*

ほくろを取りたい!消したい!あなたに送る最も簡単な方法

公開日: : 最終更新日:2015/12/18 ほくろ , , , ,

ほくろを取りたい!消したい!

こちらでは、ほくろを取る方法、消す方法について、ご紹介しています。

よく見ると、誰にでもあるのがほくろです。
体中探して、ほくろのない人を探すほうが大変なことでしょう。

ただ、最近では、ほくろが「悪性腫瘍になる事がある」とか、「ほくろの場所で運勢がどうのこうの」などほくろを気にせざる負えない環境が有るように思います。

ただ実際、気にしだすと忘れてしまうことも難しいですね。
こちらでは色々なほくろを取る方法、消す方法について、情報をご紹介しておりますので、参考にして頂けると幸いです。

お待たせしました!ほくろ取りの新兵器【ほくろ除去クリーム】

ほくろ除去クリームについて

一昔前であれば、ほくろを取る方法は、ほくろを焼き切るような治療以外はありませんでした。
しかし現在では医学も大きく進歩し、ほくろをクリームで除去できるようになりました。
日本ではまだまだ知名度は低く愛用者も少ないですが、アメリカやイギリスなどの医療先進国ではクリームでの除去は当たり前のように行われています。

ほくろをクリームで除去すると言うのはいまいち信じられませんね。
クリームの作用によってほくろをかさぶたにし、それが自然に剥がれ落ちることでほくろを消す事ができると言うものです。

この方法は、もぐさの治療と同じですね。
しかし、もぐさの治療に比べて火傷の心配もありませんし、さらに簡単にできるようになりました。
もちろんその分、もぐさより費用は掛かりますが、これも効果と比較すると特に大きな問題であるとは思いません。

またクリームでのほくろの除去は盛り上がったタイプのほくろにも有効的だと言われていて、実際にふくらみのあるほくろの除去を体験した方が感動の声を上げています。
クリームは一回の利用後、1週間から2週間後にかさぶたが剥がれると言われています。

これは非常に便利な方法であると言えるでしょう。
たった一回で良いので、時間も掛かりません。

痛みが無いのが大きな特徴で嬉しいですね。
また価格が高めだと言っても複数回分のクリームがセットになっていますから、複数のほくろに悩まされている方にとっては嬉しいですね。

ほくろの除去クリームはほくろの除去を知られたくないと考えている人にも最適です。
それはほくろの除去のクリームは見た目には他のクリームと大差ありませんから、分かりにくいのです。
ですから家族に内緒でトライして見ることも可能です。

もぐさでほくろを消し去ろう

もぐさでほくろを消し去ろう

もぐさでほくろを消し去る事は可能です。
しかし、もぐさとは一体どういうものを指しているのでしょうか。

もぐさとは、ヨモギの葉の裏にある柔らかで繊維質な部分を指しています。
これは通常、お灸に使われる事で知られています。

このもぐさを利用してほくろ消し去る事は、昔の人が発見した大きな特効薬であったのです。
ただしそれは、もぐさだけの利用ではいけません。

もぐさにさらに複数の薬草をブレンドし、ほくろを取る目的用に作られたものだけが、ほくろを消し去る事が出来ると言われています。

もぐさは市販されています。
お灸の様にほくろの上に乗せ、燃やします。

多少熱を感じることになりますが、その後ほくろはかさぶたのように剥がれ、跡形も無く消え去ってしまっているのです。
しかしもぐさは、盛り上がっているタイプのほくろには効きにくいと言われています。
これは芯までもぐさの効果が届きにくいからでしょう。

最近になって再び、もぐさによるほくろの除去は注目を浴びています。
自宅に居ながら実践出来るので手軽ですし、難しい作業も無いので楽です。

レーザー治療と同じように赤みが残る場合がありますが、これもレーザー治療時と同じく数カ月で完全に消えていきます。
もぐさは手軽に行えて便利ですし、後も残り辛いですが、レーザーのように深くまで取り除けないのでほくろによっては完全に消せない事もあります。

痛みを感じることはありませんから、まずはもぐさを実践して見ると言うのもいいでしょう。

ほくろ取りのレーザー治療について

ほくろ取りのレーザー治療について

ちいさなほくろですと、液体窒素で取り去る事も多いのです。
しかし、ある程度大きなほくろはレーザーで焼き切る治療を行うことになります。

治療と言っても、レーザー治療を行うほくろは良性ですので、美しさを保つためにレーザーで治療を行うのです。
レーザーで焼き切ると言うと、ひどく恐ろしい治療に聞こえますが実際はそんな事はありません。

熱い高専を浴びるのではなく、炭酸ガスが用いられることがほとんどでほくろを剥がしてやると言うイメージが一番近いかもしれません。
ほくろのレーザー治療は皮膚科で行うのがお勧めです。

ほくろの治療は美容的なものですから、保険が効かない場合もありますが、皮膚科で相談して見るのが一番です。
場合によっては、保険の適用が認められることもあります。

ほくろ取りのレーザー治療で掛かる費用はほくろの数も関係しますが、面積も関係します。
だいたい5ミリ程度のほくろ一つで1万円から1万5線円程度の費用が掛かると言われています。

ほくろ取りのレーザー治療は行ったその日から美しい肌になるのではなく、数日は赤みを帯びていることが多いようです。
ですからレーザー治療を行うのであれば、治療を受ける日も考慮して置きましょう。

もちろん、外に出歩けない程度ではありませんが、美容的な面からほくろをレーザー治療する方々にとっては不安もあり、気にしがちです。
レーザー治療のおかげで、現在ではほくろに悩まされる人も減ってきました。
これは非常に良いことだと言えるでしょう。

レーザー治療のメリット、デメリットについて

ほくろ消しのレーザー治療のメリット

ほくろはレーザーで消し去ることが出来ます。
そのため多くの人がレーザー治療を行いますが、レーザー治療にデメリットは無いのでしょうか。
実はレーザー治療を行うことによってデメリットと呼ばれるものが存在します。

しかし、物事には必ずメリットがあればデメリットありますから、これらメリットデメリットをしっかりと理解し、自分で選択する事が大切です。

レーザー治療のデメリットは、ほくろの状態によっては複数回病院に通い、治療を行わなくてはならない事です。
さらにレーザー治療後は赤みがあり、たいてい2日で薄くなりますが、その後も1カ月から3カ月の間であかみは野こります。

3か月たってようやく赤みが消えるので、気になる人も多くいます。
女性の場合では化粧をすれば赤みを隠せますが、場所によってはそれが難しくなるでしょう。

女性の中には胸にあるほくろを消したいと考えている人や首のほくろを消したいと考えている人がいますから、時期を選ぶ必要が出てきます。

また、レーザー地龍を行うことによって数カ月間はしっかりとケアを行う必要が出てきてしまいます。
患部に紫外線を当てないように等、意外と注意すべきことは多いのです。

では、レーザー治療のメリットは何でしょうか。
もちろんレーザー治療のメリットは、ほくろを消すことが出来ると言う点でしょう。
施術時も痛みもなく、短時間で済みます。

さらに当日から入浴する事も可能で、今前の治療のように治療後にも痛みがあると言うことはまずありえません。
簡単に行うことが出来、そしてケアが大切であるというのがレーザー治療の特徴でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ほくろとは

ほくろに「色が・・・」「毛が・・・」「ガンになる?」ほくろの疑問にお応えします。

ほくろとは ほくろとは何かを考えたことのある人は意外と少ないのではないしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

防風通聖散でダイエット!効果・飲み方・注意点

防風通聖散でダイエット 年齢とともに溜まっていく脂肪を落とすって

酵素ダイエットで必ず痩せるヒミツとタイプ別酵素ダイエットの方法

今度こそ、絶対にダイエットを成功させたい!と本気で思うなら、酵

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

→もっと見る


PAGE TOP ↑