*

美肌の為のお金のかからない10のポイント

紫外線

「紫外線」美肌の為のお金のかからない10のポイント
紫外線(UV)はほとんどの皮膚がんの主要因といわれています。

主に太陽光から浴びる紫外線ですが、これは皮膚細胞の中のDNAを傷つけます。

ターニングマシンからの紫外線も過剰に浴びると、皮膚が発症リスクは大幅に増加します。

紫外線は3種類の波長があります。

まず一つ目は、UVAとよばれるもので、細胞を老化させたり、細胞の中のDNAを傷つけます。

しわなどの長期にわたる肌のダメージに関係しています。

また、皮膚がん発症の主たる原因にもなると考えられています。

次が、UVBで、直接DNAを傷つけることがあり、日焼けの原因はほとんどがこの波長です。

これもまた、皮膚がんの原因になることもあります。

他にもUVCという紫外線があり、これはオゾン層に遮られて、直接地表に達することはありません。

ただ、地球温暖化が原因でオゾン層の破壊が広がれば、地表に達し人類を含む生物に悪影響を起こす可能性が懸念されています。

UVAとUVBは太陽光にはわずかしか含まれていませんが、太陽が皮膚に及ぼす悪影響の主要原因です。

紫外線が皮膚細胞の成長を制御するDNAの遺伝子にダメージを与えると皮膚がんが始まります。

UVAもUVBと同じように皮膚にダメージを与え皮膚がんの原因になります。

現代の研究では安全な紫外線は存在しないということは、はっきりしています。

紫外線にどの程度皮膚を曝せるかという懸念は非常に難しい判断で、個人差も大きいので、できるだけ肌を赤外線に曝さないようにする心がけが大切です。

皮膚がんは赤外線を浴び過ぎた結果であることは間違いないでしょう。

日焼けをすると黒くなるのは短時間に大量の赤外線を浴びた結果ですが、皮膚が傷つけられた兆候でもあります。

長期的な露出は皮膚の老化を早め、しわやシミを作り、皮膚の弾力性を失わせたり、皮膚がんの兆候となる様々なダメージを肌に与えます。

自律神経

「自律神経」美肌の為のお金のかからない10のポイント
自律神経とは、自ら律する神経、つまり、人間の指令を待たず心臓を動かしたり発汗を促したり、自分で自動的に動く神経のことです。

つまり、体の中の機能のほとんど全てに自律神経が関係しているのです。

もちろん、自律神経の働きは止まっては困る機能ですので、活動中の交感神経と休憩中の副交感神経とがあって、必要に応じて自動的に途切れることなく動き続けます。

自律神経はホルモンの分泌や免疫の調整にも深く関係しています。

しかし、時として自律神経のバランスが乱れて、体に変調をきたしてしまうことがあり、これが自律神経失調症です。

自律神経失調症というのは正式な病名ではありません。

神経性の疾患というのは症状が多種多様で、それらが消えたり出たり、いくつかの症状が重なったりと、不安定で一定でないことも特徴の一つです。

神経性疾患の症状が出ているにも関わらず、検査や治験で原因が見つからない症状は、自律神経失調症と診断されます。

肌の乾燥や痒みは良くみられる症状です。

環境の急激な変化や、過度のストレス、生活リズムの乱れなどが原因となることがしばしば見られます。

特に、女性はホルモンの分泌が異常になることもあります。

疲れているから。。。と病院に行かず我慢し続けて、その間に病状が進行してしまうケースもあります。

病院によっては、こういった症状にあわせてカウンセリングを行っています。

自分で悩まず、カウンセリングや心理療法も積極的に利用しましょう。

運動不足

「運動不足」美肌の為のお金のかからない10のポイント
はつらつとした魅力的な肌を保つのに重要な要素は健康な体です。

いくら高い化粧品で肌をケアしていても、健康な体でなければ無駄になってしまいます。

内面からにじみ出る美しさは、高級な化粧品の効果をも越える美肌効果があるのです。

バランスの取れた食事や十分な睡眠、ストレスを溜めない生活を心がけ健康な体作りに努めましょう。

加えて重要なのが適度な運動です。

人間は適度に体を動かさないと、代謝機能がどんどん衰えてしまいます。

代謝が上手くいかなくなると、血行がが悪くなり、体のさまざまな箇所に弊害が出始めます。

もちろん、コラーゲンなど美肌に必要な要素の生成も滞り、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが上手くいかなくなります。

その為、乾燥やくすみ等のトラブルが解消しないまま放置されてしまうのです。

代謝機能の促進や美肌の為におススメの運動は、急激に汗をかく激しい動きが多い『無酸素運動』よりも、じんわりとした燃焼が続く『無酸素運動』であるといわれています。

手軽に始めることが出来るウォーキングやヨガが人気があるようです。

忙しくてなかなか時間が取れないという方は、お風呂上りにストレッチをするだけでも効果的です。

他にも、少し早足で歩くように心がける、時間があるときは一駅歩いてみる等、日常生活におけるちょっとした心がけでも、継続することにより効果が期待できます。

基礎代謝量が上がるとダイエット効果も期待できるのが嬉しいですね。

休みの日には少し遠出して長く歩いたりしても良いでしょう。

自分に合った運動で楽しく長く継続することが大切です。

睡眠

「睡眠」美肌の為のお金のかからない10のポイント
良い睡眠は最高の美肌トリーメントといわれます。忙しい毎日の中で十分に睡眠時間が取れていないという方も多いようです。

特に夜22時~2時の間は美肌を保つのに必要な細胞が活発に働きますので、遅くとも0時を過ぎたら眠るようにしたいものです。

出来れば毎日7時間(9時間取れると最高です)の睡眠を目指してください。

十分な睡眠は顔も、髪も、そしてあらゆる体の部分が輝きを取り戻してくれる、強力な自然の美肌 トリーメントなのです。

眠っている間に美肌を保つのに不可欠なコラーゲンやホルモンの生成が進んでいきます。

それと同時に、睡眠には疲れを取るという重要な役割があります。

疲れが溜まってくると代謝機能が低下してしまい、肌のターンオーバーどころか血流の流れまで悪くなっていきます。

体に必要な酸素も上手く運ばれなくなり、高血圧や低体温等さまざまな弊害が発生してしまうのです。

もちろん血行が悪いと目の下のくまが取れなかったり、くすみが解消しないなど見た目も悪くなっていき、老化が進行します。

いくら高い化粧品を使っても、エステに通っても、十分に睡眠時間が取れない生活が続くと美しい肌からは遠のいてしまいます。

短い睡眠時間に慣れてしまってなかなか上手く眠れないという場合には、リラックス効果のあるアロマを焚いてみたりして、”眠る”のが楽しくなるようなグッズを利用するのもおススメです。

良質な睡眠は目覚めも爽やかです、活力がある素敵な1日を送るためにも毎日ぐっすり眠るようにしましょう。

喫煙

「喫煙」美肌の為のお金のかからない10のポイント
煙草が初めてヨーロッパに紹介されたのは、コロンブスが新大陸を発見した時だといわれています。

煙草文化はたちまちヨーロッパ全土を越えて、アジア、アフリカにも広がり、疲れを癒し、傷みや飢え和らげてくる素晴らしい万能薬として流行していきました。

それから、約600年経て、今や煙草は薬どころか”悪魔の嗜好品”と揶揄されるほど嫌われています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)で毎年世界中で100万人近い人の命を奪っているという統計も、煙草が人間の敵である象徴的な事実です。

もちろん、煙草は、肌にとっても悪いものでしかありません。

本来ならば適度に潤っているはずの肌が、カサカサに乾燥したり、ざらざらな荒れ肌になってしまう原因でもあります。

喫煙することで体内には有害物質が送り込まれていることになります。

煙草は体内のビタミンを壊し、女性ホルモンのエストロゲンを減少させます。

これにより、更年期障害の発生を早めてしまうという報告もあります。

喫煙は体内の代謝機能を低下させてしまう為、血行不良や低体温等さまざまな弊害を招きます。

肌に特化して考えると、いわゆる”スモーカーズ・フェイス”の原因となるのです。

しみやしわ、顔全体のたるみも、老化という一言では片付けられない程進行してしまうのです。

喫煙を止めないまま高級化粧品を使用し続ける程ナンセンスなことはありません。

3ヶ月止めたら1回エステに行く!など具体的な”美肌目標”を掲げると、辛い禁煙も楽しみながら乗り越えられるのではないでしょうか。

食べ物

「食べ物」美肌の為のお金のかからない10のポイント
健康的で美しい肌を保つために『食べ物』はとても重要な役割を果たしています。

ビタミンなど美肌効果のある栄養素をサプリメントで接種する方法もありますが、やはり毎日の食生活の充実は美肌を保つ最低限の要素なのです。

肌の劣化の大きな原因となるのが『乾燥』だといわれています。

乾燥に対抗するためにも、水分と油分が適度に保たれた肌作りに努めましょう。

美肌に効果がある栄養素はビタミンA、C、B2、E、そしてβカロチンがよく知られています。

これらの栄養素を多く含むのは野菜で、野菜はビタミンだけでなく、マルチミネラルも多く含みます。

ビタミンは複数の種類を一緒に摂取することで体の中で効率良く働きますので、なるべく多くの種類を摂取したほうが良いとされています。

美白や老化対策に効果的な栄養素は、ビタミンCとE、βカロテン、赤ワインにも含まれるポリフェノール、カテキン、 葉酸があげられます。

活性酸素を取り除き、美白作用や抗酸化作用がありますので、積極的に摂取するよう努めたいものです。

ニキビや吹き出物対策に効果がある栄養素は、ビタミンA、C、E、B2、B6、ビオチンです。

これらも野菜や果物に多く含まれる栄養素です。

最近注目されている美肌習慣は『生ジュース』ですよね。

忙しい朝でも手軽にできて新鮮な食材からバランス良く摂取出来ておススメです。

美肌におススメの組み合わせとしては、緑茶と豆乳をベースにブロッコリー、ホウレン草、モロヘイヤ等の緑黄色野菜をミックスで、はちみつを加えたりすると飲みやすくなります。

毎日の美肌習慣にぜひいかがでしょうか。

過剰な刺激

「過剰な刺激」美肌の為のお金のかからない10のポイント
肌への過剰な刺激といえば紫外線がありますが、物理的な過剰な刺激に洗顔法があります。

悪いと分かっていてもついやってしまうのが、顔を力を込めて洗ってしまう”ごしごし洗い”です。

特に夏の暑い日に顔の皮脂が気になるときにやってしまいがちですが、これは本当に肌を傷つけてしまうのです。

肌というものは私たちが考える以上に繊細で、しかも取り換えのできない、大切なものです。

毎日の洗顔時には過剰な刺激を与えないことが大事です。

ごしごし擦って洗い続けますと、たるみやしわの多い肌になってしまいます。

いつまでも綺麗で瑞々しい肌を保つためおススメな洗顔方法の一つが、泡洗顔です。

泡洗顔用石鹸は多種多少のものが販売されています。

手で泡立てるだけでフワフワになるものもありますし、泡立てネットを使うのも効果的です。

紫外線も長時間、あるいは大量に浴びると肌が強い刺激を受けます。

現在ではしみやしわの原因などよりも、紫外線アレルギー、皮膚がん、白内障などの発症率が増えることが問題視されています。

UVケアの際には、美白目的だけではなく、肌そのものの健康管理も意識しましょう。

強い日差しの下で外出する場合は、サンスクリーンを露出部分に塗るのが基本ですね。

サンスクリーンにも色々な種類がありますが、紫外線吸収型のクリームよりも、紫外線拡散型のクリームのほうが肌への負担が少ないと言われています。

使用の際には、自分の肌質を良く知り、肌に合ったものを選びましょう。

加齢

「加齢」美肌の為のお金のかからない10のポイント
いつまでも若く美しくありたいということは女性の永遠の望みです。

その為、毎日肌の手入れをし、ビタミンを摂取したりと努力を続けています。

しかし、どうしても戦わなければならない最大の敵『老化』の影響は避けられません。

加齢は生命として誕生した「卵子が精子と出会った瞬間」から途切れることなく続く時の流れに沿った自然現象です。

老化は肉体の成長がピークに達する20代前半、あるいは20代後半から始まる、戻れない形状的・細胞学的・病的な衰退化現象です。

加齢は万人の上に同じ速度で経過します。

老化は個人差が大きく、環境、遺伝、あるいは対処の仕方によってはスピードを著しく遅らせることができます。

肌の老化防止には、十分なビタミンと良質のタンパク質など代謝機能を促進する栄養素を摂取することが効果的です。

色彩豊かなメニューを心がける、毎朝牛乳を飲むといったようなちょっとした工夫でも効果的です。

また、旬の食材を食べるということも効果的だといわれています。

その季節にいちばんよく育って大量に収穫されるものですから、美味しくて安いのです。

季節や旬を知らなくても、それぞれの時期で一番安いものを買えばほぼ間違いなく旬のものです。

四季折々の旬を楽しみ、明るい生活を送るということは精神的にも若さを保つ効果的なことです。

どんなに抵抗しても、人間は毎年歳をとっていくものであり、その年齢相応の美しさがあります。

楽しく歳を重ねていくことが美しさの一番の秘訣なのですね。

自律神経

「自律神経」美肌の為のお金のかからない10のポイント
自律神経とは、自ら律する神経、つまり、人間の指令を待たず心臓を動かしたり発汗を促したり、自分で自動的に動く神経のことです。

つまり、体の中の機能のほとんど全てに自律神経が関係しているのです。

もちろん、自律神経の働きは止まっては困る機能ですので、活動中の交感神経と休憩中の副交感神経とがあって、必要に応じて自動的に途切れることなく動き続けます。

自律神経はホルモンの分泌や免疫の調整にも深く関係しています。

しかし、時として自律神経のバランスが乱れて、体に変調をきたしてしまうことがあり、これが自律神経失調症です。

自律神経失調症というのは正式な病名ではありません。

神経性の疾患というのは症状が多種多様で、それらが消えたり出たり、いくつかの症状が重なったりと、不安定で一定でないことも特徴の一つです。

神経性疾患の症状が出ているにも関わらず、検査や治験で原因が見つからない症状は、自律神経失調症と診断されます。

肌の乾燥や痒みは良くみられる症状です。

環境の急激な変化や、過度のストレス、生活リズムの乱れなどが原因となることがしばしば見られます。

特に、女性はホルモンの分泌が異常になることもあります。

疲れているから。。。と病院に行かず我慢し続けて、その間に病状が進行してしまうケースもあります。

病院によっては、こういった症状にあわせてカウンセリングを行っています。

自分で悩まず、カウンセリングや心理療法も積極的に利用しましょう。

内臓疾患

「内臓疾患」美肌の為のお金のかからない10のポイント
乾燥や紫外線の影響等、外的要因で肌が荒れることはよくありますよね。

その場合は、自分でも原因が分かっているので、保湿に努めたり対処が可能です。

しかし、肌荒れの原因は体の中にも存在するのです。

特に外的要因がないにも関わらず、肌が荒れや乾燥、痒みやむくみが続くようでしたら、内臓の不調や弱りを考えてみることも必要です。。

内臓は外からは見えませんが、調子が悪くなったり、弱ってくるとそれを知らせるサインを外に出します。

それが、肌荒れやむくみ、目の下のくま等の症状です。

特に、肌に大きく影響するのは肝臓です。

脂肪肝や肝硬変、癌などが進行していても、肝臓はほとんど自覚症状を感じさせず、体内でそっと症状が悪化するので、沈黙の臓器と呼ばれることもあります。

その肝臓が出すわずかなサインが肌荒れです。

しかし、内臓疾患と肌荒れの関係があまり知られていないために、見過ごされることが多いようです。

原因が思い当たらないような肌荒れや痒みが感じられるときは、内臓疾患を疑って、
内科医の親善を受けることをお勧めします。

内臓疾患に比べて睡眠不足は肌荒れの原因として良く知られていますが、睡眠不足の原因がストレスというような複雑な構造がある場合は、やはり、医師の診断を受けることをお勧めします。

人間の肌というのは私達が思っている以上に繊細なものです。

肌の変化期でもある30代~40代を過ぎたら、日頃からちょっとした変化も見逃さないように、注意しましょう。

ストレス

「ストレス」美肌の為のお金のかからない10のポイント
私たちはストレスが体に悪いということは常々耳にしますが、美容にも多大の悪影響を及ぼすことをご存じでしょうか。

仕事や対人関係のストレスはもちろん、ちょっと体重が増えたかも?シワが増えた?という外見のちょっとした変化でさえ、時にはストレスになってしまうこともあります。

現在に生きる私達は、ストレスに囲まれて暮らしており、それを感じないで過ごすことは不可能です。

ストレスは精神的あるいは肉体的に外部から受ける刺激に、体の機能が反応することで、
ホメオスタシス(生体恒常性)と言われます。

ダイエットで体重が減ると、緊急事態と思い、体重を減らすまいと体が反応してしまいます。

いわゆる停滞期とかリバウンドという状態ですが、こんな時には、焦ってストイックにならず体が順応してくれるのを待つのが一番です。

ストレスも体の反応の一部であると余裕を持って対処したいものです。

現代生活はストレスに満ち溢れています。

ストレスが原因となる病気は100以上になるといわれています。

中でも、胃潰瘍、気管支喘息、片頭痛、円形脱毛症などは多くみられる症状です。

肌荒れや乾燥肌、アトピー性皮膚炎の原因にもなります。

時にはリラックスする時間を設けたり、自分なりの対処法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう。

ストレスが起きたり、感じたりしたら、真っすぐストレスに向きあい、争わず、うまく付き合っていくことを考えましょう。

対処法はいくつもありますから、一度や二度の失敗では諦めず、試してみましょう。

失敗した時や考えているとこは暗くならず、明るくふるまうことを心がけることも大切です。

これは人間関係のストレス解消には大いに役立ちます。

明るい謝罪や反省は相手の感情を和らげる作用もあります。

女性ホルモン

「女性ホルモン」美肌の為のお金のかからない10のポイント
女性ホルモンと考えられているホルモンの中で、女性の体内で作られるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ジェスターゲン)の二つがあります。

エストルゲンは副腎、脂肪組織と卵巣で作られます。

エストロゲンには、女性にだけ起きる月経や妊娠を促進する働きがあります。

皮膚を滑らかに輝かせ、頭髪を豊かに、張りのある乳房を維持するなど女性らしい体をつくりだします。

その他にも、血管や骨を強化、脳や自律神経の作用を活発にして、健康維持機能も持っています。

エストロゲンは抗酸化作用も持っていて、活性酸素の発生を抑制しますから、癌を予防したり、抗動脈硬化作用もします。

さらに、人体が生命を維持するのに必要な様々な作用に役立つ重要なホルモンです。

エストロゲンが女性の一生に分泌する量はスプーン一杯程しかないそうです。

研究室で合成されるエストロゲンは、経口避妊薬や閉経後女性の補充療法、トランスジェンダー女性のホルモン補充などに利用されています。

黄体ホルモンの作用で最もよく知られているのは、子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に保つ働きです。

着床(妊娠)後は、排卵の抑制、子宮肥大・子宮収縮の抑制など、健康な妊娠の維持に深く関与します。

さらに、黄体ホルモンは体温を高くしたり、体の水分の保持を良くしたり、食欲を増進させる作用もあります。

人工的に合成が可能で、避妊薬の一つとして、さらに月経不調、不妊症、更年期障害などの症状改善薬として使われることもあります。

スポンサーリンク

関連記事

美肌対策の効果的なサプリメントについて

美肌対策の効果的なサプリメント

こちらでは、美肌対策の効果的なサプリメントをご紹介してます。 サプリメントの効果・効能を知

記事を読む

スキンケアの裏技「ベビーパウダー」

美肌をめざしているのであれば、スキンケアの中に「ベビーパウダー」を取り入れるようにしましょう。

記事を読む

自然治癒力を高めて薄化粧美人

肌の質がよいと人は三割増し美しく見えるといいます。 これは男性でも女性にでも言える事です。

記事を読む

お肌のトラブルは洗顔から

お肌のトラブルは洗顔から!洗顔があなたのお肌を変える!

40代になり、シミ、しわ、たるみ、数えればきりの無いお肌の悩みを感じ始めました。 老化を感

記事を読む

正しいスキンケアを行い美肌を作ろう

美しい肌を保つ為にも必要なのがスキンケアです。 毎日行う事だからこそ、正しいケアをしていく事が

記事を読む

脂性肌の肌荒れ対策 | 原因と改善方法

肌は、大きく分けると『普通肌』、『乾燥肌』、『脂性肌(オイリー肌)』、『混合肌』の4つに分類され

記事を読む

夏本番!肌ケアもこれからが本番

夏本番!肌ケアもこれからが本番!徹底的に紫外線を避けること!

40代女性 肌状態:乾燥気味 4月になって随分と暖かくなってきた。 暖かくなってくる

記事を読む

美しい肌とは

美肌は「うるおい」「ハリ」「キメ」「弾力」「色」で決まる!

美しい肌とは 皮膚を良く見ると表面に網目状の模様が見えると思います。 溝の部分を皮溝(ひ

記事を読む

若返りも夢じゃない!「美肌菌」スキンケアがもたらす嬉しい効果

肌美人はすでに実践?そもそも「美肌菌」スキンケアってナニ? 「美肌菌」って知っていますか?

記事を読む

美肌のためのスキンケア方法について

美肌とは、透明感のあるしっとりとした肌の事です。 逆に言えば、乾燥によるパサつきや、シワやくす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ハチミツの美容効果、ダイエット効果がすごい!

ハチミツといえば、美容のイメージ高いけど、「一体どうやって使うの?

プールダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

プールダイエットしてみる 今までダイエットのダの字も必要なかった

カラオケダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

どうせ痩せるなら楽しく、カラオケダイエット ダイエットしようと思って

白湯ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

・痩せ体質になる! ・基礎代謝アップで無理しなくても痩せる!

酢ダイエットの方法は?効果的なやり方や注意点

酢がダイエットとは?夫婦で酢ダイエット 「ダイエットしなくちゃ・

→もっと見る


PAGE TOP ↑