度お試しください。

スポンサーリンク

関連記事

洗顔上手!回数・力加減・水温・洗顔料は?

みなさんはどのような洗顔方法を実践しているでしょうか? 健康で美しい美肌作りは、洗顔から始

記事を読む

ヤーマン フェイササイズって、どんな商品? | 口コミと体験レポート

ヤーマン フェイササイズは、いつでもどこでも顔のエクササイズが行える美顔器です。その仕組みを簡単

記事を読む

ヤーマン プラチナホワイトの機能と特徴 | 口コミのご紹介

ヤーマン プラチナホワイトは、美容家電のパイオニアとして知られるヤーマン株式会社の美容機器シリー

記事を読む

ヤーマン アセチノスマート・アセチノセルビーの特徴や口コミのご紹介

ヤーマン アセチノスマート・セルビーとは、エステサロンのハンドケアを自宅で手軽に行えるトリートメ

記事を読む

Zogankin(ゾーガンキン)の効果や特徴、使い方、愛用者の体験談や口コミ情報

老け顔の最大要因である小ジワやほうれい線、だらしない印象を与えるフェイスラインやボディのたるみ、

記事を読む

リンス、トリートメント、コンディショナーの使い方と違いを知ってる?

頭髪浴用製品としてシャンプーをはじめ、リンスやトリートメント、コンディショナーが一般市販されてお

記事を読む

パナソニック 毛穴吸引 スポットクリアって、どんな商品? | 口コミと体験レヴュー

パナソニック 毛穴吸引 スポットクリアは、毛穴の中に詰まった汚れを取り除く家庭用美容機器です。

記事を読む

パナソニック 毛穴エステって、どんな商品? | 効果と口コミ

パナソニック 毛穴エステとは、主に毛穴ケアを目的とした超音波美容器です。 “主に”とする理由は

記事を読む

顔のたるみの改善・解消について

顔のたるみの予防と改善!12の簡単な方法をまとめました

こちらでは、顔のたるみを予防・改善するための方法をご紹介しています。 年令と共に、顔のたる

記事を読む

ピュアリープリズムの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

今、エステサロンでダントツ人気の最先端美容技術“エレクトロポレーション”。 美容と健康に様々な

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑