*

ボディーソープの正しい使い方

公開日: : , 石鹸


入浴の際には必ず使用するという人も多いボディソープ。
しかしながら、正しい使い方を意識せずにゴシゴシ洗っているという人も多いものです。
「ボディソープに正しい使い方なんてあるの?」という人もいることでしょう。
正しい使い方や効果的な使い方を知ることで、乾燥しがちな季節のボディケアがスムーズになることもあるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

ゴシゴシ洗いは乾燥のもと

ボディソープを使い、たっぷりの泡をボディタオルにつけてするゴシゴシ洗いは、入浴後のすっきり感は得られますが肌にとっては最悪の洗い方です。
ボディソープで体を洗う場合に一番良い方法とされているのは「手のひらで洗う」ことです。
ボディタオルはそれほど刺激が強いということです。
手のひらで洗う場合は、まずボディソープでモコモコの泡をつくることがポイントです。
洗顔用の泡立てネットなどを上手に使ってボディソープを泡立てたら、手のひらに泡を乗せてなでるように洗いましょう。

使用するボディソープの選び方

ボディソープにはさまざまな種類があり、市販されているもののほとんどはアルカリ性です。
アルカリ性のボディソープには洗浄効果が高いという特徴があり、このことがスッキリした洗いあがりを実感させるのです。
しかしながら、わたしたちの肌への刺激の強さも高く、肌表面の良質な油分やバクテリアをとりすぎるという注意点があります。
近年は弱酸性をうたった製品も登場しているので、ボディソープを選ぶ際はこちらを手に取るのも良いでしょう。
弱酸性のものはアルカリ性のものより洗浄力が劣るものの、わたしたちの体の不要な汚れを落とす目的であれば十分です。
また、ボディソープよりも固形石鹸を選ぶとさらに刺激が少なくなります。

肌が乾燥しやすい場合は

乾燥肌の人や、乾燥しやすい季節のボディケアが気になる人は、ボディソープや石鹸の部分使いをおすすめします。
汚れやニオイが気になるワキ・耳の裏・足・陰部のみにボディソープを使用し、残りの部分はお湯のみで洗う方法です。
この場合は湯船にしっかり浸かるようにし、肌表面の汚れを浮かせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

肌のバリア機能とは・失う理由とは・失うとどうなる

肌には本来、バリア機能があり、これが正常に働いていれば一定の肌トラブルを予防する効果があります。

記事を読む

乾燥肌の改善対策について

乾燥肌の改善対策に良い事・良い成分をまとめました

冬になって急激に増える女性の悩みが、乾燥肌です。また乾燥肌はあのうっとおしい「かゆみ」も一緒に連

記事を読む

乾燥肌の原因について

あなたの肌が乾燥する9つの原因をまとめました

乾燥肌に悩んでいる方や困っている方は沢山いると思います。 皮膚は、20歳をピークに皮脂の分

記事を読む

化粧を落とさず寝ると何が悪いのか?お肌への影響は?

毎日化粧している女性ですが、忙しいときには落とすのを忘れて寝てしまうことってありませんか?

記事を読む

ひじ・膝・くるぶしの黒ずみを治したい

いつの間にかひじや膝、くるぶしが黒ずんでいる…ということはありませんか? 自分の目に付きに

記事を読む

ローヤルゼリー+メカブフコイダンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ローヤルゼリー+メカブフコイダン】がオススメ! 「いくつになっても若い頃と同じような元気や美

記事を読む

通常のお肌に居る菌とは 善玉菌・悪玉菌の働き

「善玉菌」というとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 おそらくほとんどの人は「腸内を

記事を読む

【primo】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

女子のリアルな声から生まれた超保湿クリーム【primo】とは? 「美しくなるためなら、どんな努

記事を読む

二の腕のぶつぶつの原因と対処法

二の腕がザラザラしている…、赤いぶつぶつがあって恥ずかしい…とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

記事を読む

あせも(汗疹)の予防と対策?

夏場は汗をかく季節です。 汗ケアをきちんとしないと、あせも(汗疹)ができてしまいます。

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑