*

足しばりダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

公開日: : 最終更新日:2016/12/22 ダイエット

「足しばりダイエット」って何?なんで痩せるの?

その名の通り、足をしばるだけ!のダイエット法です。
でも、なぜ足をしばるだけでダイエットできるのか?不思議ですよね。

筋力の低下による骨盤の歪み!

思い出してください。
椅子に座っているとき、無意識に足が開いて、残念な格好になっている、って経験ありますよね?

「女の子なんだから足をきゅっと閉めて!」なんて、親や先生から散々注意された方も多いのでは?
無意識に足が左右に開いてしまうのは、太ももの筋肉が少ない、もしくは筋力が低下し、身体のバランスを担う骨盤のゆがみが原因です。

骨盤は、身体の中心にあって、上半身と下半身の力を上手に分散しています。
骨盤は、その周辺にある筋肉によって支えられ、正しい姿勢を維持することができるのです。

でもね、猫背や頬づえ、足を組むなどの不良姿勢やストレス、血行不良、疲労などの要因によって、正常なバランスを保つことが難しくなります。
また、運動不足や加齢により日々、衰える筋力が骨盤をしっかりと支えることができず、余計に歪みが悪化します。

骨盤が歪むと・・・

骨盤内部、その周辺には人間が生きていくうえで重要な機能、組織がたくさん存在します。
中でも生殖機能の圧迫により女性ホルモンの乱れが発生し、生理不順や更年期障害、不妊症など女性特有の症状で悩まされることに。

また、血管やリンパを圧迫し、身体のめぐりが悪化。

さらには、代謝機能や脂肪燃焼作用の低下により、老廃物や脂肪、余分な水分が体内に蓄積され、肥満、下半身太り、便秘、むくみ、肌荒れ、シミシワ、など見た目の「老化」が急速に進みます。

この状況こそが、30代、40代と年齢を重ねるにつれ、痩せにくく、太りやすい、ウエスト周りに脂肪がつきやすい、ポッコリとおなかが出てしまう、むくみで足がパンパンになる、など、見た目の印象を大きく差をつけてしまう原因です。

どんな失敗があるの?

ただ足を縛るだけの簡単なダイエット方法なのに、一体どんな失敗があるのか?
いろいろな方の体験談からピックアップして紹介します。

ケース1「足がむくんだ」

すごく多かった「足しばりダイエット」の失敗談が「足のむくみ」もしくは「足に跡が出来た!」というケースです。
原因は、縛る強さと、位置です。
「足しばりダイエット」の最大の目的は、大きな太ももの筋肉の強化と骨盤矯正です。

足を閉じる、という癖をつけることによって、筋力アップと骨盤のゆがみが防止できます。
そして強制的に縛らなくても、自然と足を閉じることができれば、足しばりダイエット成功、となりますよね。

だからこそ、強く縛る、必要はありません。
逆に足を強く縛ることで、血液の流れが悪くなります。

血液は、筋肉向上に必要な栄養や酸素を運び、余分な水分や老廃物を排出する役割りがあるので、その働きを阻害すると、むくみとなってしまうのがオチ。
この問題を解決するには、縛る位置と、使う紐選びに注意しましょう。

まず、縛る位置ですが、膝からこぶし1個分上がベスト。
この1点を縛るだけで、下半身全体の筋肉が緊張するのがはっきりと分かります。

また使用するベルトや紐ですが、やや太めのサイズを選びましょう。
面積の広い点で、固定することによって、弱い力でも、しっかりと足が固定できます。
足がむくんだ、という失敗をした方は、もう一度この方法でチャレンジしてみてね。

ケース2「まったく効果を実感できない」

もう、本当に残念ですよね。
効果を実感できないなんて・・・。
こんなにも簡単なのに・・・。
それでも検証してみましたよ。
おそらく原因は2つ。

一つは、継続しなかった!のではないでしょか。
足しばりダイエットに限らず、どんなダイエットでも確かな効果を実感するまでにある程度の継続は必要不可欠。
特に、長年の積み重ねによって作り上げられた「肥満体質」「歪んだ身体」「質の低い筋力」「加齢にともなう影響」を改善するには、最低でも1ヶ月の継続は必要です。

これまで一度も運動をした経験がない方、30代、40代と基礎代謝の低下が深刻な方、食事制限など一切していない人は、特に1ヶ月から2ヶ月は最低でも1日5分の足しばりダイエットを実践し続けるようにしてください。
1ヶ月目あたりから必ず「おや?」という変化を実感できるはずです。

そして2つ目は、正しいやり方を実践していないです。
ただ足を縛ればそれだけでダイエット効果がある!と思っていませんか?

それでは、十分な効果を得ることは不可能です。
足しばりダイエットの目的、やり方、など基本的なことをしっかりと理解した上で、まずは「正しいやり方」をマスターしてください。
なぜ、足しばりダイエットで痩せるのか?それが分かれば、必ず効果を実感できます。

効果をグッとアップするためのおススメプラス1

さまざまな失敗談を紹介しましたが、次は、足しばりダイエットの効果をもっと確実により早く実感したい方におススメのプラス1を紹介します。
上級者編となるので、取り入れて間もない方は、無理は禁物ですよ。

足上げ運動

太ももと左右の親指を縛った状態で、仰向けになります。
両手をウエストのスキマに入れて、身体を固定します。
この状態で、ゆっくりとつま先を持ち上げましょう。

10センチほど持ち上げたら、そのまま20秒キープします。
このとき、太もも、腹筋、ヒップなどの筋肉が引き締まるのを実感できます。

さらに、「骨盤が閉まる!」とイメージしながら行うとより効果的ですよ。
20秒経過したら、ゆっくりと口から息を吐きながら、元の位置に戻します。

この動作を繰り返し3回行ってください。
就寝前に行うのがおススメです。

仕事中に取り入れたい方は、太ももの位置で足を縛った状態で、足を持ち上げます。
正しい姿勢を崩さないよう意識し、お尻の穴にギュッと力を入れるイメージで足を持ち上げたら10秒キープします。

ゆっくりと元の位置に戻し、繰り返し5回行うといいでしょう。
お尻の穴に力を入れることで、インナーマッスルが強化され、ウエストの引き締め効果も抜群。

エアー足しばりと食事

足しばりダイエット上級者は、ベルト、紐を使わずイメージだけで行うのがおススメ。
つまり、自らの筋肉だけで、足を閉じる、という状況を長時間作り続けるのです。
ただし、ただ筋肉を増やすだけでなく、質の高い筋肉にするためにも、食事面にも気を使うようにしましょう。

おススメの食材は、高たんぱく低カロリーの鶏ささみ、鶏胸肉、レバーや卵、魚、野菜です。
ここまで意識できるようになると、あなたの見た目は、すでに激変しているかも。

足しばりダイエットで失敗しちゃった方、思うような効果が実感できないと悩んでいる方は、上記で紹介した失敗談やプラス1のおススメ方法を上手に活用して、もう一度、チャレンジしてみてね。

簡単なのに、効果が高い!と話題の「足しばりダイエット」ですが、やり方を間違えるとせっかくのダイエット効果が十分に引き出せないので、正しいやり方をマスターして下さいね。

ここでは、「足しばりダイエット」やり方、初心者向けから上級編までを紹介します。
と、その前に、「足しばりダイエット」で得られる効果をちょっと紹介しますね。

「足しばりダイエット」を続けると・・・

基礎代謝の向上!!

足しばりダイエットは、身体の中でもっとも大きな太ももの筋肉を強化できるので、基礎代謝量のアップが期待できます。
基礎代謝とは、人間が生きていくうえで必要なエネルギーで、ただ生活するだけで消費されるエネルギーのこと。
つまり、基礎代謝量が高いヒトほど、痩せやすく、引くヒトほど太りやすい傾向にあります。

例えば、若いころは、たくさん食べても太らなかった!という経験ありますよね。
それは、基礎代謝の量が高く、食べても食べても、効率よく消費されちゃうから。

一方、水を飲んでも太る、あまり食べてないのに体重が増える、という奇妙な現象で悩まされるアラフォー世代は、基礎代謝が年々低下。
そのため、取り入れたモノをうまく消費できず、余分な老廃物も水も脂肪も身体の中に蓄えてしまうのが肥満の原因です。

この状況を打破するには、消費エネルギーをもっとも多く使う筋肉量を増やし、基礎代謝の量を向上させる必要があります。
「足しばりダイエット」は、身体の中で一番大きな太ももの筋力アップに高い効果を発揮するので、特にアラフォー世代のダイエットにはもってこいの方法なんですよ。

骨盤の歪みを矯正!

骨盤のゆがみが引き起こす美容トラブルは、すでに知っていますよね?
女性特有のトラブルから、肥満、抜け毛にシミ、シワ、下半身太りや産後太り、などなど、あげるときりがありません。
「足しばりダイエット」は、骨盤のゆがみを矯正し、正しい姿勢を取り戻すことが出来ます。

また美しいS字ラインのスタイルを維持できれば、おのずとそれぞれの部位に必要な質の高い筋力をつけることにもつながり、基礎代謝向上へと拍車がかかりますよね。

メリハリボディ

「足しばりダイエット」で身体全体に質の高い筋力が備わると、どうなると思いますか?
凹む部分はしっかり引き締まり、出るところは、ちゃんと出る、メリハリのあるボディラインが作れます。
中でも、美脚効果は絶大。

足に貯まっていた老廃物が効率よく排出され、適度な筋力がつくので、スラッとまっすぐに伸びる足をキープできます。
特に、足首周り、太ももの内側の引き締め効果は抜群です。

「足しばりダイエット」やリ方

たくさんの効果が得られる「足しばりダイエット」ですが、最初から無理をしてはダメ。
そして、継続することで確実な効果が得られるので、三日坊主も禁物。
最低でも1ヶ月は継続するようにしてくださいね。
そこで、楽に続けられる秘訣を紹介するので、最初から暴走しないようにしてね。

ステップ1「初級編」

はじめて「足しばりダイエット」を行う方は、基本的な姿勢をマスターするようにしましょう。
1日5分を目安に無理をしないことがポイントですよ。
準備するものは、紐、もしくは使い古しのベルトでもOKです。

正しい姿勢を意識して椅子にこしかけます。
膝と膝、かかとをしっかりとくっつけたら、膝よりも少し上(こぶし1個分上)あたりをベルト、ヒモで固定しましょう。

このとき、肌に跡が残るほど強く結ぶのはNG。
足が左右に開かない程度の力で固定してください。

ここをきゅっと縛るだけで、不思議と身体全体の筋肉がギュッと引き締まるのが分かりますよね。
この状態で5分、慣れてきたら、10分、20分と、続けてみてくださいね。

ステップ2「中級編」

縛ることに慣れてきたら、今度は、太ももだけでなく、足の左右の親指も固定しちゃいましょう。
ヘアゴムなどを使って、軽く固定してください。

2点を縛ったら、いつもどおりデスクワークなどの作業を行うだけです。
時々、つま先をアップダウンする運動を取り入れるとより効果的です。

つま先アップダウンは、血行不良やむくみ改善、筋力アップに最適です。
また、太ももの内転筋アップにも効果覿面なので、無理をしない程度に取り入れてくださいね。

ステップ3「上級編」

足を縛ることにまったく抵抗がなくなったら、今度は、寝ている間も縛っちゃいましょう。
ただし、寝ている間に「足しばりダイエット」を取り入れる場合、まずは足の左右の親指を縛る1点から始めてください。
また強く縛りすぎるのも禁物。

寝返りが打てず、睡眠を妨げる事もあるので、万が一の時にゴムが切れるかも、という程度の力で固定しましょう。
慣れてきたら、太ももの縛りを加えて、2点縛りで寝てみてください。

寝ている間に発生する骨盤のゆがみを強制しつつ、太ももなど下半身の筋力アップを強化できるので、短期間で効果を得ることが出来ます。
ただし、少しでも睡眠が妨げられるようなら、無理をせず、日中だけ取り入れるようにしてください。

この方法を1ヶ月続けてみると、あら、不思議・・・。
ヒモやベルトで固定しなくても、自然と膝と膝がくっついたままの姿勢を長時間維持できるようになります。

つまり、太ももを含む、身体全体の筋力がアップし、自分の身体を自分でコントロールできるようになっちゃっているんです。
それが出来たら、いつの間にか、基礎代謝も向上し、痩せやすく太りにくい身体へと変化しているかも。

さらに、その頃には、身体全体が引き締まり、また、キレイな姿勢になっているので、見た目の印象が大幅に激変しているはずですよ。
まずは1ヶ月、3段階のステップで、無理をしない程度に取り入れてみてくださいね。

足を縛るだけなので、オフィスでも気軽に実践できるのも嬉しいよね。
足をしばるだけで、痩せられる!と話題になった「足しばりダイエット」。

実際にやってみた!って方、多いのではありませんか?
だって、足をただ縛るだけで、痩せられるなんて、そんな楽チンな方法、取り入れないわけないですよね。

私も、実際に挑戦してみましたが、ホントに凄かった!です。
まだ一度も試したことがない、という方のために、某有名雑誌で紹介されてから一躍注目された「足しばりダイエット」の効果などを簡単に説明しますね。

「足しばりダイエット」が骨盤のゆがみを改善する!

そこで注目されたのが「足しばりダイエット」です。
筋力の低下、骨盤の歪みが原因で開いてしまう足を、意識的に閉じてしまえば、これ以上骨盤が歪んでしまう心配はありません。
また足を意識的に閉じることで、姿勢の矯正、太ももの筋力の強化、骨盤の歪み矯正効果が一度に出来ます。

試しに、左右の膝をぴったりくっつけて、椅子にこしかけてみてください。
太ももにスキマを作らず、かかともぴったりと閉じると、どうですか?

太もも、下腹部、背中、わき腹、などの筋肉がギュッと引き締まるのが分かりますよね。
この姿勢を長時間保つことができれば、特別な運動や食事制限等をしなくても、全身の筋肉を鍛えることが出来ます。

でも・・・正直、この姿勢って、すごく大変ですよね。
せいぜいもって1分ってところでしょうか。

足を閉めることに意識してしまうと、別の作業に支障をきたすことも・・・。
でも「足しばりダイエット」なら、ヒモをつかって、強制的に足を閉じるので、楽に骨盤矯正や筋力アップ効果が得られると言うわけです。

ちなみに・・・

痩せるためには「筋力アップ」が重要、と言われる理由は知っていますか?
それは、筋肉量が多いほど、基礎代謝量が高いからです。

基礎代謝とは身体を動かすエネルギーのことで、年齢や生活習慣等によってそれぞれの持つ量が異なります。
例えば、18歳から20代の若い女性では平均して1200カロリーほどの代謝量を持ちます。

1200といえば、昼夜600カロリーほどのカツ丼をガッツリ食べても、あっという間に消費されてしまいます。
さらに、若い女性であれば、筋肉量も運動量も豊富なので、お菓子やスナックなどを食べても、運動、食事制限なしで、どんどん痩せちゃう、という嬉しい現象が起こります。

一方、基礎代謝は加齢とともに低下し、40代では、1000カロリーほどにダウン。
しかも、筋肉量、運動量ともに減少するため、「あまり食べてないのに太る」という恐ろしい現象が・・・。
加齢に左右されるなら、もうお手上げ・・・ではありません。

基礎代謝は、筋肉量を高めることで、引き上げることは可能です。
中でも、もっとも大きな太ももの筋肉を強化することによって、30代、40代と基礎代謝の低下が心配なアラフォーでも確実に痩せ体質に改善することは可能です。

そして、それを効率よく実現させてくれるのが、「足しばりダイエット」なんですよ。
足をしばるだけで、太ももの大きな筋力アップと、骨盤のゆがみ矯正の2つの効果を実現できるので、絶対にやらないと損ですよね。

「運動や食事制限しても、痩せない」「水を飲んだだけなのに太る」「足が無意識に左右に開いてしまう」「下半身太りが気になる」「骨盤が歪んでいる気がする」という方は、早速「足しばりダイエット」を実践してみてください。

筋力アップ、骨盤の引き締め、姿勢矯正など、あらゆるメリットが得られると話題の「足しばりダイエット」ですが、残念ながら失敗している方も・・・。
こんなにも簡単なダイエット法で、なぜ失敗するのか?
さまざまな情報や体験談をもとに私なりに検証してみたので、思うような効果が得られなかった、という方は、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

たまねぎがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

たまねぎは日本人の食卓で登場する機会の多い、非常にメジャーな食材です。 毎日食卓に並ぶという人

記事を読む

ピーマンがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

緑黄色野菜のひとつであるピーマンは、その栄養素の豊富さなどから私たちの食卓には欠かせない野菜とな

記事を読む

ほうれん草がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

ほうれん草は栄養が豊富な野菜のひとつとして広く知られ、家庭でよく食べられる野菜となっていますが、

記事を読む

人気の痩身エステについて

一昔前まではエステサロンという場所は一部のセレブや芸能人、モデル等の有名人が通う場所であるという

記事を読む

れんこんがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

れんこんは料理に使用する頻度が少ない野菜ですが、ダイエットや美容効果の高い野菜だということをご存

記事を読む

ポリフェノール乳酸菌生産物質の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ポリフェノール乳酸菌生産物質とは、株式会社ウェブサポート21によって販売されているサプリメントで

記事を読む

お茶で簡単ダイエット

お茶でのダイエットは、減量はしたいけど食事制限やつらい運動はやりたくないという方におすすめの方法

記事を読む

セロリがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

セロリはダイエットに有効な成分を含んでいる野菜ですが、食卓にのぼる馴染み深い野菜としてのイメージ

記事を読む

生姜がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

生姜はダイエットパワーや健康パワーに優れている野菜のひとつです。 しかしながら、食卓に頻繁に登

記事を読む

酵素ダイエットの仕組みと方法の詳細

ダイエットの一番の強敵は、ダイエット後のリバウンドです。 しかし、中にはリバウンドをしないとい

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る


PAGE TOP ↑