*

お肌が危ない!ボディーソープや石鹸の危険性

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 , 石鹸


日本人のほとんどは、毎日の入浴で体を洗う際にボディソープや石鹸を使います。
そのほうがさっぱりしますし、肌がキレイになる実感があります。
潤い成分や肌のキメを整える成分入りの製品もあり、そのような効果を期待して利用している人も多いでしょう。
しかしながら、ボディソープや石鹸には、実は肌にとって悪い影響が出ることもあります。

ボディソープや石鹸は肌に刺激がある

毎日使っているものなので、そんなに刺激を感じたことはないという人も多いでしょう。
しかしながら、たとえば石鹸が目に入ったときや、傷口に触れたときは大きな傷みを感じます。
これは、石鹸の成分が人間の体にとって刺激物であることをあらわしています。

石鹸が目に入るとなぜ痛みを感じる?

石鹸は詳しく言うと界面活性剤の一種であり、化学物質です。
ボディソープや石鹸は一般的に弱いアルカリ性で、人間の体のタンパク質に触れるとアルカリ性に変質させるほどの刺激があります。
このことで目や傷が痛みを感じてしまうのです。

強すぎる刺激は肌のバリア機能を低下させる

ボディソープや石鹸の刺激が強すぎると、肌のバリア機能を低下させる結果となります。
夏によく汗をかくからと、たっぷりの泡でゴシゴシ洗ったあと、鎖骨付近など肌の薄い部分がカサカサしてしまった経験はないでしょうか。
もちろん、ゴシゴシと洗った際の物理的な刺激によるものも大きいですが、ボディソープや石鹸の刺激で肌が荒れている場合もあります。
また、肌の機能を手助けしてくれる菌類を死滅させてしまっているケースもあります。

ボディソープや石鹸の利用は十分に注意する

使用していて肌がカサついた、ゴワゴワ感が増した、赤みを帯びたなどがあった場合には、すぐにそのボディソープ・石鹸の使用をやめましょう。
どうしても石鹸で洗浄したい場合には、肌に刺激の少ないものを選び、使い過ぎないことを意識します。
また、入浴後にはボディケアをして、保湿と角質のケアをおこなうようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ブラヴィ ボディミルクの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

顔は念入りにスキンケアしている人でも体のスキンケアは、おろそかになりがち。 しかし、体だって顔

記事を読む

美肌をつくるために必要なことは睡眠や食事や青汁が良い

きれいな肌の人は年齢を重ねていたとしても若々しく見えます。 きれいな肌の特徴はハリがあり、

記事を読む

ひじ・膝・くるぶしの黒ずみを治したい

いつの間にかひじや膝、くるぶしが黒ずんでいる…ということはありませんか? 自分の目に付きに

記事を読む

あせも(汗疹)の予防と対策?

夏場は汗をかく季節です。 汗ケアをきちんとしないと、あせも(汗疹)ができてしまいます。

記事を読む

「炭酸革命」の効果・効能・使い方・口コミのご紹介

炭酸革命は、こんな商品! 乾燥、ニキビ、吹き出物、シミ、シワ、くすみ、ザラつきなど、肌の悩みは

記事を読む

通常のお肌に居る菌とは 善玉菌・悪玉菌の働き

「善玉菌」というとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 おそらくほとんどの人は「腸内を

記事を読む

お風呂での身体洗い、お湯だけで良いらしい?

お風呂で体を洗うとき、ほとんどの人は石鹸やボディソープ、また洗髪のためにシャンプーを使用すること

記事を読む

二の腕のぶつぶつの原因と対処法

二の腕がザラザラしている…、赤いぶつぶつがあって恥ずかしい…とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

記事を読む

ボディーソープの正しい使い方

入浴の際には必ず使用するという人も多いボディソープ。 しかしながら、正しい使い方を意識せずにゴ

記事を読む

【primo】の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

女子のリアルな声から生まれた超保湿クリーム【primo】とは? 「美しくなるためなら、どんな努

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る


PAGE TOP ↑