*

肌のバリア機能とは・失う理由とは・失うとどうなる

公開日: : 最終更新日:2016/01/21


肌には本来、バリア機能があり、これが正常に働いていれば一定の肌トラブルを予防する効果があります。
しかしながら、なんらかの理由でバリア機能が失われると、肌が乾燥しやすくなる、傷つきやすくなる、花粉やホコリ・ハウスダストに弱くなるなどのトラブルが多くなります。
肌のバリア機能が失われる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

肌のバリア機能

特別な保湿やケアを行わなくても、肌のバリア機能は保たれます。
分泌されすぎると邪魔になってしまう「皮脂」もバリア機能のひとつで、これは肌の水分の蒸発を防ぎ、乾燥しやすさと傷つきやすさを予防してくれます。
皮脂がバランスよく保たれることで、外部からのホコリやハウスダスト、悪い影響を与えるダニの侵入を防ぎ、肌を健康に保つ効果があります。
また、肌のバリア機能には紫外線をカットする効果もあると言われています。

肌のバリア機能を失う理由

肌のバリア機能を失う最も大きな理由は「肌の洗いすぎによる皮脂膜の損失」です。
ボディタオルなどでゴシゴシと洗ったり、刺激の強いボディソープを愛用していたりすると、肌に必要な皮脂膜まで洗い流されてしまい、その結果肌は刺激に対して無防備な状態になります。
肌の水分も蒸発しやすくなるため、カサカサ、ゴワゴワと肌がかたくなったり、チリ・ホコリ・ハウスダストなどの外部からの刺激にも弱くなり、刺激に敏感になっていきます。
肌に強いかゆみが起きた場合、それは肌からのSOSである場合がほとんどです。
急に肌のかゆみが強くなった、敏感肌になったなどの場合、肌のバリア機能が著しく低下している場合があります。
また、洗い過ぎとは別に加齢によるバリア機能の低下もあります。
年齢を重ねることで水分保有量が低下し、肌が弱くなっていくので、若いころと同じような体の洗い方を続けるとさらに皮膚が乾燥しやすくなります。
保湿を心がけながら、刺激の少ないボディソープ・石鹸を選んでいくことが必要でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

お肌が乾燥すると何故トラブルの原因になるのか?

秋から冬にかけて気候の乾燥が目立つようになると、肌の乾燥に悩まされやすくなる方も多いことでしょう

記事を読む

あせも(汗疹)の予防と対策?

夏場は汗をかく季節です。 汗ケアをきちんとしないと、あせも(汗疹)ができてしまいます。

記事を読む

通常のお肌に居る菌とは 善玉菌・悪玉菌の働き

「善玉菌」というとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 おそらくほとんどの人は「腸内を

記事を読む

ローヤルゼリー+メカブフコイダンの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【ローヤルゼリー+メカブフコイダン】がオススメ! 「いくつになっても若い頃と同じような元気や美

記事を読む

「炭酸革命」の効果・効能・使い方・口コミのご紹介

炭酸革命は、こんな商品! 乾燥、ニキビ、吹き出物、シミ、シワ、くすみ、ザラつきなど、肌の悩みは

記事を読む

ボディーソープの正しい使い方

入浴の際には必ず使用するという人も多いボディソープ。 しかしながら、正しい使い方を意識せずにゴ

記事を読む

化粧を落とさず寝ると何が悪いのか?お肌への影響は?

毎日化粧している女性ですが、忙しいときには落とすのを忘れて寝てしまうことってありませんか?

記事を読む

ブラヴィ ボディミルクの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

顔は念入りにスキンケアしている人でも体のスキンケアは、おろそかになりがち。 しかし、体だって顔

記事を読む

お風呂での身体洗い、お湯だけで良いらしい?

お風呂で体を洗うとき、ほとんどの人は石鹸やボディソープ、また洗髪のためにシャンプーを使用すること

記事を読む

ホルモンバランスが乱れるってどういう事?なんでお肌に影響があるの?

生理前になると必ず肌荒れを起こす…という方はいらっしゃいませんか? また、正しいスキンケア

記事を読む

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

プロティンダイエットの方法や注意点

女性らしい体はプロティンで!プロティンダイエット プロティンと聞

白湯ダイエットの嬉しい効果とこんな人におススメ!

白湯ダイエットの嬉しい効果 白湯を飲むことで体にどんないい効果が

ワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ

贅沢で美味しいワイン美容のやり方!おススメの活用法いろいろ ここ

→もっと見る


PAGE TOP ↑