*

えん麦のちからの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報 –

公開日: : ダイエット

健康・美容・ダイエットに!話題の低GI食品【えん麦のちから】とは

年齢を重ねるにつれて太りやすくなった、ダイエットをしても痩せにくい、ダイエットに成功してもリバウンドしてしまう‥‥このような悩みを解決できる“低GIダイエット”をご存知ですか?食べ方を変えるだけで効果的に痩せられるこのダイエット法は成功率が高い上にリバウンドしにくく、美容や健康の維持にも役立つことから医師や栄養士も推奨しています。
そんな低GIダイエットを簡単・手軽に始めたい方には、低GI食品の【えん麦のちから】がオススメ!Aランクの栄養機能を持つスーパーフード“えん麦ふすま”を使用しており、甘い物が止められない方、運動や食事制限が苦手な方、便秘がちな方に最適な商品です。
その機能性は、TBS「いっぷく」などの情報番組をはじめ日経ヘルスや婦人公論、東京新聞、産経新聞など各種メディアから注目され、楽天市場の健康食品ランキングで1位を獲得しています。
【えん麦のちから】の人気の秘密は、元々の“えん麦”よりも手軽で美味しく、効果が高いこと!ザラザラとして食べにくく扱いが難しいえん麦を独自製法で粉末化することにより、普段の食事に取り入れやすく、なめらかな口当たりを実現しました。
しかも、栄養成分が高濃度で濃縮されているのでえん麦のパワーをしっかり実感することができるのです。
実際に【えん麦のちから】を試した方のうち、なんと2人に1人が便秘改善やダイエットなどの効果を実感しています。
低GIダイエットは面倒で続かない、えん麦は食べにくくて続かない‥‥それなら【えん麦のちから】を是非お試しください。
「10日間の500円モニター」キャンペーン中の今がチャンスです!

【えん麦のちから】で簡単・手軽に!“低GIダイエット”とは

低GIダイエットとは、GI値が低い食品を用いたダイエット法で、低インスリンダイエットとも呼ばれています。
GI値とは、炭水化物が消化されて糖に変わるまでの速さや血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)の上がり方を表す数値のこと。
低GI値の食品は、普段と同じ量を食べても脂肪がつきにくい上に満腹感が持続するため、ダイエットに最適です。
低GIダイエットは実際に行うと面倒で長続きしない人が多いと言われていますが、低GI食品【えん麦のちから】なら簡単・手軽に美味しく続けることができます。

血糖値の上昇と太るメカニズム

糖質が含まれる食品を摂取すると血糖値が上昇し、すい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンとは、筋肉などの組織に糖を取り込ませることで血糖値を下げるホルモンのこと。
取り込まれた血糖は細胞内で脂肪に変化し、中性脂肪として蓄積されます。
血糖値の上昇スピードが速いほどインスリンの分泌量が多くなり、それだけ太りやすくなります。

低GI食品とダイエットの関係

GI値が高い食品ほど血糖値が急激に上昇し、低い食品ほど血糖値の上昇が遅くなります。
つまり、GI値が低い食品を選べばインスリンの分泌が抑えられるので、脂肪の蓄積を防ぎながら効果的なダイエットができるのです。

低GIダイエットの魅力

食事制限と違って、食べることを我慢するストレスや栄養不足による体調不良や肌荒れの心配がありません。
他のダイエットと比べてリバウンド率が半分以下という調査結果もあり、無理なく着実に、美しく健康的に痩せることができます。
また、肥満やメタボリック症候群、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善にも有効です。

【えん麦のちから】に使用されるスーパーフード“えん麦ふすま”とは

【えん麦のちから】は、えん麦ふすまを独自製法で粉末化した機能性食品です。

えん麦ふすまとは

えん麦ふすまとは、イネ科カラスムギ属の植物“えん麦”の外皮のこと。
えん麦(オーツ麦)は、日本でも人気の海外発ダイエット・健康食品オートミールやグラノーラとして親しまれており、えん麦ふすまはオートブランと呼ばれています。
えん麦は、吸水性の高い水溶性食物繊維“βグルカン”が豊富なことで知られ、それが最も多く含まれているのが外皮であるえん麦ふすまです。
食品などの安全性や有効性を評価するアメリカ食品医薬品局(FDA)では、健康効果が認められた食品を科学的根拠のレベルの高さに応じてA~Dに厳密にランク分けしており、えん麦は「心疾患に対する栄養機能」において最高のAランクの食品として認められています。
また、アメリカのTIME誌においては、トマト、ほうれん草、赤ワイン、ナッツ、ブロッコリーなどと並んで「栄養機能が非常に高い10の食品」の一つにえん麦ふすまが選ばれています。

えん麦と大麦の違い

どちらも同じイネ科に属し、βグルカンを含む穀物ですが、いくつか違いがあります。
大麦は胚乳というデンプン層にβグルカンが多く含まれているため、大麦からβグルカンを摂取すると、デンプン(糖質)も一緒に摂ることになります。
一方、えん麦は糖質を含まない外皮(えん麦ふすま)にβグルカンが集中しているため、よりダイエットに適しているのです。
さらに、えん麦は食物繊維だけでなく、ミネラルやタンパク質、不飽和脂肪酸なども大麦と比べて豊富に含み、極めて栄養バランスに優れています。

【えん麦のちから】の原料“えん麦ふすま”の栄養成分&効果

【えん麦のちから】の原料であるえん麦は、玄米など他の穀物と比べても食物繊維、タンパク質、カルシウムや鉄分などのミネラルが豊富で、えん麦ふすまは、それ以上に多く含んでいます。
他にも様々な栄養がバランスよく含まれていますが、ここでは代表的な成分をご紹介します。

βグルカン

βグルカンは、穀物、キノコ、酵母、海藻に多く含まれる食物繊維の一種。
ただ、その由来物質によって分子構造や生理活性は異なります。
えん麦由来のβグルカンは、高い吸水性を持った水溶性の食物繊維であり、食後の急な血糖値の上昇を抑える効果をはじめ、血中コレステロール値の低下、高血圧の抑制、便秘の解消、肥満の抑制などに優れた効果が期待できます。

複合食物繊維

食物繊維には、水に溶ける水溶性と、水に溶けにくい不溶性があり、2つを合わせて複合食物繊維と言います。
水溶性食物繊維は、胃腸内をゆっくり移動するため満腹感を得やすく、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えます。
不溶性食物繊維は、胃腸内の水分を吸収することで便のかたさを増やし、腸のぜん動運動を活発にすることで便通を促します。
それぞれ働きが異なるため、両方を同時に摂るのが理想。
えん麦の食物繊維は、両方をバランスよく含んだ複合食物繊維です。

不飽和脂肪酸

えん麦に含まれる油成分の8割以上は、健康に良い油として知られる不飽和脂肪酸です。
その中でも、コレステロール値を下げるリノール酸と中性脂肪値を下げるリノレン酸の2つの必須脂肪酸、悪玉コレステロールを減らすオレイン酸が9割を占めており、若々しく健やかな体づくりに役立ちます。

【えん麦のちから】の3つのおすすめポイント

ダイエットや健康維持に【えん麦のちから】をオススメするのは3つの理由があります。

ポイント①《糖質の吸収を穏やかにする》

ダイエット成功のカギは血糖値!血糖値の上昇スピードを表すGI値が低い食品を日常的に取り入れることが健康的に美しく痩せる秘訣です。
GI値は55以下で「低い」とされており、【えん麦のちから】のGI値は50。
食後の血糖値の上昇(糖質の吸収)が穏やかな低GI食品として認められています。
また、日本人の健常被験者21名を対象に行った【えん麦のちから】の摂取試験でも「食後血糖の上昇抑制効果」と「インスリンの上昇抑制効果」が確認されました。

ポイント②《腹持ちが良く、毎朝スッキリ》

えん麦の主成分であるβグルカンは、水に溶けると約8倍に膨らみます。
温度の高いお腹の中では、さらに膨張して長時間とどまるため、空腹感が避けられるようになり、食べ過ぎを防ぐことができます。
また、βグルカンの優れた粘性により、食べ過ぎてしまった余分な食べ物の消化・吸収も穏やかになります。
【えん麦のちから】には、このβグルカンがたっぷり1,000mgも含まれています。
さらに、βグルカンをはじめとする食物繊維の含有量は玄米の約9倍!2袋で、1日に必要な食物繊維の約3分の1を摂取できます。

ポイント③《継続しやすい》

【えん麦のちから】は、溶けやすく使いやすい粉末タイプで、忙しい朝でもササッと手軽に摂取できるのが特長です。
麦の香ばしさが感じられるクセのない味わいはどんな飲み物や食べ物とも非常に相性が良く、様々な料理にアレンジできます。
また、1袋たったの158円で、44kcalと低カロリーなのも魅力です。

100%天然由来!【えん麦のちから】の素材・製法へのこだわり

【えん麦のちから】は、自然の恵みを生かしながらそれを食べやすく、少量でもたくさんの健康成分が摂れるよう原料から製造方法まで徹底的にこだわっています。

素材へのこだわり

原料のえん麦は、産地や品種によって健康成分の含有量が異なります。
もともと成長力が旺盛で、水や肥料がなくても力強く育つ植物ですが、唯一、気候が適していることが条件となります。
より栄養豊富な最高のえん麦を育てるためには、冷涼で湿潤な気候が理想です。
【えん麦のちから】は、標高1000~2000mの高地の冷涼な環境で無農薬栽培された健康成分の含有量が多いえん麦のみを使用。
種まきから収穫までの全工程を最適な状態で管理し、高い品質を確保しています。
さらに、多くの加工工場の中から最も信頼できるメーカーと契約し、品質改善や品質管理に関する厳しい基準を独自に設けています。
また、えん麦は保存しにくい素材なのですが、厳選した包装材の採用や、一定の環境を保つ保湿保冷倉庫での保管などにより、素材の管理に万全を期しています。

製法へのこだわり

えん麦の主成分であるβグルカンの8~9割は厚い外皮(えん麦ふすま)に含まれています。
えん麦ふすまは、そのままの状態だと口当たりがザラザラとして苦い上に、肝心のβグルカンが硬い細胞壁に閉じ込められていて利用しにくいのが難点です。
そこで【えん麦のちから】は、硬い細胞壁だけを壊す製法を独自に編み出し、βグルカンを高濃度で抽出することに成功!これにより、なめらかな口当たりと麦の香ばしさが感じられる美味しい加工ふすまへと生まれ変わらせることにも成功しました。

毎日おいしく楽しく!【えん麦のちから】のおすすめレシピ

【えん麦のちから】は、えん麦ふすまを粉末化したパウダータイプなのでドリンクや料理に混ぜるだけで簡単・手軽に摂取でき、アレンジも自在です。

基本レシピ

①コップに【えん麦のちから】1袋を入れます。
②お好みの飲み物を1カップほど加え、スプーンでよくかき混ぜたら完成!※必ず粉を先に入れるのが、ダマにならないポイントです。
※それでもダマになってしまう場合は、市販のシェーカーを使うとなめらかに仕上がります。

相性の良い飲み物

・牛乳‥‥人気レシピ第2位!・豆乳・飲むヨーグルト・ほうじ茶

アレンジレシピ

・人気レシピ第1位!《スムージー》
オススメは、消化の良いバナナを使った「バナナとブルーベリーのスムージー」。
抗酸化作用に優れた黒ゴマと、代謝を促すハチミツを使った「黒ゴマ豆乳スムージー」なら、アンチエイジングに!寒い冬には、甘酒、生姜、ハチミツを加えたホットスムージーがオススメです。
・人気レシピ第3位!《スープ》
お味噌汁やコーンスープに混ぜれば、食物繊維が豊富な簡単おかずに早変わり!βグルカンの粘性による“とろみ”が付くことで減塩しても味が濃く感じやすく、冷めにくくなります。
たっぷりの野菜と煮込むミネストローネなら、さらに栄養価がアップします。
・その他相性抜群のバナナとハチミツを乗せた「ハニーバナナトースト」。
お好みの果物を混ぜるだけの「フルーツヨーグルト」。
玉ねぎの変わりにえん麦を使った「トマトリゾット」。
他にも、パンケーキ、スコーン、ゴマ味噌和え、煮浸しなど色んなジャンルの料理に加えてバリエーション豊かに楽しめます。

【えん麦のちから】愛用者の感想

【えん麦のちから】を取り入れている方々の感想をご紹介します。

36歳/男性

「毎朝、妻がスムージーにしてくれたものを美味しくいただいています。もともと低血糖ぎみで、甘い物を食べないとフラつきや冷や汗が出ていましたが、えん麦のちからを摂るようになってからは、美味しく健康管理ができています。」~補足~食後の急激な血糖値の上昇は、高血糖だけでなく低血糖の原因にもなります。
そのため、低血糖症の場合も低GI食品によって血糖値を安定させることが大切です。
えん麦に含まれるβグルカンは、健常者が摂取しても低血糖になる心配がないのでどなたでも安心してお召し上がりいただけます。

36歳/女性

「えん麦のちからを摂り始めてから、他は特に何もしていないのに体に嬉しい変化があり、その後もキープできています。また、以前は仕事と子育ての両立で忙しく、なかなか疲れが取れませんでしたが、疲れを翌日に持ち越すことがなくなったのも嬉しい変化です。」

49歳/男性

「月の3分の1は海外で生活しているほど出張が多い上に接待でお酒を飲む機会も多く、体を動かすのは犬の散歩くらいで完全に運動不足‥‥。このような生活習慣が祟り、健康診断ではいつもD判定でしたが、えん麦のちからを飲み始めて3ヶ月後の健康診断で数値に変化が!自分でも驚き、何よりとても嬉しかったです。」

63歳/男性

「今まではたくさん食べないと満腹感を得られなかったのが、少ない量でもお腹がイッパイになり、自然と食事の量を減らせるようになりました。満腹感があるので、炭水化物も無理なく減らせています。」

40代/女性(愛用歴:1ヶ月)

「腹持ちが良いので、ダイエット中にはもってこいですね!早速、便秘の改善に効果がありました。香ばしいきな粉のような味にも満足しています。」

30代/女性(愛用歴:1ヶ月)

「今まで便秘と下痢を繰り返し、色んなサプリを試してもあまり効果はありませんでした。えん麦のちからは飲み始めてまだ1ヶ月弱ですが、ほぼ毎日快腸で、お腹が痛くなることなくスッキリ感があります。」

20代/男性(愛用歴:1ヶ月)

「深刻な肌トラブルに悩んでおり、外出するのも嫌になるほどニキビが酷くなることもありましたが、飲み始めてから肌の調子が良くなりました。本当に感謝しています。」

40代/男性(愛用歴:1ヶ月)

「普通のドリンクとして飲んでも美味しいです。“飲みやすい”ではなく“美味しい”をもっとアピールしても良いと思います。」

30代/女性(愛用歴:3ヶ月)

「飲み始めて3ヶ月で、体脂肪が2%も下がりました!」

60代/女性(愛用歴:4ヶ月)

「おかげさまで、血糖値が少しずつ下がってきました。体調が悪い時などは飲めなくて残ってしまうことがあり、定期購入しているので余ったらどうしようかと思いましたが、管理栄養士のレシピがあって、とても助かっています。どれも手軽に作れて、とても美味しいです。」

40代/女性(愛用歴:6ヶ月)

「長年の頑固な便秘症が見事に改善!旅行などに出かけると必ず便秘になってお腹が張り、あまり楽しめませんでしたが、えん麦のちからのおかげで、いつでも楽しめるようになりました。」

【えん麦のちから】をお得に試せる!500円モニターキャンペーン詳細

【えん麦のちから】は、簡単・手軽に美味しく低GIダイエットができる機能性食品。
ですが、味の好みは人それぞれですし、効果の実感にも個人差があるので実際に試してみないと自分に合っているかは分かりません。
えん麦の持つ高い機能性をさらに高め、独自技術で濃縮した【えん麦のちから】は相性が合えば翌朝、遅くとも10日間以内には、その力を実感できます。
そこで株式会社えんばく生活は、10日間お得に試せる【えん麦のちから お試し10袋セット】を通常価格より45%オフの1,000円で販売しているのですが、ここで耳寄り情報!今なら先着1,000名様限定で、お試し価格1,000円よりさらに半額のワンコイン“500円(税込)&送料無料”で試せるモニターキャンペーン実施中です!
★【えん麦のちから お試し10袋セット】10日間の500円モニター体験
★次の条件すべてに当てはまる方のみ、お申し込みいただけます。
・30歳以上の方
・本気で健康を手に入れたい方・モニターセットが届いたら、その日から必ず使っていただける方
・モニター終了後、必ずアンケートに協力していただける方
・モニターで気に入ったら、【えん麦のちから】を継続していただける方
★商品詳細★・《内容量》‥‥お試しセット:10g×10袋/ゆっくり1ヶ月セット:10g×30袋/しっかり1ヶ月セット:10g×60袋
・《原材料名》‥‥えん麦ふすま末、フラクトオリゴ糖
・《栄養成分表示》‥‥1袋10gあたり:エネルギー 44kcal、タンパク質 1.8g、脂質 1.3g(不飽和脂肪酸 1.0g)、糖質 3.7g、カルシウム 25g、亜鉛 0.5g、鉄 1.4g、銅 0.05g、マグネシウム 43g、食物繊維 2.6g(βグルカン 1.1g)
・《摂取目安量》‥‥1日1~2袋を目安にお召し上がりください。
・《購入方法》‥‥お試し購入、通常購入、定期購入

スポンサーリンク

関連記事

酵素ダイエットの仕組みと方法の詳細

ダイエットの一番の強敵は、ダイエット後のリバウンドです。 しかし、中にはリバウンドをしないとい

記事を読む

春菊がダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

緑色が鮮やかな春菊は、その見た目の通り緑黄色野菜のひとつですが、食卓によく登場する食材ではないか

記事を読む

きゅうりがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

きゅうりを使ったダイエット法が話題となっています。 テレビなどでも紹介され、試してみたいという

記事を読む

無農薬こんにゃく米の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

こんな人にオススメ!ダイエット出来る無農薬こんにゃく米 中年層に多い悩みといえば「体に締まりが

記事を読む

非加熱野草酵素の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

非加熱野草酵素とは・・・・・ 突然ですが、いま流行中の酵素の弱点はご存知でしょうか?酵素ダイエ

記事を読む

モロヘイヤがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

モロヘイヤは「王様の野菜」と呼ばれるほど栄養価に優れた野菜です。 豊富な栄養素は健康や美容、ダ

記事を読む

セロリがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

セロリはダイエットに有効な成分を含んでいる野菜ですが、食卓にのぼる馴染み深い野菜としてのイメージ

記事を読む

バナナ酢ダイエットの作り方、飲み方、注意点

バナナ酢ダイエットとは、みのもんたさんや細木数子さんなどがTVでやせる効果を話して有名になったダ

記事を読む

酵母ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

次に来るダイエット、酵母ダイエット 今、酵母ダイエットが来てるって知ってますか?一時ダイエット

記事を読む

かぶがダイエットに有効なワケとは!簡単レシピと注意点

かぶには私たちの食卓に欠かせない、パンや白米などの炭水化物を代謝を促す成分が豊富に含まれています

記事を読む

ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る


PAGE TOP ↑