*

バターコーヒーダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 ダイエット


美味しくって、女性に嬉しいメリットがたくさんのバターコーヒーダイエット!ですが、中には、「ぜんぜん痩せない」「逆に太った」という声もチラホラ。
そこで今回は、人気のバターコーヒーダイエットで失敗する原因や対処法、注意点などを紹介します。
注意点に気をつけながら、正しい方法で実践できれば、1日1杯のバターコーヒーで脂肪がぐんぐん減る、と言われているので、ぜひ参考にしてくさいね。

バターコーヒーダイエットで失敗する原因

原因1「飲みすぎ」

この方法で、失敗するほとんどの原因が「飲みすぎ」です。
一般的なバターに比べて、身体によい「油」であるグラスフェッドバターは、ミルク風味でほんのり甘いため、コーヒーとの相性が抜群にいいんです。
そのため、1日に5杯以上、飲んでしまう、というケースも。

ブラックコーヒーなら、1日に5杯以上飲んでも、カロリーを気にする必要はありませんが、バターコーヒーの場合、1杯あたりのカロリーはおよそ100前後。
これは、白米お茶碗1杯分(小)に相当する量なので、身体に良いとはいえ、飲みすぎは禁物。
推奨されている量は1日1杯。
もしくは、置き換えダイエット法として活用するなどの方法がおススメです。

原因2「バターが違う!」

バターコーヒーダイエット最大のポイントは「バター」にあります。
一般的なバターは、高カロリーで本来ダイエット時は摂取を控えなければならない食材ですよね。

しかしバターコーヒーダイエットで推奨されるバターは、牧草だけで飼育された牛の乳のみで作られたシンプルなバターで、身体によい油(不飽和脂肪酸)を豊富に含有。
そのため、「摂ってもイイ油」・・・いや、「出来れば摂りいれたい油」なんですよね。

それなのに、一般的なバターをバターコーヒーダイエットに使用している方がものすごく多いという衝撃の事実。
それでは、ダイエットどころか、血液中の中性脂肪が増え、悪玉コレステロールが増え、大変なことになってしまいますよ。

グラスフフェッドバターは、最近はアマゾン、ヤフー、楽天などのネットでも簡単に購入できます。
以前に比べて、価格も安く、取り扱い店舗も増えています。
それでも身近でこのバターが入手できない、という場合は、次のバターで代用してね。

AOCバター

ブランス原産の乳肉兼用種(モンベリアルド種)の牛乳を使ったバターグラスフェッドバターよりも安価で、1000円から購入が可能です。

MTCオイル

100%中鎖脂肪酸でココナッツやパームフルーツに含まれる植物由来成分。
消化吸収やエネルギー分解促進効果が高く、毎日取り入れることで、体内のエネルギー源がブドウ糖からケトン体に変化し、やせ体質に。
粉タイプもあってさまざまなメーカーから誕生しているので、比較的入手しやすい。

ココナッツオイル

バターとは、すごく遠くなっているけど、コーヒーにトッピングするものとしてはこれがおススメ。
中性脂肪がつきにくい体にする、ということでダイエット効果が高く、現在ではどこでも入手が可能。
ただし、原料、原産、オーガニックの有無などを確認し良質なものをチョイスしよう。

原因3「コーヒーが違う!」

バターは推奨されているグラスフェッドバター、1日1杯にして、総カロリーにも注意をしている・・・。
なのに、口コミや体験談の評判のようなダイエット効果があまり実感できない!という方は、コーヒーの選び方にも注意をしてみるといいでしょう。

そもそもコーヒーには、ダイエット効果の高い「コーヒーポリフェノールクロロゲン酸」と言うものが含まれています。
しかし、ダイエット効果を最大限に引き出すには、クロロゲン酸が濃厚でなければいけません。
またクロロゲン酸は、どんなコーヒーにもたくさん含まれているというわけではありません。

例えば、インスタンコーヒーよりも豆からひいたコーヒーに、深い焙煎よりも浅い焙煎豆に、古い豆よりも新しい豆に、多くのクロロゲン酸が含まれています。
さらに、香りが高いフレーバーコーヒーは飲みやすい一方で、コーヒーの成分が低いというケースもあります。
バターコーヒーダイエットで最大のダイエット効果を実感したいなら、コーヒーポリフェノールクロロゲン酸を豊富に含む、良質なコーヒーを選ぶようにしましょう。

最もおススメなのは、グリーンコーヒービーンです。
グリーンコーヒービーンとは、生のコーヒー豆のことで、熱を通していないため、クロロゲン酸はそのまま生きています。

しかし、取り扱いショップが少なく、自宅で活用する場合、専用の機会でパウダータイプにしたり、蒸すのに時間がかかったりと、手間が必要です。
そこで最も活用しやすく、ダイエット効果も実感しやすいのが、浅い焙煎のコーヒー豆をチョイすることです。

一定のダイエットやアンチエイジング効果を残したまま、バターとの相性も抜群で、バターコーヒーダイエットの「コーヒー豆」として最適です。
これなら、お近くのコーヒー専門店やスーパーなどでも手軽に入手できますよね。

どうでしたか?
以前にバターコーヒーダイエットを試してみたけど、思うようなダイエット効果を実感できなかった。
という経験がある方は、上記で紹介した失敗例や原因をもう一度参考にして、今度こそ、目標の体重を目指してみませんか?

アメリカ発、セレブや海外有名アーティストにもすごく人気の「バターコーヒーダイエット」効果は、ダイエットだけでなく、脳の活性化、疲労回復、デトックスに腸内環境正常化、肌細胞の活性化による美肌効果などなど・・・。

しかも、ダイエット中にタブーとされる甘くて美味しいバターを堪能できるなんて、ものすごく嬉しいですよね。
ダイエットが続かない、甘いものがやめられない、コーヒーを美味しく飲みたい、という方にはすごく適しています。
では、さらに分かりやすいバターコーヒーダイエットの効果を紹介しますね。

バターコーヒーダイエットの効果

効果1「疲労回復」

無理な食事制限、過度の運動によるダイエットは、十分な栄養が摂取できず、身体がだるい、動きづらい、というデメリットが生じます。
しかし「バターコーヒーダイエット」は、無理な食事制限の必要は一切なし、適度な運動もしくは日常生活の運動量をちょっと工夫するだけで、ダイエット効果が得られるので、栄養の妨げによる疲労、身体のだるさなどの心配はありません。

効果2・「美肌・アンチエイジング」

30代、40代になるとダイエットするのも少し怖くなりますよね。
それは、減量が実現しても、肌がボロボロになるケースが珍しくないからです。

美肌のためには、十分な栄養を摂取しなければいけないのに、ダイエットのためには、油や糖類、炭水化物などを徹底的にカットしなければならない、という問題が・・・。
しかし「バターコーヒーダイエット」ならその心配はありません。
それどころか、バターコーヒーダイエットを取り入れることで、肌細胞が若返り、痩せながらアンチエイジング効果も実感できます。
そのヒミツは使用するバターにあります。

一般的なバターとは違い、不飽和脂肪酸を多く含むグラスフェッドバターは、中性脂肪や悪玉コレステロールの減少効果が高く、便秘改善、腸内環境正常化、血糖値の上昇抑制、消化吸収排出のデトックス効果、など、美肌作りに必要不可欠な身体を構成するのに最適です。
特に加齢によって、体内で生成される美肌成分の減少、糖化、腸内環境の悪化による頑固な便秘、代謝機能の低下が原因のめぐりの悪さ、などが気になる30代、40代の女性にはぜひ取り入れて欲しいダイエット方法なのです。

効果3・「脳の若返り」

バターコーヒーダイエットの生みの親は、アスプリーというIT企業化。
あの有名な「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」の著者です。
健康、美容オタクの方ならご存知ですよね。

アスプリー氏は、以前150キロという巨漢、不健康な身体を何とかしたい、という思いでなんと、数千万という大金を投じ、世界中のダイエット法を検証、研究して編み出したのが、この「バターコーヒーダイエット」なんです。
この方法を実践したアスプリー氏は、体重150キロを見事100キロ以下に減量することができ、かつ、IQがなんと20ポイントもアップしたというから驚きですよね。

不飽和脂肪酸は、脳の活性化、脳内伝達物質の促進作用も高く、痩せるだけでなく、頭をすっきりさせたり、集中力のアップ、作業・仕事効率のアップなど、「脳」へのプラス効果も実証されています。

以上のように、肥満体質を改善して、すっきりとしたボディを手に入れるだけでなく、身体の内側から「若返る」「脳を元気にする」ことができる「バターコーヒーダイエット」は、実践してみる価値ありますよね。

バターコーヒーダイエットのやり方

バターコーヒーダイエットは、ただコーヒーにバターを入れて飲むだけ、というシンプルなダイエット法。
ですが、効果を最大限に引き出すためには、次のものにこだわってください。

こだわりたいコト

良質な豆で淹れたコーヒーにする

コーヒーには、脂肪燃焼作用、糖分の吸収抑制、アンチエイジング作用に優れたコーヒープリフェノールクロロゲン酸が含まれています。
この成分は、インスタントにも多少含まれてはいますが、良質で、浅く焙煎することで、より多くのクロロゲン酸が摂取できます。

バターはグラスフェッドバターにする

一般的なバターは、脂肪分が高く、カロリー過多になるだけでダイエット効果はまったくなし!グラスフェッドバターは、牧草飼育の牛のミルクでできた無塩バターで、上記で紹介したさまざまな美容効果を発揮。
濃厚なミルク風味と、甘みが絶妙なので、コーヒーをマイルドにし、ブラックが苦手なヒトにも最適。

1日3杯以上飲まない

ダイエット効果、美肌効果が高い!とはいえ、バターのカロリーは、スプーン1杯で100カロリー前後と高め。
白米1杯分に相当するので、飲みすぎには注意をしましょう。

やり方

おススメ1「目覚めの一杯」

朝すっきりと起きるのが苦手、1日のスタートの切れが悪い、という方は、朝にバターコーヒー1杯取り入れてください。
ただし、バターコーヒーでおよそ100カロリーとなるので、残り200から300程度の食材で抑えるようにしましょう。

おススメ2「プチ断食」

短期間でダイエット効果を実感したい方には、朝昼晩の食事のうち1回分を「バターコーヒー」に置き換えましょう。
最も効果的なのは、夜。

消費力の低下する夕食を置き換えることで、およそ500カロリー前後のカロリーカットが期待できます。
また夜に取り入れることで、疲労回復、消化促進、細胞の修復等に必要な機能を活性化させることができるので、美肌、体力アップにもおススメです。

おススメ3「間食・甘いもの対策」

10時、15時、深夜遅くにと、甘いものを食べてしまう、我慢できない、という方は、甘いもの対策の一つとして上手に活用しましょう。
バターコーヒーはミルク風味で甘みもしっかり感じられます。

一般的なスナック菓子やケーキ、などと比較してもカロリーは低く、ゆっくりと味わうことで、満腹感と同時にリラックス効果も期待できます。
どうでしたか?バターコーヒーダイエットの魅力的な効果と、すごくシンプルなやり方なら、ダイエットが苦手、激しい運動は嫌だ、という方でも気軽にスタートできそうですよね。

美味しく、キレイに、健康的に痩せたい方は、ぜひ紹介した方法で、お試しください。
「バターコーヒーダイエット」って知っていますか?バターにダイエット、一見まったく逆のモノという印象を受けますが、なんとこのバターダイエットの減量効果、ならびにその他の効果が絶大!とジワジワ注目されているんです。
そこで今回は、私もかなり気になっている「バターコーヒーダイエット」について紹介します。

アメリカ発!美味しいのにダイエット効果抜群!!

40キロものダイエット成功者もいる!と話題沸騰の「バターコーヒー」は、アメリカで人気のダイエット方法です。
イケメンぞろいのワンダイレクションのハリーもこの方法で、あの超抜群のスタイルを維持しているとか・・・。
でもなぜ、ダイエットではタブーとされている「バター」でダイエットできるのか?すごく不思議ですよね。

痩せるヒミツは「グラスフェッドバター

そう!バターコーヒーダイエットで痩せる!というのは、一般的なバターでは実現不可能!使われているのは「グラスフェッドバター」と呼ばれるバターで、初めて耳にした!という方も多いのでは?そこで少しだけ、「グラスフェッドバター」について紹介するよ。

グラスフェッド=放牧肥育という意味があり、グラスフェッドバターとは、牧草だけで育った牛の乳から出来たバターのことを言います。
最大の特徴は、一般的なバターに比べて、不飽和脂肪酸を多く含んでいる点です。

不飽和脂肪酸って?

不飽和脂肪酸は、体内で脂質(油)の材料となり、脂質は、体内で次のような働きを担っています。

・パワーの源となる(疲労回復等)
・血中の中性脂肪の抑制(ダイエット効果)
・悪玉コレステロールの排除(ダイエット効果)
・細胞膜、ホルモン、血液を作る(美肌、美容効果)
・細胞、神経、皮膚、骨を保護する(疲労回復等)
・脳神経、伝達機能を調整し、脳の働きを活性化する
・ビタミンA、Eなどの脂溶性ビタミンの吸収促進(美肌、美容効果)
・消化、吸収、排出を助け、めぐりをよくする(ダイエット効果)
・肌の潤い、弾力に必要(美肌、美容効果)等があります。一方、脂質不足が起こると・・・・エネルギー不足が発生し、免疫力の低下・病気になりやすい
・各細胞の構成ができず、老化が進む
・悪玉コレステロールが増加、めぐりの悪化(肥満)
・血中の脂質が増え、メタボなどの生活習慣病を発症(肥満)
・肌の老化
・生理不順などの更年期障害
・老廃物が蓄積し便秘、肌荒れを発症(肥満等)

等、さまざまなトラブルを引き起こします。
以上のことからもわかるとおり、不飽和脂肪酸は、私たちが美しく、元気に生活するために必要不可欠な成分です。

そして注目すべきは、不飽和脂肪酸を上手に取り入れることができれば、美肌を意識しながらとても多くのダイエット効果を実感できる、という点です。
ただ、私たちが日ごろ摂取している脂質つまり油のほとんどが、飽和脂肪酸系で、それを摂りすぎることで、肥満を含むさまざまな体調不良の要因を作ってしまうのです。

例えば、肉類の脂、乳製品やケーキ、スナック、などに含まれる脂質(油)はほとんどが摂りすぎると大変危険な飽和脂肪酸系です。
逆に、植物の種子、青魚、などは、不飽和脂肪酸系で、一定量を取り入れることで、身体にプラスに働きます。

グラスフェッドバターを使ったバターコーヒーダイエット

そこで現在注目されているのが、これ!不飽和脂肪酸を豊富に含有するグラスフェッドバターを使った「バターコーヒーダイエット」このバターは、牛乳の風味が強く、ほんのり甘みがあって、とにかく美味しい!のが嬉しい。

甘いものを一切制限されるダイエット中だからこそ、バターコーヒーの甘さは、すごく貴重だよね。
また、ブラックコーヒーが苦手な方でも、牛乳風味のグラスフェッドバターをトッピングすることで、ミルクコーヒーやカフェオレ風味になるので、意外と飲みやすいと評判です。

バターコーヒーダイエットは、単なるダイエット効果だけでなく、脳の活性化、パワーアップ効果も期待できるので、目覚めに1杯頂くと、スッキリとした1日のスタートが切れます。

また深夜遅くまで仕事をしている方などは、夜食にラーメンやパンなど高カロリーの食品を摂取する事がありますが、これでは、ただ、太るだけで身体には良くないですよね。

バターコーヒーなら、消化、吸収、排出効果、そして身体のめぐりを改善しながら、疲労回復、脳神経伝達の活性化などの働きが期待できるので、空腹を満たしながら、作業効率アップにも大いに期待できます。

バターコーヒーダイエットは、1日3回、好きな時間に取り入れるだけの簡単ダイエット法です。
運動や食事制限は苦手、美容も健康面も考えながら、美味しくダイエットを続けたい、というわがままさんに大変おススメです。
海外セレブや有名アーティストは、すでに実践、実証済み。
ジワジワとその人気が広まりつつある美味しくって、楽しい「バターコーヒーダイエット」早速実践してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難しく考えないていませんか? 何

記事を読む

菜の花がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

菜の花と言うとどういったイメージが思い浮かぶでしょうか。 おひたしなどにも使われる食材ではあり

記事を読む

ねぎがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

ねぎは日本の食卓ではたいへん身近な食材です。 和食に欠かせない味噌汁の具としてはもちろんのこと

記事を読む

ヤーコンがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

ヤーコン / orangeobject ヤーコンは中南米アンデス高地原産の根菜で、健康効果が注目さ

記事を読む

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思っているアナタ、こんなダイエットは

記事を読む

人気の痩身エステについて

一昔前まではエステサロンという場所は一部のセレブや芸能人、モデル等の有名人が通う場所であるという

記事を読む

非加熱野草酵素の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

非加熱野草酵素とは・・・・・ 突然ですが、いま流行中の酵素の弱点はご存知でしょうか?酵素ダイエ

記事を読む

モロヘイヤがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

モロヘイヤは「王様の野菜」と呼ばれるほど栄養価に優れた野菜です。 豊富な栄養素は健康や美容、ダ

記事を読む

カリフラワーがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

カリフラワーは日本では「たくさん食べる野菜」のイメージは薄いかもしれません。 そのため、どのよ

記事を読む

こだま食品 有機高原のごぼう茶の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

こだま食品 有機高原のごぼう茶は、有機栽培で育てられた美味しくて栄養豊富なゴボウを100%使用し

記事を読む

美肌の為のタイプ別、シーン別、飲料、食事習慣

美肌 体内 体内から美肌を考える!毎日の食事で出来るお手軽美肌習慣

生姜ダイエットのやり方と生姜のすっごい効果とは?

生姜ダイエットのやり方4つ これから体の代謝を高める温活にもなる

温活ダイエットの方法と有効な食材で痩せる体作り!

温活ダイエットの方法 温活ダイエットでまず体温を上げる基本的なも

もち麦はダイエット効果だけじゃない、すごい有効成分!

もち麦ダイエットのやり方 もち麦ダイエットのやり方と言って、難し

no image
ホットヨーグルトダイエットのやり方・効果・注意点

ダイエットには夜ヨーグルトダイエットが効くー 今話題のホットヨー

→もっと見る

PAGE TOP ↑